概要

モバイル用の AAM を使用して、広告主のファーストおよびサードパーティのモバイルと、デスクトップオーディエンスのデータを収集、整理、セグメント化できます。オーディエンスの作成、分析、マーケティングキャンペーンを行っているマーケティング担当者を支援します。Audience Manager は、複数のプラットフォームやモバイルオペレーティングシステムと統合できます。

この記事では、Android モバイルアプリでの Adobe Audience Manager の実装に焦点を当てています。  この記事は、対象オーディエンスがソリューションを実装および検証している Android の開発者であるため、本質的に技術的な内容になっています。

この実装ガイドは、Experience Cloud サービスとコアサービスの両方がクライアント向けに実装されているときの Audience Manager の実装専用です。クライアント用の Experience Cloud サービスが実装され、コアサービスが実装されていない場合は、Experience Cloud サービスに固有の実装技術を確認してください。Experience Cloud サービス(訪問者 ID サービス)が有効になっていない場合は、対応するクライアント側の実装ガイドを参照してください。

前提条件

Audience Manager 用の実装設定を開始するには、Adobe SDK ファイルをダウンロードしておく必要があります。Analytics 管理者からアクセスする場合は、Adobe Mobile Services でアプリを設定し、アプリ用の SDK をダウンロードできます。Adobe Mobile Services へのアクセス権がない場合、このリンクから SDK をダウンロードできます。https://github.com/Adobe-Marketing-Cloud/mobile-services/releases?

最新の Android SDK を検索し、AdobeMobileLibrary-4 をダウンロードします。*-Android.zip ファイル。次のソフトウェアコンポーネントが必要です。

  • adobeMobileLibrary.jar:Android デバイスおよびシミュレーターで使用するように設計されたライブラリ。
  • ADBMobileConfig.json:アプリ用にカスタマイズされた SDK 設定ファイル。

以下のスクリーンショットのように、プロジェクト構造内の依存関係にあるファイル依存として adobeMobileLibrary.jar を追加します。

image1

アプリが既に Adobe Analytics 用に設定されている場合、上記の手順はコアの実装とライフサイクル指標の実装と一緒に行われており、Audience Manager 設定の一部に直接進むことができます。

コアの実装とライフサイクル

ダウンロードした SDK の実装では、Android 2.2 以降が動作している必要があります。

1. ADBMobileConfig.json ファイルをプロジェクトのアセットフォルダーに追加します。

2. AppMeasurement ライブラリでオフライントラッキングコールを送信し、記録することを許可するアプリの権限を追加します。これらの権限を追加するには、AndroidManifest.xml ファイル(アプリケーションのプロジェクトディレクトリ内)に次の行を追加します。

<uses-permission android:name="android.permission.INTERNET" />
<uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_NETWORK_STATE" />

3. ライフサイクル指標を実装します(アプリケーション内の各アクティビティ内)。

a. 次のライブラリを読み込みます。

 import com.adobe.mobile.*; 

b. onResume 関数内で、ライフサイクルデータの収集を開始します。

@Override
public voidonResume() {
Config.collectLifecycleData(this);
// -or- Config.collectLifecycleData(this, contextData);
}

 c. onPause 関数内で、ライフサイクルデータの収集を一時停止します

@Override
public voidonPause() {
Config.pauseCollectingLifecycleData();
}

4. 追加のデータをライフサイクル指標呼び出しで含めるには、コンテキストデータを含む collectLifecycleData に追加のパラメーターを渡します。

@Override
public voidonResume() {
HashMap<String, Object> contextData = new HashMap<String, Object>();
contextData.put("myapp.category", "Game");
Config.collectLifecycleData(this, contextData);
}

アプリの設定用に Android Studio の代わりに IntelliJ IDEA または Eclipse を使用する場合の実行に必要な手順については、このドキュメントを確認してください。https://marketing.adobe.com/resources/help/fr_FR/mobile/android/dev_qs.html

Audience Manager の設定

1. Mobile Services ユーザーインターフェイス:https://mobilemarketing.adobe.com のアプリを設定する場合は、Audience Manager SDK 設定セクションで Server Side Forwarding(SSF)を有効にするオプションを入手します。

そこから、「Analytics Forwarding」を確認し、Audience Manager のサブドメインを入力できます。したがって、ADBMobileConfig.json ファイルをダウンロードした後に、必要なフィールドがすべて表示されます。

 

image2
image2_1
"marketingCloud" : {
  "org": "YOUR-MCORG-ID"
}
"audienceManager": {
    "server": "",
    "analyticsForwardingEnabled": "true",
  },

これらの値を ADBMobileConfig.json ファイルに手動で入力する手順を次に示します。 audienceManager および marketingCloud のセクション内の ADBMobileConfig.json ファイル内に、次の設定詳細が記載されています。

 

"marketingCloud" : {
  "org": "YOUR-MCORG-ID"
}
"audienceManager": {
    "server": "",
    "analyticsForwardingEnabled": "true",
  },

注意:

  • Analytics データの Server Side Forwarding を使用するための前提条件は、クライアントが Experience Cloud ID サービス(https://marketing.adobe.com/resources/help/ja_JP/mcvid/)用にプロビジョニングすることです。
  • Experience Cloud の組織 ID は、Adobe Experience Cloud 内の各クライアント企業を一意に識別し、016D5C175213CCA80A490D05@AdobeOrg のような形式です。       

上記の設定をすべて設定すると、Analytics の呼び出し内ですべてのライフサイクル指標がキャプチャされ、サーバー側を介して直接転送されます。

image3

2. メインアクティビティの onCreate メソッド内で、Config.setContext を使用して SDK がアプリケーションコンテキストにアクセスできるようにします。

@Override
public voidonCreate(Bundle savedInstanceState) {
super.onCreate(savedInstanceState);
setContentView(R.layout.main);
// Allow the SDK access to the application context
Config.setContext(this.getApplicationContext());
}

Analytics または Target を実装したときに既にこのメソッド呼び出しを追加している場合は、再度追加する必要はありません。

導入の確認

以下に、サーバー側の実装を検証するための呼び出しログチェックポイントの例を示します。

顧客 ID の同期が実行されると、dpm.demdex.net ネットワーク呼び出しの d_cid_ic が表示されます。サーバー側の実装が行われても、追加の Audience Manager のネットワーク呼び出しは行われません。Analytics からのデータは、サーバー側を介して Audience Manager にプッシュされます。

image4

d_uuid は、Server Side Forwarding が訪問者 ID の実装と一緒に行われる場合、リクエスト呼び出しでは使用できないことに注意してください(クライアント側の実装と異なります)。dpm.demdex.net 呼び出しの訪問者 ID サービスに関連付けられた d_mid 値と d_orgid 値を代わりに確認できるようにする必要があります。ただし、このような応答では、uuid の値が表示されます(これは Analytics ネットワーク呼び出しに表示されます)。

image5

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー