Adobe Audition は、音楽・音声を編集する、本格的なオーディオエディターです。オーディオ編集の作業は、専門的な知識を求められる印象がありますが、Audition を利用しているユーザーには、無償提供の音楽素材が用意されており、これらを活用して、その基本操作を理解することができます。

まずは、サンプルの音源をダウンロードして Audition に取り込んでみましょう。以下の動画の BGM は、Audition のサンプルを使用したものです。

サンプルファイルのダウンロードと取り込み

  1. Audition CC を起動します。

  2. ヘルプ/サウンドエフェクトなどをダウンロードを選択します。

  3. Web ブラウザーが起動し、Adobe ID によるサインインを求められます。Creative Cloud を利用している Adobe ID とパスワードを入力し、「Sign In」をクリックします。

  4. 使用許諾に関する英語のメッセージが表示されます。「I Agree」(同意します)をクリックすると、ダウンロードページに進みます。

  5. ダウンロードページが表示されます。「Sound Effects」、「Music Loops」、「Music Beds」の 3 セクションに分かれていますが、ここでは例として Music Beds の「Wedding and Event 15sec」をダウンロードします。

    ※ ページの一番下から 2 番目にリンクがあります。

  6. ダウンロードが完了した zip ファイルを解凍してください。

  7. Audition の画面に戻り、ファイル/開くを選択します。

  8. ダウンロードして解凍したフォルダーを開き、Event01mast-15.wav を選択して、「開く」ボタンをクリックします。

  9. ファイルが開かれ、オーディオの波形が表示されます。

  10. 波形のすぐ下にあるコントロールで、オーディオの再生、早送り、巻き戻しなどが可能です。

Audition の波形エディターでは、音量の調節やフェードイン・フェードアウト、エフェクトの適用など、さまざまな操作が可能です。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー