記事のサマリ

要約 このドキュメントでは、Adobe Campaign データベースのデータモデルまたはデータディクショナリを生成する2つの方法について説明します。
デジタルマーケティングソリューション Adobe Campaign v6.11
Adobe Campaign v7
対象 技術管理者および上級ユーザー

この記事やその他の Adobe Campaign のトピックについて質問がある場合は、コミュニティに質問してください

概要

Adobe Campaign には、数百のテーブルが含まれています。このドキュメントでは、スキーマのドキュメントを生成する2つの方法を示します:

  • OpenOffice ドキュメント(Microsoft Word での読み取り可能)の生成するか、または
  • HTML ウェブページを生成します。

形式 1:OpenOffice ドキュメントの作成

Adobe Campaign の datakit\nms\fra\package\optional ディレクトリに、dbbBuilder.xml というパッケージがあります。このパッケージファイルには、Adobe Campaign インスタンスのデータベーススキーマを詳述する OpenOffice ドキュメントを生成する JavaScript エンティティが含まれています。

JavaScript ファイルの作成

Campaign コンソールのエクスプローラビューを使用して、次の例のように、管理/設定/JavaScript コードの単純な JavaScript ユーティリティを記述します。

strOutputFile の値を変更して、OpenOffice ドキュメントを作成する場所に移動先ディレクトリを追加します。例:/tmp/database-description.odt。

ファイルの例:cus:build-dbd.js

/********************************************************************
***********
* build-dbd.js
********************************************************************
**********/
var strXslt = "nl:dbdToOdt.xsl"
var strTemplate = installDirectory("datakit/nl/dbd-template.odt")
var strOutputFile = "database-description.odt"
var sql = xtk.sqlSchema.create()
sql.Generate()
var strDbXml = db = sql.toXML().toXMLString()
var strOdt = applyXsl(strXslt, strDbXml)
strOdt = strOdt.replace(/^<\?xml .*\?>\r?\n/, '\r\n')
var mbContent = new MemoryBuffer
mbContent.fromString(strOdt, "utf-8")
var zip = new ZipFile(strTemplate)
zip.open()
zip.setEntry("content.xml", mbContent)
zip.save(strOutputFile)

dbdBuilder.xml をインポートする

dbdBuilder.xml パッケージは、パッケージが保存されているディレクトリで次のコマンドを実行して読み込むことができます。Adobe Campaign インスタンスの実際の名前で <instance_name> を置き換えます。

 nlserver package -import:dbdBuilder.xml -instance:<instance_name>

Debian パッケージの読み込みの例

neolane@debian:~/nl6/datakit/nms/fra/package/optional$ cd
~/nl6/datakit/nms/fra/package/optional
neolane@debian:~/nl6/datakit/nms/fra/package/optional$ nlserver
package -import:dbdBuilder.xml -instance:
10:46:09 > Application server for Adobe Campaign Version 6.1.1
(build 8537) of 04/16/2014
10:46:09 > Starting 1 connection(s) on pool 'default vmcloud'
(PostgreSQL, server='localhost', login='user:password')
10:46:09 > Importing package '/tmp/dbdBuilder.xml'...
10:46:11 > Enumerating the file entities...
10:46:11 > Writing entities in the database...
10:46:11 > Saving entities of type 'xtk:xslt'...
10:46:12 > Saving entities of type 'xtk:javascript'...
10:46:12 > Installation of packages successful.

Windows でのパッケージの読み込みの例

C:>cd "\Program Files (x86)\Adobe\Adobe Campaign v6\bin"
C:\Program Files (x86)\Adobe\Adobe Campaign v6\bin>nlserver.exe
package -import: ..\datakit\nms\fra\package\optional\dbdBuilder.xml
-instance:
13:52:57 > Application server for Adobe Campaign Version 6.1.1
(build 8622) of 01/19/2015
13:52:57 > Starting 1 connection(s) on pool 'default ' (PostgreSQL, server='localhost', login='user:password')
13:52:57 > Importing package 'C:\Program Files (x86)\Adobe\Adobe
Campaign
v6\bin\..\datakit\nms\fra\package\optional\dbdBuilder.xml'...
13:52:59 > Enumerating the file entities...
13:52:59 > Writing entities in the database...
13:52:59 > Saving entities of type 'xtk:javascript'...
13:52:59 > Installation of packages successful.

データベースの説明を生成

データベースの説明を生成するには、次のように、コマンドラインを使用して nlserver モジュールを使用して cus:build-dbd.js JavaScript エンティティを実行します。

neolane@debian:/tmp$ nlserver javascript -instance: cus:build-dbd.js
05:06:12 > Application server for Adobe Campaign Version 6.1.1
(build 8537) of 04/16/2014
05:06:12 > Starting 1 connection(s) on pool 'default vmcloud'
(PostgreSQL, server='localhost', login='user:vmcloud')
05:06:12 > Executing JavaScript from entity of identifier
'xs:build-dbd.js'...
05:06:12 > Generating the database structure...
05:06:12 >>> Element '0' unknown (see definition of schema 'Recipient
delivery logs (nms:broadLogRcp)'). (iRc=16384)
05:06:12 >>> Element '0' unknown (see definition of schema 'Visitor
delivery logs (nms:broadLogVisitor)'). (iRc=16384)
05:06:12 >>> Element '0' unknown (see definition of schema 'Recipient
delivery logs (nms:broadLogRcp)'). (iRc=16384)
05:06:12 >>> Element '0' unknown (see definition of schema 'Visitor
delivery logs (nms:broadLogVisitor)'). (iRc=16384)
05:06:13 > Generating the ODT XML...
05:06:14 > Saving the zip file...
05:06:14 > File saved as 'database-description.odt'

「database-description.odt」という名前の OpenOffice ドキュメントが、build-dbd.js で指定したディレクトリに生成されます。Adobe Campaign テーブルの説明が含まれています。この文書は、Microsoft Word または OpenOffice で編集でき、PDF に変換できます。

database-description
データモデルファイルの例

このドキュメントには、データベーステーブルのインデックス、SQL フィールドとキー、スキーマリンクのリストが表示されます。

形式2:xsltproc を使用した Web ページの作成

この代替アプローチは Linux xsltproc コマンドラインツールに基づいています。このシナリオでは、XML ドキュメントを作成してスキーマを書き出し、XSLT ファイルを使用して XML を HTML に変換します。出力ファイルはブラウザーで表示可能です。

この方法では、次のことが必要です:

  • Macintosh 標準 Mac OS X コマンドラインユーティリティである xsltproc を実行する Linux または Macintosh 環境。
  • 添付ファイル、database.xsl および styles.xml(詳しくは、attachments.zip を参照してください)。

注意:

Windows 対応の msxsl.exe は、そのプラットフォーム上で正常に動作することがありますが、テストされていません。詳しくは、https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?displaylang=ja&id=21714 を参照してください。

ダウンロード

  1. この 2 つの添付ファイル database.xsl と styles.xml を Linux または Mac の作業ディレクトリにダウンロードします。XSL の上部には、次の2つの変数を調整できます:

     <xsl:variable name="unicode">false</xsl:variable>

      <xsl:variable name="engine">postgresql</xsl:variable>

    エンジンにサポートされている値は:postgresql、mssql、および oracle です。エンジン変数を、マーケティングインスタンスデータベースに対応する値に設定します。

  2. Campaign コンソールで、Administration > Configuration > Package Management > Package 定義に移動し、データスキーマ(xtk:スキーマ)を含む package.xml ファイルを作成します。
  3. パッケージを書き出し、ファイルを Linux または Mac の作業ディレクトリにコピーします。
  4. XSLT による作業ディレクトリの次のコマンドを実行して package.xml ファイルを処理します:xsltproc database.xsl package.xml > database.html

生成されたドキュメントが完全ではありません:

  • リンクの一部の結合条件については文書化できません。
  • スキーマ内で列挙が参照されていて、パッケージ内にない別のスキーマで定義されている場合、列挙は文書化されません。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー