Adobe Campaign のフォルダおよびアクセス権を管理するためのベストプラクティス。

概要については、プラットフォームの章にある「管理エレメント」の下にある「アクセス制御」のセクションを参照してください

標準ディレクトリを使用すると、プロジェクトに含まれていないサポート、パートナー、およびユーザーにおいてアプリケーションの維持が簡単になります。受信者、リスト、配信などのフォルダー構造は作成しないでください。

概要については、フォルダーおよびファイルへのアクセス権を設定する方法を参照してください。

 

標準ディレクトリを使用すると、プロジェクトに含まれていないサポート、パートナー、およびユーザーは、アプリケーションを簡単に維持できます。

受信者、リスト、配信などのフォルダ構造を作成しないでください。

概要については、フォルダーおよびファイルへのアクセス権を設定する方法を参照してください。

 

標準ディレクトリを使用すると、プロジェクトに含まれていないサポート、パートナー、およびユーザーは、アプリケーションを簡単に維持できます。

受信者、リスト、配信などのフォルダ構造を作成しないでください。

概要については、フォルダーおよびファイルへのアクセス権を設定する方法を参照してください。

 

標準ディレクトリを使用すると、プロジェクトに含まれていないサポート、パートナー、およびユーザーは、アプリケーションを簡単に維持できます。

受信者、リスト、配信などのフォルダ構造を作成しないでください。

注意:

管理、プロファイル&ターゲット、Campaign 管理などの標準フォルダーを使用します。

標準ディレクトリ下にテクニカルワークフローを配置します:管理/生産/テクニカルワークフロー。ワークフローの種類ごとに、それぞれのサブディレクトリを作成します。

注意:

テクニカルワークフローを頻度別に整理します。

925

例えば、次のようにしてください。集計/読み込み/書き出し実行の順番に分類表示されるように、ワークフローにアルファベット順に名前を付けます。

例:

       A1 – 読み込みの受信者、10:00から開始します。

       A2 – 読み込みのチケット、11:00から開始します。

注意:

ユーザーが開始するテンプレートの作成

配信テンプレート、ワークフローテンプレート、ユーザー固有の操作テンプレートを作成します。この構造によって時間が節約され、適切な配信マッピングと類型型が各ユーザーに使用されていることを確認することができます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー