Adobe Analytics は、他のサブドメインに影響を与えるセキュリティ上の脆弱性により、フ最初の実装ではワイルドカード証明書をサポートしていません。

Adobe は、ワイルドカード証明書をサポートしなくなります。これは、ワイルドカードの証明書で識別されたセキュリティ脆弱性がその理由となっています。ルートドメイン (wild-card "*") の証明書は脆弱性のために他のサブドメインに影響を与えます。セキュリティ対策に従い、ワイルドカード証明書は最初の導入をサポートされなくなります。

アクティブワイルドカードのための SAN 証明書を識別、共有します

ワイルドカードの設定が使用中だったら、プライマリとセカンダリドメインには、デプロイされている実行コード、または DTM プロパティにおいて、s.trackingServers.trackingServerSecure にデプロイされた安全及び非安全追跡サーバーがあります。

一例

ワイルドカード fpssl 設定を利用するプライマリとサブドメインがあるとすると。

  • プライマリドメインは www.example.com です。利用したトラッキングサーバー:secure.example.com および non-secure.example.com。
  • サブドメインは www.store.example.com です。利用されたトラッキングサーバー:secure.store.example.com および non-secure.store.example.com。

以前は、すべてのトラッキングサーバーが、*.example.com ドメイン向けのワイルドカード証明書で扱われていました。

顧客は、プライマリおよびサブドメインサイト実装に使用されている安全トラッキングサーバーの両方をリストすることで、SAN 証明書の利用が要求されています。当面として、SAN 証明書は次のサブドメインをカバーしています。

  • secure.example.com
  • secure.store.example.com

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー