Adobe Campaign のインスタンスで使用している、埋め込み Tomcat Web サーブレットの現在のバージョンを確認する方法について説明します。

はじめに

Adobe Campaign は、Apache Tomcat と呼ばれる埋め込み Web サーブレットを使用して、アプリケーションと外部インターフェイス(クライアントコンソール、トラッキング URL リンク、SOAP 呼び出しなど)との間の HTTP/HTTPS リクエストを処理します。外装 Adobe Campaign インスタンスへのリクエストを処理するために、外部 Web サーバー(通常は IIS か Apache)が、これよりも前に置かれていることがよくあります。

以下の手順に従って、オンプレミスの Campaign Classic のインスタンスで使用されている Tomcat の正確なバージョンを確認し、問題のトラブルシューティングに役立てます。  

説明

Tomcat は Java 上で実行され、Java JDK をインストールする必要があります。詳細については、「キャンペーン互換性マトリックスのドキュメント」 の「JavaVM」を参照してください。

Adobe Campaign で使用される Tomcat は、通常、Tomcat のすべての機能を使用しないカスタマイズされた埋め込みバージョンです。完全版の持つ脆弱性のすべてが影響を及ぼすとは限りません。Tomcat を外部のインターネットに直接公開するべきではありません。また、公開されているすべての Adobe Campaign インスタンスの外側には Webサーバーを置いてTomcat を保護する必要があります。

組み込みバージョンの Tomcat の新しいバージョンまたはアップグレードされたバージョンは、Adobe Campaign 自体の新しいビルドに付随してリリースされ、Adobe Campaign ビルドとは別個のパッチとしてはリリースされません。  

Adobe Campaign のインスタンスの埋め込み Tomcat のバージョンを確認する

注意:

埋め込まれた Tomcat のバージョンを確認するには、Adobe Campaign サーバー上のファイルにアクセスできる必要があります。以下に示す手順は、オンプレミスで運用しているものにのみ適用されます。

  1. Adobe Campaign インストールフォルダー内の \tomcat-7\lib サブフォルダーに移動します(例えば、Windowsの場合は C:\Program Files\[Installation_folder]、Linux の場合は /usr/local/neolane/nl6 )。

    Tomcat v6 を使用する古いバージョンの Adobe Campaign を実行している場合は、\tomcat-6\lib を使用します。

  2. catalina.jar ファイルを外部の一時フォルダー(例えば、デスクトップ)にコピーし、拡張子を .jar から .zip に変更します。

  3. コピーしたファイルを展開します。多くのサブフォルダーとファイルが生成されます。

  4. 展開したファイルおよびフォルダー内にある org/apache/catalina/util/ServerInfo.properties ファイルをテキストエディターで開きます。テキストエディターで開くには、.txt 拡張子を追加する必要がある場合があります。

  5. 完了したら、サーバーマシン上にある場合は、作成した一時ファイルを削除します。

例えば、Adobe Campaign の ServerInfo.properties ファイルには、Tomcat v8.5.X を示す次の情報が含まれています。

server.info=Apache Tomcat/8.5.X

server.number=8.5.X.Y

server.built=MM DD YYY HH:MM:SS

まとめ

特定のインスタンスで使用されている Tomcat のバージョンを正確に把握できれば、Tomcat に関連した問題のトラブルシューティングに役立ちます。  

注意:

埋め込まれた Tomcat のメジャーバージョンは、Adobe Campaign のメジャーバージョンが変更された場合にのみアップグレードされます(以前のバージョンのサポートが正式に終了した後でも、一部のお客様は引き続きこれらのバージョンを実行する可能性があり、これらの情報が有益となる場合があります)。

例えば、Adobe Campaign v6.02 は常に Tomcat v6.x を使用します。