Reports & Analytics の処理プラットフォームには、いくつかのロールアップ機能が含まれています。ただし、レポートスイート数と許可されているテーブル数は制限されます。レポートビルダーでデータリクエストを設定すると、多数のレポートスイートを使用するハイレベルデータを利用できるようになります。次の手順を含みます。

  • レポートスイート ID のリストの取得
  • レポートビルダーリクエストのためのワークブックの準備
  • データリクエストの作成と設定
  • データリクエストをコピー
  • Excel の SUM 関数の使用
このメソッドは、単一のワークブックに一度に格納できるリクエストの最大数に対して適用されるので、最大 1000 のレポートスイートをサポートしています。また、集計指標またはトレンド指標でのみ機能します。このメソッドは、ランクレポートでは使用できません。
 
重要:単一のワークブック内の数100のリクエストも含まれているので、API とレポートビルダーの処理速度が遅くなります。もしお客様の組織が時間依存性のあるレポートビルダーワークブックを保持している場合、この方法を使用しないでください。

手順 1:レポートスイート ID のリストを取得

ロールアップしたいレポートスイートが複数ある場合は、最も簡単な方法は「スターメニュー」 > 「管理ツール」 > 「レポートスイート」に移動することです。各レポートスイートの分かりやすい名前と関連する ID は使用できます。ワークブックにそれぞれコピーして貼り付けてください。

目的のレポートスイートの数が何百もの場合は、貴社のサポート対象のユーザーからカスタマーケアに連絡してください。ログイン会社内のすべての RSIDs のリストを取得できる、特定の内部ツールを利用できます。

レポートスイートの ID のリストが取得されたら、それらすべてをワークブック内の A 列に配置します。

手順 2:ワークブックの準備

ロールアップするレポートスイートの ID No リストが A 列にある場合は、次の操作を行います。

  1. すべての B 列と C 列をハイライト表示して右クリックし、「セルの書式設定」を選択します。タイプを「日付」に設定し、「OK」をクリックします。
  2. セル B1 で取得するデータの開始日と、セル C1 で取得するデータの終了日を設定します。
  3. セル B2 で、値を入力します= B1。セル C2 と同様に=C1を設定します。B2 と C2はそれらより上にあるセルを直接に参照する。
  4. セル B2をハイライトし、セルの右下コーナーをリスト下部にドラッグする。すべてのコラム B が同じ日付を参照するようになる。セル C2を同じようにする。
    注意: セル B1 か C1 をドラッグすることによって、日付範囲が直線に増やすが、これは目的の結果ではない。
  5. 正確にされた場合、セル B1 または C1 を変更し、対応するコラム全体を変更する。

手順3:データリクエストの作成

このため、ワークブックには次のものが必要である。

  • コラム A:ロールアップに含めるすべてのレポートスイート IDs のリスト。
  • コラム B:開始日
  • コラム C:終了日

Report Builder にログインし、リクエストを作成する。リクエストウィザードの手順1では、以下の設定を使用する:

  • レポートスイート参照’シート1'! $A$1 (セル A1)
  • セル参照から日付を選ぶ 'シート1'! $B$1’シート1'! $C$1 (セル B1 と C1)
rollupstep1

下記はウィザード外観の手順2:

  • 挿入位置は$1$ D $D$1 (セル D1)
  • 形式オプションが「なし」に設定されている
  • 指標ヘッダーが表示されない(赤い X の横にあるアイコンをクリックする)
  • 指標の下の単一指標
rollupstep2

「完了」をクリックして、ウィザードを完了する。第一レポートスイートのデータが現在利用できるようになった。

手順4:リクエストのコピー

現在、1 つのリクエストが正しく完了し、正しく設定されているので、すべての行にこのリクエストをコピーする。

  1. 右クリックセル D1、「コピーリクエスト」をクリックする。
  2. リストのエンドまでセル D2 をハイライトする。
  3. 選択範囲内の任意の場所を右クリックし、「ペーストリクエスト>相対入力セルの使用」をクリックする。
  4. すべての行にリクエストをコピーするには、1 分また 2 分間待ちます。完了したら、最初のリクエストからのデータがコピーされます。このコピーは想定されています。
  5. 「アドイン」タブで、「更新」をクリックします。このワークブックは、A 列のレポートスイートに応じてすべてのリクエストを更新します。この更新では、数十のレポートスイートを使用する場合の数分間から、数百のレポートスイートを使用する場合の 1 時間以上までのいづれかを選択することができます。
    注:ワークブックのリクエストが 100 以下でない限りは「管理」をクリックしないでください。Report Builder のリクエストマネージャーは、数百件のリクエストでタイムアウトします。

手順 5:Excel の SUM 関数の使用

すべてのデータが正常に更新されたら、各列を合計して目的のデータを取得します。

  1. 空白セルを検索して、=SUM(と入力します。
  2. セル入力にフォーカスがない場合は、D 列のすべてのセルを選択します。括弧を閉じて Enter キーを押します。
このワークブックのために日付範囲を変更するときに、セル B1 または C1 を変更し、「更新」をクリックする。値が変更されるたびに合計が自動的に更新する。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー