実稼働環境にデータパッケージを導入する場合の注意事項

注意:

週末の前に常に導入しないでください。

事前又は休暇期間前にテストをせずに、直前週末にアップグレードしないでください。

注意:

ユーザーに導入する事を通知します。

  • アプリケーションの導入前と導入後にユーザーに通知します。
  • 可能であれば、プロダクションからデータを削除しないでください。
  • 演算子を無効にします。削除しないでください。
  • プロダクションに導入するに、パラメーターをコピするわけではなくて、データパッケージを使用します。
  • 変更をデプロイするたびに、同じデータパッケージを使用しないでください。必要な変更だけで仕様を作成する。
  • 開発から重要なパラメーターを読み込む前に、製品のパラメーターをバックアップする。

注意:

低活躍状態のデプロイプラン。

データ構造への変更をデプロイすると、データベース更新が生成される。これらの更新はテーブルのロックを引き起こし、且つ操作の問題も引き起こす。

注意:

2つの環境の間のビルドおよびバージョン番号を確認してください。

副作用を避けるには、パッケージがビルドされている環境が実稼働環境と同じバージョンおよびビルド番号を使用することを確保する。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー