2013 年 5 月に、アドビは H コードに代わる新しい AppMeasurement というデータ収集ライブラリをリリースしました。この新しい AppMeasurement ライブラリには、クエリ文字列パラメーターを収集するネイティブサポートが含まれていますが、H コードでは追加のプラグインコードが必要です。

Util.getQueryParam(AppMeasurement ライブラリに含まれている)を導入すると、s.getQueryParam(H コードプラグイン)にいくつかの重要な違いがあります。

  • Util.getQueryParam では大文字と小文字が区別されますが、s.getQueryParam では区別されません。Util.getQueryParam が「cid」を抽出するように設定されている場合、URL に含まれるクエリ文字列パラメーター「CID」は無視されます。
  • Util.getQueryParam では、複数のクエリ文字列を検索できません。s.getQueryParam 関数は、最初の引数としてカンマ区切りの文字列を取ることができます。
  • プラグイン間で受け入れられるパラメーターはわずかに異なります。
    • s.Util.getQueryParam(key, location, separator)
      • key(必須): クエリ文字列の名前。s.getQueryParam と同じです。
      • location(オプション): URL が page.URL(document.referrer で使用する場合)と異なる場所にある場合に使用します。s.getQueryParam では、location は 3 番目のパラメーターです。
      • separator(オプション): 質問内の URL でクエリ文字列を区切るのに「&」以外を使用している場合は、代替区切り文字を使用できます。この機能は Util.getQueryParam に固有です。
    • s.getQueryParam(key, delimiter, location)
      • key(必須): クエリ文字列の名前。複数の値を 1 つのカンマ区切りの文字列として受け入れることもできます。
      • delimiter(オプション): 複数のキーが見つかった場合、この値を区切り文字として複数の値が結合されます。
      • location(オプション): Util.getQueryParam と同じ機能です。

その他のリソース