Adobe Campaign Classic ドキュメントのすべての最新のアップデートについて説明します。

このページには、Adobe Campaign Classic の各リリースに関するすべての新機能およびドキュメントのアップデートが記載されています。

Adobe Campaign Classic リリースノートもご覧ください。

このリリースに含まれる新機能

コントロールパネル - 詳細
監査記録 - 詳細
セキュアな SMS メッセージング(TLS) - 詳細

このリリースでおこなわれた他のドキュメントのアップデート

新しいビルドアップグレード FAQ が作成されました。詳細
互換性マトリックスが更新されました。サポートされるデータベースシステムのリストが、Android/iOS バージョンおよび関連する SDK と共に更新されました。19.0 互換性マトリックスがアーカイブされました。
「Campaign Classic の機能の廃止と削除」ページが更新されました。詳細
インストールガイドにサーバー設定ファイルの説明が追加されました。詳細
ホストおよびハイブリッドモデルのインストールおよび設定手順を説明する節が追加されました。詳細
Campaign サーバーのアンインストール手順を説明する節が追加されました。詳細
セキュリティ配信品質および GDPR の入門ガイドが更新されました。
前処理ワークフローオプションの説明が更新され、製品の変更が反映されました。詳細
Experience Cloud Triggers のテクニカルノートが更新されました。詳細
エラーメッセージのリストが更新されました。詳細
トランザクションメッセージの SOAP 認証方法に関する詳細情報が追加されました。詳細
Apache 設定手順が更新されました。詳細
Campaign Standard および Classic のエンドポイントのリストを含む新しいページが追加されました。詳細
データパッケージのベストプラクティス記事が更新されました。詳細
オファーの管理に関するドキュメントが更新され、ベストプラクティスをリストする新しい節が追加されました。詳細
Adobe Campaign Classic のオファーカタログの使用に関する新しいナレッジベース記事が作成されました。詳細
サブワークフローアクティビティの節に使用例が追加されました。詳細
Campaign Classic オンプレミス/ホステッド機能のマトリックスのナレッジベース記事が更新され、電子メールのアーカイブに関する情報が追加されました。
Transactional Messaging のドキュメントが更新され、テンプレートの公開に関するメモが追加されました。詳細
未処理のバウンスメールの節が更新され、転送先アドレスおよびエラーフィールドのアドレスに関する詳細が追加されました。詳細
ワークフロー計画のベストプラクティスに関する新しい節が追加されました。詳細
Campaign オプションのリストに、XtkSecurity_Restrict_EditXML および NmsOperation_OperationMgtDebug の 2 つの新しいオプションが追加されました。詳細
Campaign Classic で使用可能な様々な外部アカウントとその設定方法に関する情報が追加されました。詳細
Analytics Data Connector の節が更新され、インターフェイスの変更が反映されるようになりました。詳細
請求レポートに関する情報が追加されました。詳細
共有オーディエンスの統合に関するドキュメントが更新されました。詳細
SMS コネクタのプロトコルと設定およびシーケンスの自動生成のテクニカルノートが更新されました。
テクニカルワークフローの節が更新されました。詳細
Campaign ドメイン名設定手順が改善および更新されました。詳細
Google Cloud Messaging(GCM)から Firebase Cloud Messaging(FCM)への Android アプリの移行手順が更新されました。詳細
Campaign ハードウェアのサイズ設定ガイドが更新されました。詳細
Teradata 外部アカウントのクエリバンドに関する情報が追加されました。詳細

ドキュメントのアップデート

Experience Cloud Triggers のテクニカルノートが更新されました。詳細
「コンテンツ承認」の表示はすべてのオファーが有効化または承認されているかどうかに関係なくコンテンツ承認プロセスが達成されたことを説明する注意書きが、オファーの承認に関する節に追加されました。詳細
管理/プラットフォーム/オプションノードのオプションを示す新しい節がインストールガイドに追加されました。詳細
メーリングリストを保護するためのシードアドレスの使用に関する情報が追加されました。詳細
配信を作成して送信するための重要な手順が新しい節に再編成されました。必要に応じて使用可能な様々なチャネルの参照も追加されました。詳細
電子メールのアーカイブ」節が移動および再編成され、明確な情報で改善されました。
  • 接続あたりの電子メール数パラメーターと BCC 送信 IP パラメーターに関するベストプラクティスが追加されました。詳細
  • 以前のビルド(Adobe Campaign 17.2 ビルド 8795 以前)で既に電子メールアーカイブを使用していた場合に新しい電子メールアーカイブシステム(BCC)にアップグレードする手順を更新しました。詳細
「ワークフローによる自動化」ガイドに、ユースケース「個別化されたアラートをオペレーターに送信する」が追加されました。詳細
「新しいバージョンへの移行」節が更新されました。Adobe Campaign v6.11 への移行は不可能になったので、ドキュメントでは、旧バージョンから Adobe Campaign Classic v7 に移行する手順のみを説明しています。詳細
「配信の一時的な失敗後の再試行」節が明確化されました。詳細
「電子メールコンテンツの定義」節に「デジタルコンテンツエディター」節へのリンクが追加されました。詳細
「トランザクションメッセージのアーキテクチャ」節が更新され、コントロールと実行インスタンスを同じマシンにインストールしてはいけないことを説明する警告が追加されました。詳細
「ワークフローの監視」節が更新され、ビルド 8700~8977(18.10)に関する注意書きが追加されました。これらのビルド用のワークフローヒートマップパッケージのインストール方法に関するテクニカルノートへのリンクも含まれています。詳細
ワークフローでエンリッチメントアクティビティを使用してカスタムデータフィールドを含む電子メールを送信する方法に関するユースケースが追加されました。詳細
機能に関するビデオがこちらに移動されました。
TeradataMySQL 5.7 に関する 2 つのテクニカルノートが追加されました。

このリリースに含まれる新機能

プッシュ通知の向上 - 詳細
SQL Management アクティビティ - 詳細
ワークフローの監視 - 詳細

このリリースでおこなわれた他のドキュメントのアップデート

Campaign Classic API は専用ページでご利用いただけます。jsapi.chm ファイルをお使いの場合は、新しいオンラインバージョンを参照してください。
互換性マトリックスが更新されました。詳細
「Campaign Classic の機能の廃止と削除」ページが更新されました。詳細
リリースノートおよびジュ依頼のリリースノートでは、取り消されたビルドに対する警告が追加されました。また、17.9、18.4 および 18.6 の累積ビルドも追加されました。
セキュリティ配信品質およびビルドアップグレードの入門ガイドも更新されました。
GDPR 入門ガイドが更新され、queryDef を使用してステータスのクエリや GDPR ファイルのダウンロードをおこなう方法に関する情報が追加されました。
離脱送信にオンザフライで電子メール添付ファイルを追加するトランザクションメッセージの使用例が追加されました。詳細
接続しきい値のトラブルシューティングセクションを更新しました。詳細
プロキシ接続の設定方法に関するセクションを追加しました。詳細
認証済み外部コマンドの制約に関するセクションを更新しました。詳細
SFTP の使用に関するトラブルシューティングセクションを追加しました。詳細
メッセージの送信ガイドの概要セクションが再構成されました。配信作成グローバルプロセスおよび様々な配信タイプに情報が追加されました。詳細
エラーメッセージのリストが更新されました。詳細
シードアドレスの使用方法に関するセクションを、メッセージの送信ガイドの概要の章へ移動しました。詳細
新しいワークフロー使用例「ワークフローの同時実行からのアップデートの管理」を追加しました。詳細
「受信ボックスレンダリング」が更新され、Litmus に関する情報や詳細な手順が追加されました。詳細
「SpamAssassin」セクションが改善されました。詳細
「頻度ルールによるマーケティング疲労の管理」セクションに使用例が追加されました。詳細
クロスチャネル配信ワークフローの作成方法を説明した新しい使用例が追加されました。詳細
「電子メールアーカイブ」セクションに推奨事項が追加されました。詳細
Adobe Campaign の最適な使用方法に、最低画面解像度に関する新しい推奨事項が追加されました。詳細
Experience Manager 統合ガイドが更新され、この統合の設定を明確にしました。詳細
グループタイプリストとリストタイプリストの違いに関する情報を追加しました。詳細
レポートエクストラクトを電子メール添付ファイルとして送信するためのコードを更新しました。詳細
過去 7 日間に電子メールを開かなかった受信者をフィルタリングするクエリの作成方法の例を追加しました。詳細
Adobe Experience Cloud 統合ガイドでのオーディエンスの共有を更新しました。詳細
一般的な質問ヘルプページに、Campaign で利用可能な言語、Web フォーム翻訳、および多言語電子メールに関する情報を追加しました。詳細
英語(米国)と英語(英国)の違いが専用セクションに一覧表示されるようになりました。詳細
一般的な質問ヘルプページが、エラーメッセージページとリンクされるようになりました。
「オープン」トラッキングモデルについての情報が追加されました。詳細
Web アプリケーションと Web フォームの最低解像度についての情報が追加されました。詳細
Campaign および Adobe Experience Cloud ソリューション統合ガイドが更新され、再構成されました。詳細
Web フォームにおけるテキスト変数の使用に関するセクションが追加されました。詳細
メッセージの URL トラッキングモデルの詳細が追加されました。詳細
インスタンス作成セクションが再構成されました。詳細
日本の携帯電話での電子メールの送信についてのドキュメントが、新しいセクションに追加されました。詳細
「パーソナライゼーションの最適化」セクションが更新され、情報が追加されました。詳細

このリリースに含まれる新機能

互換性マトリックスが更新されました。詳細
JSAPI ドキュメントが更新されました。詳細
機能の廃止と削除ページが更新されました。詳細

このリリースでおこなわれた他のドキュメントのアップデート

Campaign Classic ユーザーガイドは、名前が変更され、ナビゲーションをシンプル化し、ユーザーエクスペリエンスを強化し、情報およびセルフヘルプにアクセスできるようになりました。詳細
式エディターで使用可能な関数のリストが更新されました。詳細
セキュリティ入門ガイドが、PI を含むページを保護する方法に関する情報で更新されました。詳細
エラーメッセージのリストが更新されました。詳細
トラブルシューティングの節が IMS 統合ドキュメントに追加されました。詳細
ビルドアップグレード入門ガイドが更新されました。詳細
IP の親和性設定の節が更新されました。詳細
パフォーマンスとスループットのトラブルシューティングの節が追加されました。詳細
標準パーソナライゼーションブロックのリストの例が更新されました。詳細
配信エラーの理由のリストが更新されました。詳細
パッケージ定義の管理に関する新しい節が追加されました。詳細
Campaign の Adobe Analytics - Data コネクタの統合の節が変更され、再構成されました。詳細
詳細な手順ガイドおよびハウツービデオへのリンクが記載された新しいチュートリアルの節が追加されました。詳細
SMS コネクタのプロトコルと設定に関する新しいテクニカルノートが作成されました。詳細
配信に関するベストプラクティス入門ガイドが更新されました。詳細
Web API デプロイメントを使用した Microsoft Dynamics 365 アカウント設定が更新されました。詳細
Adobe Campaign Classic を Windows プラットフォームにインストールする手順が更新されました。詳細
Adobe Experience Cloud と Campaign Classic 間のオーディエンス共有期間が詳述されました。詳細
Campaign Classic のナレッジベース記事のリストが更新されました。詳細
パフォーマンス向上のためのベストプラクティスに関するテクニカルノートが利用できるようになりました。詳細
A/B テストのサンプルが更新されました。詳細
Campaign Classic の一般的な質問/FAQ ページが更新されました。詳細

このリリースに含まれる新機能

EU 一般データ保護規則(GDPR)。 詳細
アクティブプロファイル。 詳細
Android Push コネクターの機能強化。 詳細

このリリースでおこなわれた他のドキュメントのアップデート

リリースノートが改善されてユーザーエクスペリエンスが向上し、お客様のご要望に関連するパッチがすべて含まれるようになりました。詳細
Campaign Classic に関するよくある質問と回答のページが新しく追加されました。詳細
エラーメッセージのリストが更新されました。詳細
Experience Cloud Triggers のテクニカルノートが更新されました。詳細
従来の Campaign Classic バージョンにプライバシー(GDPR)パッケージをインストールしてデプロイする方法についてのテクニカルノートが追加されました。詳細
新しいシーケンス自動生成メカニズムについてのテクニカルノートが追加されました。詳細
JSAPI ドキュメントが更新されました。詳細
互換性マトリックスが更新されました。詳細
廃止される機能とバージョンの一覧を示すページが新しく用意されました。詳細
RDBMS に関する既知の制限事項やベストプラクティスがいくつか追加されました。詳細
SFTP の使用に関するベストプラクティスが紹介されています。詳細
テクニカルワークフローの一覧が更新されました。詳細
ナレッジベース記事(以前は「テクニカルノート」)の一覧が用意されるようになりました。詳細
How To ビデオが更新されました。
LINE パッケージ廃止後、LINE ドキュメントが更新されました。詳細
レポートの指標の計算に関するドキュメントが更新されました。詳細
Oracle とのタイムゾーンファイルの整合に関する情報が追加されました。詳細
「配信の監視」節が新しく追加され、配信失敗と強制隔離の管理に関する最新情報が紹介されています。詳細
「パーソナライゼーションブロック」節が再構成され、そのまますぐに使用できるパーソナライゼーションブロックに関する情報が新しく追加されました。詳細
「電子メールのアーカイブ」節が再構成され、config-.xml ファイルの設定に関する情報が新しく追加されました。詳細
Message Center(コントロール)のテクニカルワークフローに関する情報が更新されました。詳細
SMTP リレーを設定した場合のスループットの制限に関する情報が追加されました。詳細

ドキュメントのアップデート

Adobe Campaign Classic ドキュメントセットは、より使いやすくするために再構成されました。
Campaign の主要機能のヘルプ、操作方法、サンプルおよびビデオへのリンクを提供する新しいチュートリアルの節が追加されました。詳細
配信ステータスだけでなくエラーを監視し、それらの解決する方法を参照できる新しい節が追加されました。詳細
エラーメッセージのリストが更新されました。詳細
Experience Cloud Triggers のテクニカルノートが更新されました。詳細
Campaign Classic 移行ガイドが追加されました。詳細
Campaign 互換性マトリックスが更新されました。詳細
該当する場合に、設定およびインストールの手順で、適用されるホスティングモデルについて言及されるようになりました。詳細
新しいナレッジベース記事では、オンプレミス、ハイブリッドおよび Managed Services デプロイメントでの設定および機能の違いが強調されています。詳細
標準パッケージのインストール方法が追加されました。詳細
Audience Manager や People コアサービスとの統合の設定方法についての詳細が追加されました。詳細
インストールドキュメントが更新され、PostreSQL を使用する場合に、Campaign のインストールに pgcrypto が必要になったことについて記載されました。詳細

このリリースに含まれる新機能

ACS コネクタの機能拡張
SAP HANA コネクタ - 詳細
HiveSQL による Hadoop コネクタ - 詳細
LINE チャネル:メッセージングの機能強化 - 詳細

このリリースでおこなわれた他のドキュメントのアップデート

新しいクエリサンプルが追加されました。詳細
配信のベストプラクティスガイドが更新されました。詳細
A/B テストのサンプルが更新され、不足していた指示が追加されました。詳細
How To ビデオが更新されました。詳細
E メールのアーカイブの節が更新されました。詳細
ワークフローのスケジューラーの使用方法を明確にしました。詳細
一時停止されたワークフローのベストプラクティスが追加されました。詳細
ワークフローでのデータのインポート時のファイルの前処理およびエクスポート時の後処理に関する手順が新しくなりました。こちらこちらを参照してください。
SMS メッセージの強制隔離の仕組みのドキュメントが更新され、拡張された汎用 SMPP コネクタのエラー管理の特異性を反映しました。詳細
モバイルアプリチャネルのドキュメントが強化され、Android のリッチ通知の送信に関する詳細な手順が追加されました。詳細
受信ボックスレンダリングのドキュメントが更新されました。詳細
Web トラッキングの設定のドキュメントが強化され、例とメモが更新されました。詳細
SMS チャネルのドキュメントが更新され、拡張された汎用 SMPP コネクタに適用される自動返信の節を明確にしました。詳細
ソーシャルマーケティングのドキュメントが更新されました。詳細
IP ウォーミングに関する新しいテクニカルノートが追加されました。詳細
ビルドのアップグレードに伴い、新しい入門ガイドが追加されました。詳細

ドキュメントのアップデート

新しい入門ガイドを利用可能:作成およびターゲティングから送信および監視まで、Adobe Campaign を使用して配信するのに使用できる、いくつかのベストプラクティスが提示されています。詳細
セキュリティ入門ガイドが更新されました。詳細
いくつかのビデオが追加および更新されました。詳細
データベースを更新することなく、外部ファイルから読み込まれた受信者に配信を送信する方法を説明します。詳細
ダブルオプトインの例が更新されました。詳細

ドキュメントのアップデート

配信品質:入門ガイドが更新されました。配信品質ドキュメントに、より詳細な概要実装プロセスおよび主要な手順の説明が追加されました。
「ウェーブを使用した送信」の節が移動され、詳細な例、推奨および使用事例で強化されました。詳細
SMS メッセージに特有のエラーを説明する表が「強制隔離の管理」節に追加されました。詳細
ワークフロー:新しいマルチチャネルワークフローの例が追加されました。詳細
Experience Cloud Triggers:Adobe Campaign での設定および使用方法に関するテクニカルノートが追加されました。詳細
ワークフローガイドが再編され、拡張されました。ワークフローの構築および実行方法、データのターゲティングおよび管理方法、データのインポート方法、データベースを更新したり配信を送信したりするためのワークフローデータの使用方法が簡単に見つかります。
インポートのベストプラクティスに従ったインポートワークフロー構築の例を参照できるようになりました。
インストールガイドがこの新しいバージョン用に更新されました。詳細
互換性マトリックスが更新されました。詳細
E メール配信にクーポンを含めて、受信者に付加価値を提供できます。詳細

このリリースに含まれる新機能

ACS コネクタ
Microsoft Dynamics 用 Web API。 詳細
BCC による E メールのアーカイブ手法。 詳細
Amazon Simple Storage Service(S3)コネクタ。詳細

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー