最も高速な解決策で、カスタマーケアーにチケットを有効に取得する方法を学びます。

問題に会ったら、カスタマーサポート代表として、カスタマーケアと一緒にチケットを作成できます。次の各ガイドは、各フィールドとタイムリーな解決策につながる最も効果的な問題構成方法を説明しています。

support_ticket

サブジェクト

当該対象は、フレーズにおいて何が行われているかを示します。有効な事例:

  • データフィードファイルが4月23日に紛失しました
  • ワークスペース視覚化のエラー表示

説明

何が発生しているか、及びエラー/質問を取り囲む環境の詳細状況効果的な事例として:

  • データフィード(ID:1234)、通常は午前10:00まで送信されます。現在は午後5:00となっており、ファイルがまだ届いていません。
  • 自由形式の表を作成し、接続視覚化である場合、表から行を選択しても、視覚化は更新されません。

再作成の手順

報告された望ましくない行動を明確に見るために、Adobe の担当者が取るべき具体的な手順のリストです。プロジェクト名や日付範囲など、ユーザーに特化した詳細を必ず含めてください。下記は、好例の1つです。

  1. サンプル会社及びサンプルユーザーを使い、Adobe Analytics にログインします。
  2. ワークスペースに移動してテストプロジェクトを読み込みます。
  3. 自由な表の行項目を選択
  4. 可視化は選択を反映していることに注目してください
  5. 別の行アイテムを選択してください
  6. 可視化は新しい選択のために更新されません。

優先順位

優先度は御組織にとって、当該問題の緊急度を表示します。デフォルトで、このポータルによって作成されたすべてのチケットが P3 として取扱われています。当該問題に緊急注意をもらいたいなら、カスタマーケアーに直接お問い合わせいただき、チケットを提出した後で、それに参照してください。

  • P1課題、特にデータ紛失への対処と数多くの組織からデータへのアクセスを防ぐ主要課題は必須だと見なされます。
  • P2課題はメジャーとなっているので、影響が深刻で、注意を十分に払う必要があります。
  • P3課題とは、ほとんどのチケットの処理方法です。課題は、組織に悪影響を与える可能性がありますが、回避策によって回避されるか、回避策によって低下されます。
  • UI におけるみミス、またはツール利用中の僅かな不便等、P4課題は極一般的だと考えられます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー