Audition にはエコー、コンプレッサー、リミッター、コーラス、ピッチシフターなどの様々なエフェクトが用意されています。ここでは例として、波形データに直接 Convolution Reverb エフェクトを適用する手順を説明しています。

Convolution Reverb は様々なアコースティック空間におけるサウンドの反射をシミュレートするエフェクトです。例えば Audition には「バックステージ」「教室の後部」「立見席」などのプリセットが用意されています。以下の音源は、サンプルオーディオの使用(Audition)の音源に「教室の後部」プリセットを適用したものです。

読み込んだ波形データに Convolution Reverb を適用する

  1. サンプルオーディオの使用(Audition)を参照し、Audition でサンプルを開きます。

  2. エフェクト/リバーブ/Convolution Reverb を選択します。

  3. エフェクト - Convolution Reverb ダイアログボックスが表示されたら、「プリセット」ポップアップメニューから「教室の後部」を選択します。

  4. 画面左下のプレビュー再生/停止ボタンで、エフェクトが適用された状態を確認することができます。様々なプリセットを試してみてください。

  5. 「適用」をクリックしてエフェクトを適用します。

Audition には Convolution Reverb 以外にも、Full Reverb や Surround Reverb など様々な種類のリバーブエフェクトが用意されています。是非、いろいろな種類のリバーブエフェクトを試してみてください。

波形にエフェクトを適用した場合、ファイルの保存時には注意が必要です。詳細は、オーディオファイル保存時の注意点を参照してください。

追加情報 (Additional Information)

この文書では波形に直接エフェクトを適用する方法を説明しましたが、エフェクトラックを利用することで複数のエフェクトをより効率的に管理することができます。エフェクトラックに関する詳細については、エフェクトラックの利用方法を参考にしてください。

また、エフェクトは波形エディターに加え、マルチトラックエディターでも利用できます。波形エディターとマルチトラックエディターについて詳しくは、波形エディターとマルチトラックエディターを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー