Adobe Campaign Classicと MX サーバーの連携方法について説明します。

MX サーバーとは

メールエクスチェンジャレコード(MXレコード)は、ドメインネームシステム(DNS)のリソースレコードの一種であり、ドメインに代わって電子メールメッセージを受け取る役割を担うメールサーバーを指定します。

MX サーバーはどのように機能しますか?

電子メールを送信すると、ソフトウェアサーバーは受信者ドメインサーバーとの接続を確立します。2つのサーバー間の通信は SMTP 言語を使用し、ドメインは複数の MX サーバーを持つことができます。このドメインへの接続は、最高の優先度(最小の値)から始まり、その他のサーバーは<<back-up>>サーバーと呼ばれます。接続プロトコルは順守されている必要があります。  

MX サーバーは Adobe Campaign でどのように機能しますか。

接続プロトコルでは、サーバーにスパムを大量に送ることや、サーバーの独占を回避するためにルールを順守する必要があります。最も重要な点は次のとおりです。

  • 許容最大接続数:この数を順守すると、IP はブラックリストに登録されず、追加の接続が原因で、電子メールが拒否されることはありません。  
  • 最大メッセージ数:接続中に送信できるメッセージ数を定義する必要があります。この数値が定義されていない場合、サーバーはできるだけ頻繁に送信します。この結果、スパム業者として識別され、ISP によってブラックリストに登録されます。
  • 1 時間あたりのメッセージ件数:貴社のオンラインでのレピュテーションと一致させるよう、Adobe Campaign では貴社の IP が 1 時間あたりに送信できる電子メールの数を制御します。このシステムは電子メールの拒否やブラックリスト登録からあなたを守ります。

インバウンド電子メールとは?

サーバーの通信中にエラーを処理するために Adobe Campaign が使用するプロセスです。

インバウンド電子メールはどのように動作しますか?

エラーアドレスは、ISP によって送信されたバウンスを処理します。このプロセスでは、様々な SMTP エラーコードが分析され、正規表現に従い正しいアクションが適用されます。

例えば、ある電子メールアドレスには、ISP によって送信された« 550 User Unknown » というフィードバックがあります。このエラーコードは、Adobe Campaign のエラーアドレス(Return-Path アドレス)によって処理されます。次に、このエラーを正規表現と比較し、適切なルールが適用されます。この電子メールはハードバウンス(種類に一致)、次にユーザー不明(理由に一致)と見なされ、システムへの最初のループの後で隔離されます。

Adobe Campaign はそれをどのように管理していますか?

Adobe Campaign は、エラータイプと理由の間の共通点を使用してこのプロセスを管理します。

  • 不明なユーザー:アドレスは構文的には正しいが、存在しないアドレス。このエラーは、ハードバウンスとして分類され、最初のエラー内に隔離されます。
  • メールボックスが一杯です:最大容量に達したメールボックス。このエラーは、ユーザーがこのメールボックスをすでに使用していないことも示します。このエラーは、ソフトバウンスとして分類され、3 番目のエラー内に隔離され、30日後に削除されます。
  • 非アクティブなユーザー:過去 6 か月間ユーザーは非アクティブだったので、ISP によってメールボックスが無効化されました。このエラーは、ソフトバウンスとして分類され、3 番目のエラー内に隔離されます。
  • 無効なドメイン:電子メールアドレスのドメインが存在しません。このエラーは、ソフトバウンスとして分類され、3 番目のエラー内に隔離されます。
  • 拒否:ISP はその電子メールをユーザーに配信することを拒否しました。このエラーはソフトバウンスとして分類され、エラーが電子メールアドレスではなくIP またはドメインレピュテーションにリンクされているため、隔離されません。

注意:

Adobe Campaign Classic での配信失敗について詳しくは、このページを参照してください。

配信品質インスタンス

MX ルールおよびインバウンドルールの日々の更新は、クライアントインスタンス内の特定のワークフローによって管理されます。これは配信品質インスタンス所有者に接続されています。

この日次アップデートは、透明性のあるプロセスを通してインスタンスを最新の状態に保ちたいすべてのクライアントに対して実行されています。

MX ルールには 6 つのレベルのスループットがあります。これらのレベルは、主に強化プロセスで使用されます。

inbouce-email

カスタムモードは、独自の MX ルールを設定する高度なクライアントです。カスタムモードがアクティブになっている場合、同期がオフになっているので、クライアントは配信品質インスタンスによって更新されません。

バウンスの例

  • ユーザー不明(ハードバウンス):550 5.1.1...ユーザーが不明{mx003}
  • メールボックスがいっぱいです(ソフトバウンス):550 5.2.2 ユーザーの割り当て超過
  • 非アクティブなメールボックス(ソフトバウンス):550 5.7.1:受信者アドレスが拒否されました:非アクティブなメールボックス、6ヶ月以上有効でない
  • ドメインが無効(ソフトバウンス):「ourdan.com」の DNS クエリが失敗しました
  • 拒否されました(ソフトバウンス):受信した電子メールをバウンスします (rule 「Feedback_loop_Hotmail」ルールがこのバウンスに一致)
  • 到達できない(ソフトバウンス):421 4.16.55 [TS01] x.x.x.xからのメッセージは、過度のユーザーの苦情により一時的に延期されました