コントロールパネルを使用すると、Adobe Campaign にデリゲートしたサブドメインを管理できます。サブドメインを表示したり、その証明書の更新をリクエストしたりできます。今後のリリースで、このカードでより多くの操作が利用できるようになる予定です。

サブドメインのデリゲーションについて詳しくは、こちらを参照してください。

コントロールパネル自体について詳しくは、該当するドキュメントを参照してください。

 

SSL 証明書の管理

SSL 証明書について

Adobe Campaign では、ランディングページ(特に、お客様の機密情報を収集するページ)をホストするサブドメインを保護することをお勧めします。 

SSL(Secure Socket Layer)暗号化は、Adobe にデリゲートしたサブドメインを確実に保護します。お客様が Web フォームに記入したり Adobe Campaign がホストするランディングページに訪問したりする場合、デフォルトでは、情報は非セキュアなプロトコル(HTTP)で送信されます。確実にセキュリティを強化するには、送信される情報を HTTPS プロトコルで保護します。例えば、「http://info.mywebsite.com/」サブドメインアドレスは、「https://info.mywebsite.com/」になります。

SSL 証明書は、デリゲートされたサブドメイン自体にはインストールされません。関連するサブドメイン(主に、ランディングページやリソースページなどをホストするサブドメイン)にインストールされます。

SSL 証明書は、一定期間提供されます(1 年、60 日など)。証明書の期限が切れると、ランディングページにアクセスしたりサブドメインからリソースを使用したりする際に問題が発生する可能性があります。これを回避するために、コントロールパネルを使用して、サブドメインの SSL 証明書を監視したり、その更新プロセスを開始したりできます。

サブドメインの SSL 証明書の管理

サブドメインおよび証明書カードを使用すると、SSL 証明書がインストールされたランディングページおよびリソースをホストしているサブドメインや関連するサブドメインを確認できます。また、証明書の期限が近づいているサブドメインを簡単に確認できるので、期限切れを未然に防ぐことができます。

証明書の期限が切れそうな場合は、証明書を更新し、インスタンスを適切に機能させるために必要なすべての情報と共にカスタマーケアリクエストを開始できます。

注意:

有効期限が近づいている場合、アドビでは、関連するサブドメインの SSL 証明書を更新することをお勧めします。証明書の更新には、組織によっては数日かかることがあります。このプロセスには、適切な時間を割り当てることをお勧めします。

各インスタンスのサブドメインのリストには、サブドメインおよび証明書カードを選択する際に、直接アクセスできます。

サブドメインは、有効期限(日数)のビジュアル情報と共に、SSL 証明書の有効期限が近い順に表示されます。

  • :サブドメインには、今後 60 日以内に期限が切れる証明書はありません。
  • オレンジ:1 つ以上のサブドメインに、今後 60 日以内に期限が切れる証明書があります。
  • :1 つ以上のサブドメインに、今後 30 日以内に期限が切れる証明書があります。
visual_alert2

サブドメインの証明書に関する詳細情報を取得するには、証明書の詳細ボタンをクリックします。

certificate_details4

関連するすべてのサブドメインのリストは、その証明書に表示されます。通常、ランディングページやリソースページなどのサブドメインが含まれます。

monitoring_subdomains_details2

必要に応じて、このウィンドウから、証明書の更新リクエストを開始できます。詳しくは、以下の節を参照してください。

注意:

コントロールパネルは、証明書の更新を自動的には管理しません。できるのは、Adobe Campaign カスタマーケアに送信するリクエストを準備して、更新プロセスを開始することです。

SSL 証明書の更新プロセスには、以下の 3 ステップがあります。

  1. 証明書署名リクエスト(CSR)の生成
    カスタマーケアポータルで作成されたリクエストに基づいて、アドビカスタマーケアが CSR を生成します。CSR を生成するために必要な情報(共通名、組織名およびアドレスなど)を提供する必要があります。コントロールパネルでは、更新プロセスを開始する際に必要な項目のリストを確認できます。詳しくは、以下の節を参照してください。
  2. SSL 証明書の購入
    カスタマーケアが CSR を生成すると、CSR をダウンロードして会社が承認している認証機関から SSL 証明書を購入できます。
  3. SSL 証明書のインストール
    SSL 証明書を購入したら、アドビカスタマーケアに提供する必要があります。証明書がインストールされ、更新された証明書の有効期限がコントロールパネルに表示されます。

コントロールパネルで SSL 証明書の更新をインストールするには、以下の手順に従います。

  1. サブドメインおよび証明書カードを開いて、証明書の期限が近づいているサブドメインの証明書の詳細アイコンをクリックします。

     

    renewal1
  2. 関連するサブドメインのリストが表示されます。通常、ランディングページやリソースページなどのサブドメインが含まれます。

    チケットの詳細」ボタンをクリックして、証明書の更新プロセスを開始します。

    renewal2
  3. SSL 証明書を更新するために必要なすべての詳細と共に、フォームが表示されます。

    要求された情報をすべて正確に入力します(必要に応じて、社内チーム、セキュリティおyび IT チームに問い合わせます)。そうしないと、証明書署名要求が生成されず、証明書を更新できなくなります。

    • IMS Org:組織の ID。
    • インスタンス:サブドメインに関連付けられた Campaign インスタンスの URL。
    • 共通名:通常、証明書の期限が近づいているサブドメインに関連付けられた、トラッキングサブドメイン URL。
    • サブドメイン:証明書の期限が近づいているサブドメインにリンクされたサブドメイン。
      1 つの SSL 証明書を他のサブドメインに適用したい場合、サブドメインをこのリストに追加できます。この場合、これらのサブドメインが同じ IMS Org およびインスタンス URL に関連付けられるようにしてください。

    警告:

    IMS Org」および「インスタンス」フィールドは、コントロールパネルによって自動的に入力され、変更する必要はありません。

    renewal3

    フォームが完成したら、「詳細をコピー」ボタンをクリックして、情報をクリップボードに保存します。

    注意:

    ブラウザーの履歴をクリアしなければ、入力した情報は保存され、後で証明書を更新するために使用できます。

  4. 新しいチケットを記録する」ボタンをクリックします。Adobe Campaign カスタマーケアログインページに自動的にリダイレクトされます。

    renewal4
  5. ログインしてから、「SSL 証明書 CSR リクエスト」という件名で新しいサポートチケットを作成します。

    前にコピーしたすべての情報をチケットの本文に貼り付けて、「送信」をクリックします。

    注意:

    組織のサポートケースをファイルする権限がない場合は、クリップボードにコピーしたすべての情報をサポート担当者に渡して、新しいカスタマーケアチケットを開くことを依頼してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー