パートナー(この事例では Adform)に対し、オンボーディングして Audience Manager にデータを戻すことを許可する方法。

顧客と Adform 間の統合には、特性作成に関するディスカッションが必要です。

顧客設定

Adform は顧客固有の特性を転送します。これらの特性は、まず顧客のデータソースの下に作成され、traitRules で定義されたセグメント ID は Adform と共有されている必要があります。特性を含む顧客のデータソース ID を Adform に指定する必要があります。

Adform は単純なセグメント ID だけを使用して特性データを渡す方法に精通している、ということに注意してください。例:セグメント ID = 123(したがって、traitRule は ic == '123' になります)

最良の結果を得るには、このパートナーの ID 同期 - Adform Sync ID(1586)- を有効にすることをお勧めします。このアクションを実行するには、カスタマーケアにお問い合わせください。

分類の更新

分類の更新は顧客固有であり、顧客自身が管理します。顧客のターゲット DPID は、データパートナーに戻す必要があります。

追加情報

https://marketing.adobe.com/resources/help/en_US/aam/admin/t_containers.html