多くのオンラインソースは Adobe Experience Cloud 製品を参照して、以前の名前で表示されます。この文章では、現在のブランドをめぐって人気がある Omniture 製品の一部について紹介します。

  • Omniture は現在の Adobe:Adobe は 2009 年10 月に Omniture を買収しました。アドビは買収後に「Omniture」という用語を引き続き使用していましたが、現在は廃止されていました。「Omniture」という用語がまだ使用されている唯一の1つ場所は、my.omniture.com である Adobe Analytics にアクセスするためのドメインです。Omniture という名前の製品について言及する場合は、特定のソリューション、機能、または全体の Adobe Experience Cloud を参照してください。
  • Omniture スイート、オンラインマーケティングスイート、デジタルマーケティングスイートは、現在の Adobe Experience Cloud:以前のブランドスイートの製品は、ソリューションに集約されていました。Adobe Experience Cloud のソリューションと言うのは:Analytics、Target、Experience Manager、Media Manager、Social、Campaign各ソリューションには、以前は個々の製品として分類されたいくつかの機能があります。
  • Adobe Analytics ソリューション:Adobe Analytics は、以前のいくつかの Omniture 製品の組み合わせです。各対応する機能をサポートするように名前が変更されました。
    • SiteCatalyst は現在の Reports & Analytics
    • Discover は現在の Ad Hoc Analysis です
    • Insight は現在の Data Workbench です
    • Genesis は現在の Data Connectors です
    • DataWarehouse は現在の Data Warehouse です
    • ReportBuilder は現在 Report Builder です
    • SAINT は現在の分類です
    • Adobe Analytics の全機能リストはこちらで見つかります。
通常に、このソリューションは製品を参照するときに使用されます。例えば、「当社の組織は現在 Adobe Analytics を使用しています」。特定の機能を参照する場合は、センテンスまたは会話のコンテキストにまだ存在しない時、そのソリューションを含めます。例えば、「Adobe Analytics の Ad Hoc Analysis 機能を使用しているのが楽しんでいます」。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー