基本的な FPSSL 実行フローと必要な手順

手順

SKMS を通して第一パーティクッキーを設定する手順を以下に示す。

サイト:www.example.com

安全なホスト名:https ページトラッキングの smetrics.example.com
非安全なホスト名:http ページトラッキングの metrics.example.commetrics。

これらのホスト名のために第一パーティ設定が作成される。これらのホスト名は、後で実行に使用される。

s.trackingServer="metrics.example.com";
s.trackingServerSecure="smetrics.example.com";

  • アドビカスタマーケアチームは、FPC リクエストフォームに基づいて第一クッキーパーティの設定を作成すると要求する。第一パーティの設定が作成された後、Cname の詳細は共有される。この詳細は、お客様の IT を通して DNS サーバーに設定される。

注意:

SSL 証明書がアップロードされたこそ、安全なホスト名または Cname はアクティブでき、それらに指すトラフィックもなくなる。

  • 問題および SSL 証明書のインストールに使用可能なオプション

a) Adobe Manage Certificate(AMC)プログラム

AMC プログラムはアドビによって推薦され、この新しいプログラムは、第一パーティクッキーを実行する際にお客様が経験している多くの仕事と困惑を解消することに目指す。  このプログラムに登録した後、アドビは証明書を購買&発行して安全なサーバーにインストールする。AMC プログラムまたは SSL 証明書に関連するコストは追加されない。

前提条件:このプログラムに登録する前に Cname が最初に設定された
ヘルプリンク:
https://marketing.adobe.com/resources/help/en_US/whitepapers/first_party_cookies/adobe_managed_cert_pgm.html

b) レガシーインストールオプション

ポスト設定が作成された。  カスタマーケアは、CSR フォームをお客様と共有して、CA を通して SSL 証明書を購入し、アドビと共有することが要求される。

前提条件:証明書は RDC の11サーバーのライセンスおよび RDC 以外の設定の2つのサーバーライセンスをサポートしている。リナックスプラットフォームの Apache / Tomcat サーバー用の証明書が生成される。
ヘルプリンク:
https://marketing.adobe.com/resources/help/en_US/whitepapers/first_party_cookies/fpcookies_cert.html

注意:

SSL メンテナンス&インストレーションは木曜日リリースだけに発生し、5pm MST 以降から開始する。必要な証明書はアップロードデッドラインである現在の週の火曜 3pm MST 前にメンテナンスキューへアップロードされた。
証明書が有効でサーバーにインストールされると、カスタマーケアチームは FPSSL の実行の詳細を共有しなければならない。FPSSL を設定するこの処理は利用可能なメンテナンスに基づいて2週間かかる場合がある。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー