Campaign のバージョン 6.1.0 では、メッセージセンターのアーカイブ用の新しいモードを導入しました。Campaign は新しいモードに自動的にアップグレードされません。このドキュメントでは、Message Center で新しいアーカイブモードに切り替える方法について説明します。

はじめに

Message Center でメッセージをアーカイブするために、Adobe Campaign は実行インスタンスから実行データを収集し、すべてをコントロールインスタンスに戻します。Adobe Campaign はこの方法でメッセージをアーカイブするので、レポートの情報にアクセスできます。メッセージにアーカイブのマークが付けられた後、ワークフローはコントロールインスタンス(マーケティングインスタンス)で定期的に実行され、プロセスが完了します

以前は、任意の実行インスタンスのメッセージをアーカイブするために、ユーザーは一度に 7 つのワークフローを実行する必要がありました。

Build 8653 以降、ユーザーは実行インスタンスごとに 1 つのワークフローを実行できるようになりました。

注意:

  • 新しいモードにアップグレードするには、このページの方法に従って手動で切り替える必要があります。   
  • 古いモードまたは新しいモードのいずれかを使用できますが、両方を使用することはできません。  
  • アドビはすでに古いモードを更新していません。
  • すべての新しいインスタンスは新しいモードを使用します。  

新しいモードに切り替える方法

コントロールインスタンス(マーケティングインスタンス)

  1. 以下の 7 つの古いアーカイブワークフローを停止します。

    • synchLaunch
    • eventSynch
    • broadLogMsgSynch
    • broadLogSynch
    • trackingUrlSynch
    • trackingLogSynch
    • quarantineSynch

     

    how_to_switch_tothenewmessagecenterarchivingworkflows1page2image
  2. 実行インスタンスを示す各 Message Center 外部アカウントに対して、アーカイブするの下のアーカイブワークフローの作成ボタンをクリックして、新しいアーカイブワークフローを作成します。

  3. Message Center テクニカルワークフローフォルダーで、各実行インスタンスに対して 1 つのワークフローを作成して開始したことを確認します。

  4. 古いアーカイブワークフローをすべて削除します。

実行インスタンス

新しいモードに切り替えるために、実行インスタンスに対して何もする必要はありません。

コントロールと実行を兼ね備えたインスタンス

  1. 以下の 7 つの古いアーカイブワークフローを停止します。

    • synchLaunch
    • eventSynch
    • broadLogMsgSynch
    • broadLogSynch
    • trackingUrlSynch
    • trackingLogSynch
    • quarantineSynch
    how_to_switch_tothenewmessagecenterarchivingworkflows1page3image
  2. 展開ウィザードを開き、メッセージセンター/アーカイブワークフローの作成に移動して、アーカイブワークフローを作成します。

     

  3. Message Center テクニカルワークフローフォルダーに 「mcSynch_local」ワークフローを作成され開始したことを確認します。

  4. 古いアーカイブワークフローをすべて削除します。