ページ URL は、ページ名が正確でないか、十分に記述されていないかページ上の様々な洞察を判断するための強力な変数である。データフィードと Data Warehouse ではデフォルトで使用できるが、現在は Adobe Analytics レポート内のディメンションとして使用できない。ただし、小規模な実行変更を行うことができる。ほとんどの実行変更と同様に、これらの推奨事項は前へ移動するのみに適用でき、逆に動くことに適用しない。

注意:

実行を変更すると、不適切な設定の場合にデータ損失が発生する可能性がある(既存の変数値を上書きするなど)。実行の変更を助力したい場合は、コンサルティングエンゲージメントが手配できるアカウントマネージャにお問い合わせください。

ページ URL を記入するコード

必要なものに応じて、次のいずれかが使用できる:

// Using JavaScript
[location.host, location.pathname].join('');
// Using DTM
%window.location.host%%window.location.pathname%

アドビは、このメソッドを使用することを非常に勧める。プロトコルやクエリ文字列が含まれていないので、独特な URL の数が大幅に減少する。HTTP および HTTPS 経由で配信されるコンテンツは、同じ行項目と見なされる。

D=g

D = g メソッドは動的変数を使用する。クエリ文字列「g」は、イメージリクエストにページ URL をキャプチャする。  データ収集サーバは「D =」を入力してその値をコピーし、指定した変数に割り当てる。イメージリクエストの値の状態が「D-g」の場合、実際に記録される値は完全な URL である。

動的変数割り当ての使用には、クエリー文字列とプロトコルが含まれる。HTTP および HTTPS 経由で配信される類似の URL は、異なるクエリー文字列と同じ URL と見なされる。完全な URL を使用すると、簡単に低いトラフィック値を起こし、且つカスタム変数のバイト制限を超えることができる。

window.location.href

動的変数のメソッドと同じであるが、イメージリクエスト文字の長さをさらに長くするので、window.location.href の使用を勧めない。

メソッド 1:DTM を通した実行

DTM を使用する実装では、次の手順に従う:

  1. dtm.adobe.com にログインして、目的のウェブプロパティをクリックする。
  2. Analytics ツールの横にあるアイコンをクリックする。
  3. グローバル変数の下で、未使用の prop を見つけて、%window.location.host%%window.location.pathname%へ設定する。
  4. 変更の保存とデプロイ。

メソッド2: s_code を使用した実装

貴社が DTM を使用していない場合、コア JavaScript ファイル内に変数値を割り当てることができる。

  1. s_code.js ファイルを開く。
  2. doPlugins()機能内に、目的の prop と XX を置き換えるには、このコードが含まれている行を追加する:
    s.propXX=[location.host, location.pathname].join('');
  3. ファイルを保存し、サイトにアップロードする。

メソッド 3 : 処理ルールの使用

処理ルールを使用する権限がある場合は、それらを使用して、ページ URL で自動的に変数が記入できる。ただし、このメソッドでは、クエリー文字列やプロトコルを削除することはできない。

  1. Adobe Analytics にログインして、「アドミン>レポートスイート」に移動する。
  2. 適切なレポートスイートを選択し、 編集設定>一般>処理ルールに移動する。
  3. 「ルールの追加」をクリックして、次のルールを作成します(常に実行する):
    page_url を含む [目的のプロップ] の値の上書き
  4. 「保存」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー