ClickMap のオーバーレイ表示が正常に完了したことに関係するいくつかの要素があります。

低データまたは少なくレポートされたデータが表示される場合は、部分的な ClickMap データのセクションを参照してください。ClickMap オーバーレイにデータが表示されない場合は、次の手順に従います:

  1. 実装されたコードを含むサイトに移動します。
  2. そのページで任意のリンクをクリックします。
  3. 次のページで、Adobe Debugger を開きます。
    1. ページ ID(ClickMap)オブジェクト ID(ClickMap)が画像リクエストで定義されている場合、ClickMap データは画像リクエストに含まれているが、レポートに表示されないのセクションを参照してください。
    2. 上記のパラメーターが画像リクエストで定義されていない場合は、画像リクエストに ClickMap パラメーターがないのセクションを参照してください。
    3. 画像リクエストがない場合は、実装の問題をトラブルシューティングして、根本的な原因を判断します。インラインフレームを使用してサイトから SiteCatalyst にデータを送信する場合は、パケット監視を使用します;デバッガはフレーム内の画像リクエストを認識しません。

画像リクエストには ClickMap データが含まれているが、レポートには見つからない

ClickMap がデータを表示しない理由を以下に示します。デバッガーには情報が表示されます。

  • システム要件を満たさずにオーバーレイを使用する:ブラウザーおよびオペレーティングシステムが、ClickMap のインストールで説明されているシステム要件を満たしていることを確認してください.
  • 不正確なレポートスイートの選択:ClickMap オーバーレイのレポートスイートセレクターは、頻繁に閲覧されたサイトのレポートスイートと一致する必要があります。multisuite タグ付けを使用する場合は、任意のレポートスイートを使用できます。
    注意:複数のトラッキングインスタンス(初期設定では、トラッキングインスタンスは s に設定されている)を使用している場合、ClickMap は最初のインスタンスのみを認識します。
  • ClickMap がアクティブなページ上に画像リクエストを見つけることができない:ClickMap はページ上に発生する画像リクエストデータを参照します。ページに画像リクエストがない場合、オーバーレイは表示されません。
  • CSS Z-Index インデックスが大きすぎる:ClickMap は、z-index 2000 を使用しています。お客様のサイトのコンポーネントが2000より大きな z-index を使用している場合、ClickMap オーバーレイ上にサイトが表示されます。
  • 画像リクエストが正しい場所に送信されていない:画像リクエストが正しいデータセンターにデータを送信していることを確認してください。また、正しいトラッキングサーバーが使用されていることを確保してください。この情報がわからない場合は、御組織のサポート対象であるユーザを通じてクライアントにお問い合わせください。

イメージリクエストに ClickMap データがありません

実装が ClickMap データを収集しない理由は下記通りです。

  • s.trackInlineStats 変数が定義されていないか、または False に設定され亭ません。s.trackInlineStats は ClickMap データが記録されているかどうかを決めますこの変数の設定が真実であることを確保する。
  • コア javascript ファイルは、<head> タグ:内に参照され、ClickMap が s_code.js ファイルと <body> タグに多少関連性がある。コア javascript ファイルは <head> タグ内で参照されている場合は、代わりに <body> タグのトップに移動する。
  • getQueryParam プラグインの期限切れ:このプラグインの旧いバージョンは ClickMap と互換性がない。お客様のサイトにインストールされている getQueryParam プラグインがある場合は、最新バージョンが実行されていることを確認してください。
  • s.cookieDomainPeriods 変数が正しく設定していない:ドメインに2つのピリオド(例えば: www.mysite.com) が含まれる場合、この変数は不要になる。ドメインに3つ以上のピリオドが(例えば www.mysite.co.uk または staging.store.mysite.com) ある場合、s.cookieDomainPeriods を設定する必要がある。

一部の ClickMap データ

一部または制限されたデータはより一般的であり、且つ実装によって予想される。ブラウザーの種類に応じて広範な相違点があるので、リンクをクリックするレコードは保証されない。予想よりも多くのクリック数が異常に低下することを確認した場合は、次の点に注意してください。

  • 相対リンク:相対リンクは、レポートの絶対 URL に自動的に変換されます。例:
    • 相対リンク - <a href="/content/page.html">リンク</a>
    • 絶対リンク - <a href="http://mysite.com/content/page.html">リンク</a>
    • 絶対リンク変換は訪問者の URL によって異なります。相対リンクは WWW サブドメインを含めるまたは除くことにより、別のページとして分類することができます。「WWW」サブドメインを含むページで ClickMap オーバーレイを表示すると、「WWW」サブドメインを除いて URL と異なるデータが表示されます。絶対リンクを使用するか、s_objectID 変数を定義すると、この不一致が軽減されます。
  • ページ名の変更:ClickMap が ClickMap ページを識別するために s.pageName 変数を使用します。s.pageName が異なる値になるページに実行が変更された場合、ClickMap は履歴データを表示しない。このポイントにはページ名を変更する VISTA ルールと処理ルールが含まれている。つまり、イメージリクエストが送信されると、ページ名は変更できない。
  • 訪問者の間の異なる URLs:s.pageName 変数が定義されていない場合、代わりにページ URL が使用される。ブラウザーによって URL レポートが異なる (たとえば、http://www.mysite.com と http://mysite.com は ClickMap の独立値である)。訪問者が「WWW」サブドメインを含めたり除外したりすると、異なる ClickMap データが記録される。これを回避するには、s.pageName または s_objectID を使用することを強く勧める。
  • 動的コンテンツ:非常に動的なコンテンツを持つページは、ページ上でリンクを移動することができる。ClickMap がリンクの場所を見つけることができない場合、オーバーレイはその項目をレンダリングしない。各リンクに s_objectID 変数を実装すると、ClickMap が自身を簡単にトレースバックできるように安定な場所が提供される。
  • 自動で非表示になるメニュー:動的コンテンツと同様に、特定のリンクが非表示になっている場合、オーバーレイはそのメニューが表示される場所に ClickMap データを表示しようとします。この機能は、訪問者がクリックしたページの一部を示そうとしています。
  • リンク先ページでの実装が見つかりません:ClickMap は、サイト内リンクの後続ページにある画像リクエストに依存しています。クリックされた外部リンクは、SiteCatalyst にデータを送信するために Exit Link Tracking に依存します。あるリンクが内部リンクであるとみなされ、次のページで画像リクエストが発生しない場合、ClickMap データは収集されません。
  • 「戻る」/「進む」/「更新」ボタン:これらのブラウザ機能はクリックを発生させないので、ClickMap レポートには表示されません。ただし、イメージリクエストが発生するため、このデータは引き続きパスレポートを追加します
  • Flash: s_objectID が実装されていれば、ClickMap は Flash オブジェクト内のクリックをレポートします。Flash 内のカスタムリンクトラッキングがサポートされています。
  • サイトのオーバーホール:もし最近、あなたのサイトのレイアウトが大幅に変更されたなら、多くのリンク場所が ClickMap によって認識されなくなります。s_objectID 変数を実装すると、ClickMap が変更された場所にかかわらず、リンクを簡単に見つけることができる。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー