ワークフローを使用してデータをインポートし、Adobe Campaign データベースを更新するためのベストプラクティスを学習します。
要約 データのインポートの一貫性は、データ管理、ターゲティング、エクスポートなどの後続の処理でのエラーや望ましくない結果を避けるために重要です。このドキュメントでは、適切なインポートワークフローを作成するための最も重要な原則について説明します。
デジタルマーケティングソリューション Adobe Campaign v6.11/
Adobe Campaign v7
/Adobe Campaign Standard
対象 管理者、上級ユーザー

この文章やその他の Adobe Campaign のトピックについての質問があれば、コミュニティに質問してください

インポートテンプレートを使用しています。

ほとんどのインポートワークフローに次のアクティビティが含まれる必要するには:データ読み込み(ファイル)豊かになるスプリット重複排除データの更新

インポートテンプレートを使用すると、類似のインポートを準備し、およびデータベース内のデータの一貫性を確保することは便利になります。ドキュメントでワークフローテンプレートを作成する方法について説明します。

多くのプロジェクトでは、プロジェクトで使用されるファイルに重複がないため、重複排除アクティビティなしでインポートが構築されます。後で生産する場合に、異なるファイルから重複が出現し、データベースに重複が生成される可能性があります。重複排除は困難です。したがって、重複排除の手順はすべてのインポートワークフローでの予防措置です。

受信データが一貫と正確のことを仮定しないでください。または、IT 部門または Adobe Campaign の管理者が対応できます。プロジェクトの間には、データのクレンジングを注意してください。データをインポートするとき、重複排除、調整、一貫性の維持が重要です。

ドキュメントには、インポートテンプレートの例が提供されています。

フラットファイルフォーマットを使用する

インポートの最も効率的なフォーマットはフラットファイルです。

フラットファイルは、データベースレベルでバッチモードでインポートできます。

例:

  • セパレータ:タブまたはセミコロン
  • ヘッダー付き最初の行
  • 文字列デリミタなし
  • 日付フォーマット:YYYY/MM/DD HH:mm:SS

Adobe Campaign は、標準的なファイルインポートアクティビティを使用して XML ファイルをインポートすることはできません。JavaScript を使用して XML ファイルをインポートすることは可能ですが、ファイルごとに 10K 未満の小さなボリュームでのみインポートできます。

圧縮と暗号化を使用する

可能であれば、インポートおよびエクスポートには圧縮ファイルを使用します。

Linux では、コマンドラインを使用してファイルを解凍して同時にインポートすることができます。例:

zcat nl6/var/vp/import/filename.gz

保護されていない場合は、ネットワークを介して送信されるファイルを暗号化することも良い方法です。このタスクには GPG が使用できます。

バッチでロードする

バッチでデータをロードする方が、一度に1行をロードするよりも効果的です。

Web サービスを使用してインポートすることは効率的ではありません。可能な限りファイルを使用することをお勧めします。

プロファイルを豊富にするために外部 Web サービスを呼び出すと、回線レベルで動作するため、パフォーマンス上の問題やメモリリークが発生することが知られています。

Web サービスからデータをインポートする場合は、Web アプリケーションまたは Web サービスを使用してリアルタイムで行うよりも、ワークフローを使用してバッチで行う方をお勧めです。

データ管理を使用する

JavaScript を使用した繰り返しモード(1行ずつ)でのロードする場合は、小さなボリュームに制限しなければなりません。

効率を上げるには、データ管理ワークフローで常にデータロード(ファイル)アクティビティを使用します。

デルタモードでのインポート

通常のインポートはデルタモードで実行しなければなりません。つまり、毎回テーブル全体ではなく、変更または新しいデータのみが Adobe Campaign に送信されます。

フルインポートは、初期ロードにのみ使用されます。

JavaScript ではなくデータ管理を使用してデータをインポートします。

一貫性の維持

Adobe Campaign データベースでデータの一貫性を維持するには、以下の原則に従ってください:

  • インポートされたデータが Adobe Campaign の参照テーブルと一致する場合は、ワークフロー内のテーブルと一致する必要があります。一致しないレコードは拒否する必要があります。
  • インポートされたデータが常に「ノーマライズ」されていることを確認してください(電子メール、電話番号、ダイレクトメールアドレス)。この正規化は信頼できるものでなければならず、何年もかけて変化してはなりません。そうでない場合は、データベースに重複して表示される可能性があって、Adobe Campaign は「ファジー」なマッチングを行うツールを提供していないため、管理や削除が困難です。
  • トランザクションデータには調整キーが必要であり、重複を避けるために既存のデータと調整する必要があります。
  • 関連ファイルを順番にインポートする。インポートが複数のファイルで構成されている場合、ワークフローはファイルが正しい順序でインポートされることを確認する必要があります。ファイルに障害が発生すると、他のファイルはインポートされません。
  • データをインポートするときに、重複排除調整、一貫性を維持することを行います。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー