ほとんどの電子メールは HTML ベースであるため、開かれた電子メールをトラックする可能性があり、データを Adobe Analytics に送信することができる。<img> が含まれ、イメージリクエストのタグが貴社に開かれた電子メールを追跡することを許可する。貴社はこのメソッドを使用するように選ぶと、次のいくつの点に注意してください。

  • すべての電子メールのレンダリングが請求可能なサーバコールを潜在的に増加することができる。Adobe Analytics 契約はサーバーコールの増量を保持することができる場合にのみ、電子メールを追跡する
  • HTML をサポートし、画像を許可する電子メール顧客のみを追跡する。マイクロソフトアウトルックなど一部の電子メール顧客は、デフォルトで外部画像をブロックする。これらの電子メールは、受信者が外部画像をダウンロードするまで追跡できない。

イメージリクエストを含むアウトルック電子メールの作成

  1. HTML エディター(Dreamweaver など)を開く。HTML エディターが使用できない場合、メモ帳などのプレーンテキストエディターが機能する。
  2. 新規ファイルに、<body> タグでカバーされている HTML イメージリクエストを挿入する。以下はアドビテストレポートスイートに送信できる2つの独立の例である:
    <body><img src="https://metrics.adobe.com/b/ss/adobetest/5?pageName=Email%20Campaign&v1=email" width="1" height="1" border="0" alt=""/></body>
    <body><img src="http://112.2o7.net/b/ss/adobetest/5?pageName=Email%20Campaign&c1=email" width="1" height="1" border="0" alt=""/></body>
    、他の例と変数について、JavaScript がない実行 Analytics データ収集質問文字列パラメーターをご覧ください。
  3. ハードコードされたイメージリクエストを設定しら、.html ファイルとして保存する。メモ帳を使用している場合は、.txt ファイルとして保存しないでください。
  4. アウトルックを開き、電子メールを作成する。
  5. 「タブ挿入」に移動し、「ファイル添付」をクリックする。イメージリクエスト .html ファイルを選択する。
  6. 「挿入」の横にあるポップアップメニューをクリックし、「テキストとして挿入する」を選択する。ポップアップメニューを使用せずに挿入ボタンをクリックすると、イメージリクエストが HTML 添付ファイルとして含まれるが、これは機能しない。
  7. イメージリクエストが1x1透明ピクセルなので、電子メールは変更されない可能性がある。テスト目的のためにイメージリクエストを見たい場合は、HTML ファイルを変更して、境界線、追加のテキストまたはその他の内容を含める。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー