多くの変数に長い値を設定する実装は、切り詰められたイメージリクエストになることがあります。Internet Explorer のすべてのバージョンでは、イメージリクエスト URL に2083文字制限されます。したがって、データの損失を防ぐために、このシリアル番号下のすべてのイメージリクエストを保持することをお勧めします。組織が非常に長いイメージリクエストに直面している場合は、以下が推奨されます。

  1. Experience Cloud のビジター ID サービスの使用:AppMeasurement ライブラリ 1.4.1(2014 年 9 月にリリース)およびそれ以降は、従来のイメージリクエスにおいて長すぎる場合、HTTP POST を使用してイメージリクエストを自動的に送信します。このメソッドを使用して送信されたデータは、長さに関係なく切り捨てられません。このメッソドはExperience Cloud ビジター ID サービスが実装されていることが必要となります。

  2. 処理ルールを使用します。動的変数を使用する場合の代替として、処理ルールは Admin Console で簡単に作成できます。すべてのイメージリクエストが作成されると、すべての変数値をコピーまたは上書きできます。例えば、次の処理ルールを作成し、各変数に eVar1 をコピーします。

    以下を常に実行します。
    Overwrite value of prop1 with eVar1
    Overwrite value of eVar2 with eVar1
    Overwrite value of prop2 with eVar1

    また、実装内に eVar1 を定義します。

    s.eVar1="The quick brown fox jumps over the lazy dog";
  3. 動的変数を使用します:イメージリクエストが同じ値の複数が設定されている場合、動的変数を使用して、イメージリクエストの長さを大幅に短縮することができます。ダイナミック変数は、何千もの文字を使用して URL を短縮できます。例えば、現在の URL を持つ複数の変数を作成します。

    s.eVar1="D=g";
    s.prop1="D=g";
    s.eVar2="D=g";
    s.prop2="D=g";

    eVar1 の値にいくつかのパラメーターを入力中です。

    s.eVar1="The quick brown fox jumps over the lazy dog";
    s.prop1="D=v1";
    s.eVar2="D=v1";
    s.prop2="D=v1";
  4. 略語を作成しますか:略語は製品変数がイメージリクエストのほとんどを費やす場合に役立ちます。たとえば、次のように定義されている製品変数があるとします。

    s.products = "Exotic pets;Scarlet Macaw;2;2700,Domestic pets;Golden Retriever;1;700,Exotic pets;Fennec Fox;1;1400"

    製品やカテゴリのコードを使用すると、特に多くの製品や長い製品名を使用する場合など、イメージリクエストを大幅に短縮できます。これらの値を分類することで短縮変数の値に詳細に記された名前と一致させることができます。

    s.products = "EP;SM;2;2700,DP;GR;1;700,EP;FF;1;1400";
  5. 動的な圧縮プラグインを使用します:このプラグインは、ビーコンによるリクエストを小さくする動的な割り当てを使用して、変数を上書きします。動的アサインは、より小さいビーコンリクエストサイズになると作成されます。Props、eVars、およびビルトイン変数は、変数のサブストリングが別の変数と一致する場合に、動的アサインに対して考慮されます。

    動的圧縮のプラグインは、Adobe Experience Cloud コンサルティングによって所有されており、使用するコードを実装するには、組織のアカウントマネージャにお問い合わせください。

不可避の長いイメージリクエスト

長いイメージリクエストが回避できない場合、次の順序で切り捨てられます。

  1. 技術レポート:ブラウザ幅/高さや JavaScript バージョンなどのビジタープロファイルは、最初に切り詰められます。
  2. カスタム変数:最も高い eVars および Props(eVar250 and prop250)、カスタム変数は最上位の高い順に切り捨てられます。
  3. コア変数:文字セットや参照元などのイメージリクエストを定義する変数は、最初に配置されます。これらの変数は多くの Analytics レポートに不可欠です。また、イメージリクエストレベルでは切り詰められないことが保証されます。

注意:

個々の変数に独自の文字制限(eVars につき 255バイト、Props につき100バイト)があります。これらの制限は Internet Explorer の2083 文字制限と別のものです。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー