環境

Audience Manager

複数の同期 AAM 宛先ファイルで同じ ID(ユーザー)に対して同じ情報を提供するのですか。

Audience Manager の反復同期先ファイルは、最初のファイルが生成されたときに完全なデータを送信するように設定されています。その後、新しいデータのみが送信先パートナーに送信されます。  このプロセスサウンドは単純なものですが、何が「新しいデータ」として分類するかは、ユーザーのアクションと、Audience Manager プラットフォームがこれらのアクションを認識する方法に依存します。 その結果、実際 Audience Manager システムが新しいデータとして認識すると、明らかに以前に送信されたデータが誤って再送される場合があります。

ID とそれに続くセグメントやその他のデータ値が再送される 2 つの理由は、これらのユーザーが基になる特性や、送信されたユーザー情報を判断するために使用される ID 同期の変更によるものです。

特性再選定

「情報ページ」というセグメントがあるとします。このセグメントでは、参考ページ(「会社情報」、「エグゼクティブチーム」「プルファイル」ページなど)の訪問者数を追跡して捕捉するします。  これらのページの訪問はすべて、それらがマッピングされたセグメントの一部として選定されており、その実現は送信先を介して送信されます。

これらの訪問者のいずれかがセグメントによって追跡されたページを再訪問すると、該当する特性実現が更新されます。 この新機能では、順番に訪問者のセグメントメンバーシップを更新し、更新された情報を送信先パートナーに再度送信します。

この状況は、個人が再訪問を停止し、Audience Manager が新たな実現を記録しなくなるまで発生し続けます。

特性およびセグメントの認定の詳細については、ドキュメントを参照してください:信号、特性、セグメント

更新された ID 同期

Audience Manager の送信先プロセスは、ID 同期を使用して、ユーザー情報を識別し、結びつけるために使用します。 したがって、Audience Manager は、同期が発生しない限り、宛先を介してデータを送信します。 ただし、同時に、ユーザーが以前に特定の相手と同期していて、同じ相手に対して新しい ID 同期が実行された場合、新しい ID 同期は、その同じ相手に対して実行されます。つまり、Audience Manager はその新しい同期を、その「デバイス」(またはユーザー)プロファイルへの変更とみなし、そのプロファイルに関連付けられたすべてのセグメントをその同期を使用するように設定した宛先を介して送信するようにトリガーします。

特定の相手とどのように同期が行われているかによって、多かれ少なかれこの状況が発生する可能性が高くなります。

ID の同期についての詳細については、ドキュメントを参照してください。受信データ転送のための ID 同期.

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー