SAINT 分類レポートと見ている時キー値をブーレキダウンしてそれの精度を検証できます。その時は、キー値に関連している多重の分類を見ることができます。キー値は一つの分類以外には属しませんが、レポートにはこのオブザベーションが想定できます。

キー値の内訳で多重分類を見たい場合は、次の両方が行われます:

  • 質問内の分類変数は、conversion 変数(eVar、キャンペーン、商品など)であります。
  • レポート内の指標は、conversion (売上高、数量、カスタムイベントなど) に基づいています。

内訳レポートで conversion 指標を持つ conversion 変数を見ているので、線形配分が使用されます。線形配分では、訪問で見られたすべての値を配分します。分類レポートで売上高を見ることで、訪問で見られたすべてのくレジットが分割されます。この anomaly は、多重の分類が 1 つのキー値に属する意味を表しています。

このプロパティでは、変換レポートがどのように機能するかがわかるので、アドビが変数値の分類を検証する時 non-conversion 指標の見ることをお勧めします。インスタンスは持続しない non-conversion の指標であり、キー値が属する分類を正確に表示することができます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー