データの処理と収集に要する時間を短縮するため、Adobe Analytics では、変数に渡されるユニーク値が過度に多くならないようにするロジックが採用されています。変数に渡されたユニーク値が約 500,000 個に達すると、その後に収集されたユニーク値は、「(低トラフィック)」に分類されます。

Adobe Analytics で「(低トラフィック)」にグループ化されるデータが決まる仕組み

  • 特定の変数で 1 か月間に収集されたユニーク値が 500,000 個に達しなかった場合は、レポートに影響しません。
  • 変数が最初のしきい値 500,000 に達すると、以下のロジックに従ってラインアイテム(低トラフィック)にグループ化されます。このしきい値を超える各値は次のロジックを通過します。
    • 値が既にレポートにある場合は、その値にインスタンスを追加します。
    • 値がまだレポートにない場合は、その値が約 10 回より多く出現しているかどうか確認します。出現している場合は、その値をレポートに表示します。出現していない場合は、(低トラフィック)に数え入れます。
  • 1,000,000 個を超えるユニーク数に達した場合、より強力なフィルタリングが適用されます。
    • 値が既にレポートにある場合は、その値にインスタンスを追加します。
    • 値がまだレポートにない場合は、その値が 1 日に約 100 回より多く出現しているかどうか確認します。出現している場合は、その値をレポートに表示します。出現していない場合は、「(低トラフィック)」としてカウントします。
  • 変数値が受け取るトラフィック量が多くなり、(低トラフィック)に分類されなくなっても、最初に収集された値はそれぞれのラインアイテムには移動しません。最初の 10 ~ 100 回分のカウントは(低トラフィック)にそのまま残ります。
  • まだ存在しない変数値に関連付けられた分類は、500,000 の上限に加算されます。この概念は新しいキー値にのみ適用されます。既存の値を分類する場合、ユニーク値は増加しません。

トラフィックソースレポートのユニーク数ロジック

次のトラフィックソースレポートは現在、「(低トラフィック)」管理の対象になっていません。ただし、この機能は今後のメンテナンスリリースで変更される予定です。

  • ドメイン
  • すべての検索キーワードレポート
  • 検索キーワードごとのURL(検索キーワードレポートの アイコン)
  • 参照ドメイン
  • リファラー

Data Warehouse でのユニーク数ロジック

Data Warehouse は収集した生データに基づいて各リクエストを個別に処理するので、ユニーク数管理はこのプラットフォームの多くのディメンションに適用されません。この機能が変更される予定はありません。したがって、ユニーク数ロジックを適用せずにすべてのトラフィックソースのデータを取得するには最も確実な方法です。

しかし、Data Warehouse リクエストで(低トラフィック)が適用されることがまれにあります。この処理最適化は次の変数に適用されます。

  • List Var や List Prop など、複数の値を含むことができる変数
  • TNT 変数および Survey 変数
  • ファーストタッチの詳細やラストタッチの詳細など、マーケティングチャネル変数の一部
  • マーチャンダイジング eVar

その他のリソース

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー