Adobe Analytics での多くのレポートは、個々の行項目と合計が一番下でとが表示されます。ユーザーはデータ検証するために、各行項目を合計し、レポートの合計と比較することがよくあります。 差に貢献するいくつかの要因があるので、この方法を使用することはお勧めしません。

指標の違い

行項目の合は合計を超え: この表示がよく出てくることをご理解くださいたとえば、1 つのユーザーが 5 つの製品を一つ注文で購入すると、次のようなレポートが表示されます。

製品 注文件数
1. 製品 A ビュー 1
2. 製品 B ビュー 1
3. 製品 C ビュー 1
4. 製品 D ビュー 1
5. 製品 E ビュー 1
合計 1

注文件数は各製品に適切に関連していますが、合計は重複解除されていますこの概念は、通常で訪問数または特別訪問者が指標とされる場合に他の多くのレポートにも適用されます。深夜に及ぶ訪問数と何日かサイトにアクセスしている特別訪問者はトレンドレポートの合の差に貢献する日常のものであります。各行項目(日、週、月など)は、訪問数 / 訪問者数でクレジットを受け取りますが、合計は重複解除されています。

行項目の合は合計を超え:この表示が発生するには、いくつかの原因があります。各状況によって、コンテキストによって異なります。

  • 一部のレポート、特に旧バージョンの Adobe Analytics のレポートは、特定の変数が参照されているのに対し、サイト全体を対象にしたトータル指標をレポートします。
  • 「なし」の行項目をレポートから除外すると、行項目の合計が合計未満になる場合があります。
  • 一部のパスレポート(再来訪頻度レポートなど)のコンテキストでは、2 回目の来訪しているユーザーのデータしか表示されます。ただし、合計はサイト全体です。

行項目全体の合計と等しい: これらの同等は指標と行項目の比較が1:1である場合に表示されます。レポートの例としては、チャネル概要レポートと訪問回数レポートの conversion イベントがあります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー