このドキュメントは、メソッドを実装するインスタンス変数を Adobe Campaign v6/v7 のワークフローへの適用実例を示しています。

この例において、インスタンス変数は母集団で適用される分割割合を動的に計算するのに使われます。

  1. ワークフローを作成し、開始アクティビティを追加します。

  2. JavaScript コードアクティビティを追加、配置し、インスタンス変数を定義します。

    例えば: instance.vars.segmentpercent = 10;

    js_ex1
  3. クエリーアクティビティを追加し、必要に応じてレシピエントをターゲットします。

  4. 分割アクティビティを追加し、移住してくる住民のランダムサンプルを実行するように設定します。サンプリングの比率は自由に選択できます。この例では50%に設定されています。

    このパーセンテージは、事前に定義されたインスタンス変数によって動的に更新されます。

    js_ex2
  5. スプリットアクティビティーの上級タブの初期化スクリプトセクションにおいて、JS 条件を定義します。JS 条件は、スプリットアクティビティからの最初のトランジションのランダムサンプルの割合を選択します。また、事前に作成されたインスタンス変数に従い設定された数値に更新されます。

    activity.transitions.extractOutput[0].limiter.percent = instance.vars.segmentpercent; 

    js_ex3
  6. 補足はスプリットアクティビティの個別トランジションで生成されたことを確保し、アウトバウンドトランジションのエンドアクティビティを追加します。

  7. ワークフローを保存し、実行します。動的サンプリングはインスタンス変数に従って適用されます。

    js_ex4

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー