サブ分類は、本質的に分類内の分類です。サブクラス化を作成するのではなく、元の親変数の下に複数の分類を作成することをお勧めします。

サブ分類への制限

サブ分類は親分類をキー値として参照するため、有効なユースケースはほとんどありません。その限界のために、複数の単一レベルの分類を代わりに使用することを検討してください。

  • 同一の分類値は、同じ分類値を含まなければならない。次の無効なサブ分類の例を見てみましょう:
キー Cmp 名前 Cmp 名前^所有者
101 Sept キャンペーン ジェシー
115 Sept キャンペーン アンナ
196 Sept キャンペーン Tony

サブ分類の文脈では、Jesse、Anna、Tony はすべて Sept キャンペーン分類に属することはできません。

  • すべてのサブ分類値は、親分類値を持たなければならない:次の無効な下位分類の例を見てみましょう:
キー Cmp 名前 Cmp 名前所有者
101 Sept キャンペーン ジェシー
115   アンナ
196   Tony

サブ分類の文脈では、Anna と Tony は Cmp 名前値を持たなければならない。このシナリオは、分類しているもの(キー値)を参照せずに何かを分類しようとする場合と同じです。

共通のベストプラクティスと落とし穴

  • サブ分類を扱うときは、親分類をキー値として扱うようにしてください。親の分類が正しい限り、サブ分類のコンテキストで列 A を完全に無視することができます。
  • 分類ごとに複数の一意の値を持つよう場合は、複数の単一レベルの分類を使用することを検討してください。
  • 標準的な分類と同様に、分類とサブ分類を英数字にしてください。句読点やその他の特殊文字は、分類するのがはるかに難しいです。

サブ分類の追加情報については、複数レベル分類を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー