このドキュメントでは、Campaign Classic の配信ログに公開 ID を追加するために必要なすべてのステップについて詳しく説明します。

はじめに

 このドキュメントでは、電子メールの送信元の IP アドレスを確認する方法を学びます。

注意:

この変更は、単一のインスタンスまたは Mid-sourcing インスタンスを使用している場合には異なります。修正を行う前に、あなたが電子メール送信インスタンスに接続していることを確認してください。

手順 1:スキーマを拡張する

配信ログに 公開 ID を追加するには、まずスキーマを拡張する必要があります。次のように進めます。

  1. 管理/構成/データスキーマ/新規と進み、スキーマ拡張を作成します。

    スキーマの拡張について詳しくは、このページを参照してください。

  2. broadLogRcp を選択して、受信者配信ログ(nms)を拡張し、そしてカスタムの名前空間を定義します。ここでは、cusにします。

    スキーマを拡張する

    注意:

    インスタンスが Mid-sourcing の場合は、broadLogMidス キーマを使用する必要があります。

  3. 拡張機能に新しいフィールドを追加します。このサンプルでは、以下を置き換える必要があります。

    <element img="nms:broadLog.png" label="Recipient delivery logs" 
    labelSingular="Recipient delivery log" name="broadLogRcp"/>

    以下のもので置き換える必要があります。

    <element img="nms:broadLog.png" label="Recipient delivery logs" 
    labelSingular="Recipient delivery log" name="broadLogRcp">
       <attribute desc="Outbound IP identifier" label="IP identifier" 
    name="publicId" type="long"/>
    </element>
    スキーマを編集

手順 2:データベース構造の更新

変更が完了したら、データベースの構造を更新して、論理的な説明と一致するようにする必要があります

これを実行するには、次の手順に従います。

  1. ツール/詳細設定/データベース構造を更新...をクリックします。

    データベース構造を更新する
  2. 以下のように、テーブルの編集 ウィンドウで NmsBroadLogRcp (または Mid-sourcing 環境にいる場合は broadLogMid)にチェックを入れます。

    テーブルの編集

    警告:

    NmsBroadLoGRcp テーブル(Mid-sourcing 環境にいる場合は broadLogMid テーブル)以外に変更がないことを毎回確認してください。その場合は、他のテーブルのチェックを外します。

  3. 検証するには、次へをクリックします。以下の画面が表示されます。

    スクリプトを更新する
  4. 次へから開始 をクリックしてデータベース構造の更新を開始します。インデックスの構築を開始します。NmsBroadLogRcpテーブルの行数によっては、このステップが長くなることがあります。

    データベースの更新を開始する

    注意:

    データベースの物理構造の更新が正常に完了したら、変更を有効にするため、接続を切断してから再度接続する必要があります。

手順 3:変更を検証する

すべてが正常に機能したことを確認するには、配信ログ画面を更新する必要があります。

これを行うには、配信ログにアクセスしてIP 識別子列を追加します。

リストの設定

注意:

Campaign Classic インターフェースでリストを設定する方法については、 このページを参照してください。

変更後に「配信」タブに表示される内容を以下に 示します。

IP 識別子