コースモジュール、インスタンスおよび学習プログラムの作成

警告:

Captivate Prime 学習プログラムの名称が、学習パスに変更となります。 この変更は 2021 年 10 月のリリースから適用され、学習パスの用語がすべての役割に反映されます。

この文書には、「管理者」役割用のコースモジュール、インスタンス、コースを作成するためのヘルプ情報が記載されています。

コースは作成者によって作成されます。学習者はコースを受講することができます。管理者は、コースの受講状況に基づいて学習者の成績を追跡できます。

概要

コースは作成者によって作成されます。学習者は、コースを受講することができます。管理者は、コースの受講状況に基づいて、学習者の成績を追跡することができます。管理者は、作成者が作成したコースを表示したり、ここで説明するいくつかのアクティビティを実行したりすることができます。また、学習者向けに事前定義された一連のコースを使用して、独自の学習プログラムを作成することができます。

コースのインスタンスの作成

作成者がコースを作成した後、そのコースのインスタンスを作成することができます。 コースのインスタンスを作成すると、学習者に対して同じコースを異なる期間で提供できるようになります。 学習者は、任意のインスタンスを選択して登録することができます。 各インスタンスを構成し、独自のバッジやフィードバックなどを設定することができます。

インスタンスを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. 管理者 Web アプリケーションの左側のペインで、「コース」をクリックします。

  2. コースリストで目的のコースを選択し、「コースを表示」をクリックします。

    コースを表示

  3. インスタンスを作成するには、左側のペインで「インスタンス」をクリックします。 各コースには、デフォルトでインスタンスが設定されています。 このデフォルトのインスタンスは変更することも、別のインスタンスを追加することもできます。 ただし、このデフォルトのインスタンスを削除することはできません。

  4. インスタンスを作成するには、コース情報の右上隅に表示されている「新しいインスタンスを追加」をクリックします。コースの新しいインスタンスが表示されます。

  5. インスタンスのプロパティを入力します。

    a.      「インスタンス名」フィールドで、コースに関連付けるインスタンスの名前を入力します。 その際、一意のインスタンス名を入力してください。

    b.      インスタンスの完了期日を指定します。 学習者は、この日までにコースを完了する必要があります。

    c.      「その他のオプションを表示」をクリックして、その他の期日オプションを表示します。

    d.     登録期日:これは、自己登録を行う場合の期日です。学習者はこの日までに、学習目標の登録を済ませておく必要があります。

    e.     登録解除期日:登録解除期日を設定することにより、学習者自身による登録解除を制限することができます。

    注意:

    管理者は、要件に基づいて、コースまたは学習プログラムの完了期日を設定することができます。ただし、教室またはバーチャルクラスルームをベースとしたトレーニングの場合は、完了期日を 1 つだけ設定することをお勧めします。

    インスタンスの作成

インスタンスプロパティの表示

インスタンスのプロパティ

  1. モジュール:コースの作成者が作成したモジュールの数。
  2. 登録済み学習者:管理者によって登録された学習者の数。
  3. セッション:コース内のバーチャルクラスルームモジュールと教室モジュールの数。
  4. 有効なフィードバック:このコースに対して、L1、L2、L3 のどのフィードバックが有効になっているかが表示されます。

インスタンスの廃止

インスタンスを廃止するには、以下の手順を実行します。

  1. インスタンス上でドロップダウンメニューをクリックし、「インスタンスを廃止」オプションを選択します。

    インスタンスを廃止

  2. 廃止されたすべてのインスタンスを検索するには、「インスタンス」ページの「撤回済み」タブをクリックします。

インスタンスの復元

廃止されたインスタンスを元の状態に戻すには、以下の手順を実行します。

  1. インスタンス上でドロップダウンメニューをクリックし、「インスタンスを再度開く」オプションを選択します。

    インスタンスを再度開く

  2. これで、インスタンスが元のアクティブな状態に戻ります。

エスカレーションレベルの設定

電子メール通知を送信する場合、管理者は次のエスカレーションレベルを明示的に選択する必要があります。

  • マネージャー
  • マネージャーとスキップレベルマネージャー
エスカレーション通知の設定
エスカレーション通知の設定

コースのモデレート

作成者が、モジュールの追加、更新、削除を行ってコースを再パブリッシュするたびに、すべての管理者に通知が送信されます。管理者は、リンクをクリックしてコンテンツの変更内容を表示し、新しいコンテンツと古いコンテンツを比較することができます。また、その変更内容の承認と拒否を行うこともできます。

コースのモデレート機能を有効にするには、「設定/一般」をクリックし、「コースのモデレート」チェックボックスを選択します。

コースのモデレート

この通知をクリックすると、作成者がコースに対して行った変更内容が表示されます。管理者は、この変更内容の承認または拒否を行う必要があります。変更内容を承認すると、コースが再パブリシュされます。変更内容を拒否すると、現在のバージョンのコースが引き続き使用されます。いずれの場合も、作成者に通知が送信されます。

作成者に送信される通知

複数の作成者が同じコースを同時に変更している場合、最後に実行された変更操作が、管理者用の通知に表示されます。管理者は、この変更内容を承認することも拒否することもできます。

L1 フィードバックと L3 フィードバックの追加

コースを作成する際に、L1 と L3 のフィードバックオプションを追加することができます。

  1. 管理者としてログインし、左側のペインで「コース」をクリックします。右側のページにすべてのコースが一覧表示されます。
  2. L1 フィードバックまたは L3 フィードバックを追加するコースタイルをクリックします。
  3. 左側のペインで「インスタンスのデフォルト」をクリックします。
  4. L1 フィードバックまたは L3 フィードバックの近くに表示されている切り替えボタンの白丸部分をクリックして、フィードバックを有効にします。
  5. L3 の質問の下にあるテキスト領域で、L3 フィードバックの質問を追加します。

必須の L1 フィードバック

L1 フィードバックでは、すべての質問または最初の質問を必須にすることができます。 

すべての質問を必須にする
すべての質問を必須にする

これで、必須にする質問を作成できます。

必須の質問の作成
必須の質問の作成

何らかの理由で 2 つの必須の質問にテキストがない場合、質問はフィードバックフォームに表示されません。

注意:学習プログラムインスタンスでこれらの設定を有効にするだけでは不十分です。 学習プログラムの各コースのコースインスタンスレベルでもこれらの設定を有効にする必要があります。

「インスタンスのデフォルト」ページで、「すべての質問を必須にします」を有効にした場合、それ以降に作成されるすべての新しいインスタンスはこれらの設定を継承します。

インスタンスのデフォルト:すべての質問を必須にします
インスタンスのデフォルト:すべての質問を必須にします

コースレベルでの L1 フィードバック

Captivate Prime の以前のバージョンでは、管理者は学習プログラムで L1 フィードバックを有効にできました。

このリリースの Captivate Prime では、管理者は学習プログラムに含まれるすべてのコースに対して L1 フィードバックを送信できます。 管理者は、すべてのコースに対する L1 フィードバックがコースインスタンスレベルで有効になっていることを確認する必要があります。

  1. 各コースで L1 フィードバックを有効にするには、管理者アプリで、学習プログラム/学習プログラムを表示をクリックします。

  2. インスタンス/L1 フィードバックを有効にするをクリックします。 

  3. 「各コースを有効化」オプションを有効にします。

    コースの L1 フィードバックの有効化
    コースの L1 フィードバックの有効化

    学習プログラムレベルでこの切り替えを有効にしただけでは、このプログラム内のコースに対する L1 フィードバックはトリガーされません。 L1 フィードバックを有効にするには、学習プログラムの各コースに移動し、L1 フィードバックの切り替えを有効にします。 

    L1 リアクションフィードバック
    L1 リアクションフィードバック

    すべてのコースで L1 フィードバックが有効になっていても、学習プログラムインスタンスで無効になっている場合は、コースに対する L1 フィードバックはトリガーされません。

言語別クイズレポート

クイズレポートは、学習プログラムまたはコースの完了後に、学習者のパフォーマンスを評価するのに役立ちます。 

Captivate Prime では現在、13 のインターフェイス言語および 32 のコンテンツ言語で学習できるようになっています。 こうしたオプションは、グローバルに学習者をサポートする、学習者に有用で便利な機能ですが、管理者にとっては様々なロケールで試行されたレポートを取得するという複雑な仕事が関係します。

複数の言語でコースを提供している場合、クイズレポートのデータを様々な言語で表示できます。 これまでは、管理者が生成したレポートには、クイズの対象言語に関係なく、回答がリスト形式で書き出されていました。 例えば、ユーザーがオランダ語でクイズを受けた場合、管理者はオランダ語のユーザーが受けたクイズレポートのみを一度に表示できるようになりました。 インターフェイス言語として英語を選択した管理者は、テストが試行されたロケールに関係なく、すべてのユーザーのレポートを一度に表示することはできませんでした。

しかし、この問題は修正されました。管理者は、選択したコンテンツのロケールに関係なく、学習者が試行した各言語で、すべてのレポートを一度に表示できるようになりました。 様々な言語で試行されたクイズは、クイズレポートに追加列として表示されます。

アカウントレベルの L1 フィードバックの有効化

管理者は、アカウントレベルでこの設定をオンにすることで、新しく作成したコースと学習プログラムに対する L1 フィードバックを有効にできます。 ただし、この設定をオンにしても、既存のコースおよび学習プログラムには影響しません。

有効にすると、すべての新しいトレーニングと新しいインスタンスで、フィードバックがデフォルトで有効になります。 作成者または管理者がこのインスタンスにアクセスした場合は、インスタンスはデフォルトになるため、手動でオフに切り替えるとそれが反映されます。

L1 フィードバックを有効にするには、管理アプリで、設定/フィードバックをクリックします。

L1 フィードバック設定
L1 フィードバック設定

画面右上隅の「編集」をクリックし、L1 フィードバックを有効にするオプションを切り替えます。

作成者がコースを作成すると、管理アプリの「インスタンス」ページで、新しいコースに対して L1 フィードバックが自動的に有効になります

L1 フィードバックを有効にする
L1 フィードバックを有効にする

次に示すように、「有効にする」オプションを切り替えて、L1 フィードバックを無効にすることもできます:

L1 フィードバックの無効化
L1 フィードバックの無効化

L1 フィードバックと L3 フィードバックの記述的な質問を追加する

11 月にリリースされた Captivate Prime には、記述的な質問を追加するためのオプションが導入されています。管理者はこのオプションを使用して、学習者に対する記述的な質問を追加することができます。これらの質問は、Captivate Prime に付属する一連のデフォルトの質問に追加されます。必要な場合は、質問の下に表示されているオプションを選択して、記述的な質問を必須の質問にすることができます。 

L1 フィードバックには 2 つの記述的な質問を追加し、L3 フィードバックには 1 つの記述的な質問を追加できます。 

L1 フィードバックを有効にすると、以下のようなオプションが表示されます。 

フィードバック

適切なオプションをセンタkうすることにより、コースの完了後すぐに学習者向けのアンケートを表示することができます。

以下の画面は、L1 アンケートのサンプル出力を示しています。このような形式で、学習者に対してアンケートが表示されます。この画面の最後に表示されている項目番号 7 と 8 の質問が、記述的な質問になります。 

L1 の出力

L3 フィードバックを有効にすると、以下のようなオプションが表示されます。 

L3 フィードバック

この画面に表示されている「質問 2」は、L3 フィードバック用の記述的な質問です。この質問の下に表示されているオプションをクリックすると、この質問を必須の質問にすることができます。 

以下の画面は、L3 アンケートのサンプル出力を示しています。このような形式で、学習者に対してアンケートが表示されます。 

L3 の出力

L1 フィードバックと L3 フィードバックのアンケートを作成する

L1 フィードバックと L3 フィードバックのアンケートを作成し、アカウントレベルでリマインダーを設定することができます。 

  1. 管理者としてログインし、左側のペインで「設定フィードバック」をクリックします。
    フィードバックの設定ページが表示されます。このページには、「L1 フィードバック」タブと「L3 フィードバック」タブがあります。
    L1 フィードバック」タブには、教室コースとセルフペースコースで使用する、L1 フィードバックのデフォルトアンケートのリストと、リマインダー設定が表示されます。「L3 フィードバック」タブには、L3 フードバックのデフォルトのステートメントとリマインダー設定が表示されます。

  2. 既存のアンケートを変更する場合は、ページの右上隅に表示されている「編集」をクリックします。
    L1 フィードバック」タブの「はい」」ボタンと「いいえ」ボタンをクリックすると、各質問の有効と無効を切り替えることができます。
    L3 フィードバック」タブで、デフォルトのフィードバックステートメントを編集することができます。
    ページ下部の「新しいリマインダーを追加」をクリックして、リマインダーを送信するタイミングを選択します。

  3. ページの右上隅に表示されている「保存」をクリックします。

「L1 フィードバック」タブでは、2 つのアンケートセットとデフォルトの質問を表示することができます。最初のアンケートセットはセルフペースコース用のアンケートですが、アクティビティベースのコースで使用することもできます。2 つめのアンケートセットは、教室コースとバーチャルクラスルームコースで使用することができます。

チェックリストデータの書き出し

コースのリストから、チェックリストを含むコースを開きます。 左ペインに、「チェックリスト」オプションが表示されます。

「コース」ページの「チェックリスト」オプション
「コース」ページの「チェックリスト」オプション

オプションをクリックし、コースページで次の操作を行います。

  1. インスタンスとモジュールを選択します。
  2. 「アクション/書き出し」の順にクリックし、学習者のチェックリストレポートを書き出します。

インストラクターは「チェックリスト」ページの「アクション」ドロップダウンリストから、チェックリストレポートを書き出すことができます。

CSV レポートには、次のフィールドが含まれています。

  • ユーザー名
  • ユーザーのメールアドレス
  • 管理者の名前とメールアドレス
  • トレーニング名
  • トレーニングインスタンス
  • インストラクターの名前とメールアドレス
  • 提出日
  • 評価ステータス
  • 質問と実際のテキスト
  • ユーザーのステータス
  • プロファイル
  • アクティブなフィールド

ステータスフィルターを選択した後でレポートをダウンロードすると、ダウンロードされた学習者のトランスクリプトレポートには、適用されたステータスフィルターに基づいた学習者のデータが含まれます。 この追加されたフィルターを使用した、学習者のトランスクリプトの生成は、カスタム管理者やマネージャーにも表示されます。

コースの表示

管理者は、利用可能なすべてのコースを一覧表示することができます。左側のペインで「コース」をクリックすると、コースの一覧、検索オプション、フィルターオプションが表示されます。  また、各コースの有効性を示すパーセンテージが、コースのサムネイルに表示されます。


学習者が特定のコースを完了したら、そのコースを廃止してかまいません。また、特定のコースを公開したままの状態にすることもできます。廃止できるのは、状況が「公開済み」になっているコースのみです。「撤回済み」タブをクリックすると、廃止されたすべてのコースが一覧表示されます。

クイズのスコアを表示する

  1. コースサムネイルのコース名をクリックします。
  2. 左側のペインで「クイズスコア」をクリックします。

ユーザー名または各質問に基づいて、特定のコースのクイズスコアを表示できます。 それに応じて「ユーザー別」または「質問別」タブを選択します。

ドロップダウンリストからインスタンスの種類を選択すると、コースの各インスタンスに基づいてスコアが表示されます。

コースの学習者リストを管理する

  1. コースサムネイルのコース名をクリックします。
  2. 左ペインで、「学習者」をクリックします。
コースの学習者を管理する
コースの学習者を管理する

「学習者」ページから次の操作を実行できます。

  • 削除する学習者を選択し、「アクション/削除」をクリックします。
  • 出席をマークする学習者を選択し、「アクション/完了をマーク」をクリックします。

学習者がモジュールをリセットして、モジュールを再び使用できるようにするには、「リセット」をクリックします。 ポップアップダイアログボックスで、「はい」をクリックしてリセットを確定します。 完了したモジュールは、リセットできません。 失敗したモジュールまたは不完全なモジュールだけをリセットできます。

また、学習者リストを Excel シートに書き出すこともできます。 学習者リストを書き出すには、「アクション/書き出し」をクリックします。


コースに複数のインスタンスがある場合、Excel リストの学習者リストは各タブに分かれて書き出されます。学習者リストは、学習者の名前、ステータスおよび選択基準で構成されています。 学習者のステータスは未開始進行中、または完了済みです。

学習者の出席の書き出し

教室および VC コースの場合は、このコースに出席した学習者のリストをダウンロードできます。

コースの詳細ページで、右ペインにある「出席とスコア付け」をクリックします。

ページの右上隅にある「アクション」ドロップダウンリストをクリックします。 次に、オプション「学習者リスト(PDF)を書き出し」をクリックします。

学習者のリストの書き出し
学習者のリストの書き出し

PDF 上では、インストラクタと同じ学習者のセットを表示することができます。

PDF をダウンロードすると、コース作成時に使用されたタイムゾーン(UTC)が表示されます。

承認待ち状態の学習者の書き出し

管理者、マネージャーまたはカスタム管理者は、承認待ちの登録状態にある学習者のデータを書き出せます。 コース/「学習者」タブを使用してデータを書き出して「アクション」ドロップダウンリストをクリックします。

このオプションは、マネージャーにより承認済みのコースに、どの学習者も登録/承認待ち状態ではない場合に表示され、空のレポートが生成されます。 また、学習者が承認待ち状態、登録状態、保留中状態および未登録状態の場合に書き出すこともできます。

承認待ちのユーザーの場合、このレポートには、アクティブユーザー、削除されたユーザーおよび停止されたユーザーのデータが含まれます。 また、レポートには、承認待ち状態にある社内ユーザーと社外ユーザーのデータも含まれます。

承認待ち状態であった学習者が登録を取り消した場合、その記録はレポートに表示されません。 また、承認待ち状態であった学習者が、管理者/マネージャー/カスタム管理者の登録によってコースに登録された場合、その記録はレポートに表示されます。

L1 と L3 のフィードバックを表示する

管理者は、コースを完了した学習者が入力した L1 フィードバックと、マネージャーが学習者用に入力した L3 フィードバックを表示することができます。

  1. コースリストの任意のコースタイルをクリックします。
  2. 受信したフィードバックを表示するには、左側のペインで「L1 フィードバック」または「L3 フィードバック」をクリックします。
  3. ドロップダウンリストからインスタンスを選択して、その特定のインスタンスのフィードバックを表示します。

コースをプレビューする

管理者は、コースモジュールの表示中に「学習者としてプレビュー」オプションをクリックすることにより、コースのプレビューを表示することができます。

  1. 管理者としてログインし、左側のペインで「コース」をクリックします。
  2. ページのコースリストから任意のコースタイルをクリックします。
  3. 左ペインから「学習者としてプレビュー」をクリックし、ページ上のモジュール名をクリックして、プレーヤーでコースモジュールをプレビューします。

コースの有効性

コースの有効性とは、学習者の観点からコースの有用性を理解するための指標です。有効性の算出では、コース内容に関する学習者からのフィードバック、学習者のコースのクイズ結果、および(コースでの学習成果に基づいて学習者を評価する)マネージャーからのフィードバックが組み合わされています。

以下のスナップショットのように、コースの有効性を示すパーセンテージがコースのサムネイルに表示されます。このスナップショットでは、コースの評価スコアが 100 になっています。

コースの有効性評価値は、L1、L2、L3 のフィードバック値を考慮して算出されます。 各フィードバックの内訳を表示するには、コースの有効性の値をクリックします。 下の図のようにポップアップが表示されます。

このサンプルスナップショットでは、全 1 人のうち 1 人のユーザーが 3 つのフィードバックをすべて受信したため、スコアは 100/100 です。 この表から、3 つのフィードバック(L1、L2、L3)のいずれかがコースに提供されない場合には、全体的な有効性に悪影響が及ぶことが理解できます。 ポップアップの右下隅にある下矢印をクリックすることで、コースの有効性の計算方法を確認できます。

上記の円グラフが示すように、マネージャーからの L3 フィードバックにはより多くの重みが与えられます。

コースと学習プログラムの検索

Adobe Captivate Prime を使用すると、選択したコースや学習プログラムを簡単に見つけることができます。以下の 2 つの方法でコースを検索することができます。

  1. 検索フィールドを使用します。右上隅に表示されている検索アイコンをクリックします。検索フィールドが表示されます。コース名またはコースに関連するキーワードを入力して、コース/学習プログラムを見つけてください。また、Captivate、C、Java および HTML などの定義済みのタグを使用して検索することもできます。タグは、検索フィールド内で検索できます。つまり、入力するとタグが検索フィールドに表示されます。
  2. フィルターを使用して、一覧表示するコースと学習プログラムを絞り込みます。コースの状態(「すべて」、「公開済み」、「撤回済み」など)に基づいて、コースをフィルタリングすることができます。管理者モードの場合、草稿フィルターは表示されません。

「コンピテンシー」をクリックして選択すると、コンピテンシーに基づいて検索できます。管理者は、4 つの方法でコースを分類することができます。これにより、目的のコースを簡単に探すことができます。「並べ替え条件」をクリックして、アルファベット昇順、アルファベット降順、コース更新日、コースの有効性を選択します:

学習プログラムは、アルファベットの昇順、アルファベットの降順、更新日の 3 通りの方法に基づいてソートできます:

学習者の登録

注意:

管理者は、ここで説明する手順を実行して、コース、学習プログラム、認定資格に学習者を登録することができます。マネージャーについても、ここで説明する手順を実行して、自分が管理している学習者を登録することができます。

管理者は、組織の要件に従い、特定の学習者を必須コースに登録することができます。

  1. パブリッシュされたコースタイルにマウスを乗せ、「学習者を登録」をクリックします。
    または、公開されているコースタイルをクリックし、左ペインの学習者をクリックします。 学習者のリストのページが表示されます。 「登録」をクリックします。
    学習者の登録ダイアログが表示されます。
  2. インスタンス選択ドロップダウンで、目的のインスタンスを選択します。このドロップダウンには、すべてのインスタンス(アクティブなインスタンス、 廃止されたインスタンス、期限切れのインスタンス)が一覧表示されます。


管理者は、学習者ページのドロップダウン矢印をクリックして「アクション/削除」の順に選択することにより、登録されている学習者を削除することができます。

学習者を登録
学習者を登録

ユーザー

電子メール ID または名前を使用して、含めたいユーザーグループと個々の学習者を選択します。次に、同じセットの共通部分にすべてのユーザーグループを追加します。別のユーザーグループを追加する場合は、新しい包含セットを使用します。

電子メール ID または名前を使用して、除外したいユーザーグループと個々の学習者を選択します。次に、同じセットの共通部分にすべてのユーザーグループを追加します。別のユーザーグループを除外する場合は、新しいセットを使用します。

ユーザーの電子メール ID

登録したい学習者の電子メール ID をコピーして貼り付け、コンマ、セミコロン、または改行で各 ID を区切ります。電子メール ID の形式が正しいかどうかを確認する場合は、「電子メール ID を検証」オプションを使用します。正しくない ID は、すべて赤で表示されます。正しくない ID がある場合は、その ID を削除または修正してから、「続行」をクリックしてください。

ユーザーの電子メール ID
ユーザーの電子メール ID

概要ダイアログボックスが表示されます。このダイアログボックスには、包含セット内のユーザー数、除外セット内のユーザー数、コースインスタンスに既に登録されているユーザー数が表示されます。

学習者の登録時にコメントを追加する

概要ダイアログボックス
概要ダイアログボックス

管理者とマネージャーは、学習者をコースに登録する際に、コメントを追加することができます。 また、登録する学習者グループに関する追加情報を追加することもできます。 この情報は、コースレポート内に書き出されます。

コメントは、学習者には表示されません

コメントが追加されている場合、管理者が学習者のコースレポートを生成すると、レポート内にそのコメントが表示されます。 概要ダイアログボックスが表示されます。このダイアログボックスには、包含セット内のユーザー数、除外セット内のユーザー数、コースインスタンスに既に登録されているユーザー数が表示されます。

学習者を登録ダイアログで「詳細オプションを展開し、 「追加のコメント」フィールドにコメントを入力します。 

学習者に対するコメント
学習者に対するコメント

登録済みユーザーの検索

登録済みユーザーは、「学習目標」の「学習者」セクションで先行入力検索を使用して検索できます。先行入力検索では、名前、電子メール ID、uuid を使用して、登録済みユーザーを効率的に検索できます。

登録済みユーザーの検索

このような検索はオートコンプリート、インクリメンタル検索、入力と同時に検索、インライン検索、クイック検索とも呼ばれます。

検索フィールドで学習者またはユーザーグループの入力を開始すると、検索語句に一致する用語がすぐに表示されます。

このプロセスは何度も続けて検索を行う場合に比べて、検索の速度と効率性を大幅に向上できます。

検索後、すべてのインスタンスの学習者またはユーザーグループが表示されます。学習者が登録されているインスタンスが学習者ごとに「インスタンス」列に表示されます。

検索結果
検索結果

先行入力検索では以下の操作を行うことができます。

  • インスタンスに関係なく登録済みユーザーをすべて表示できます。
  • 1 人以上登録済みユーザーが存在するすべてのユーザーグループを表示できます。
注意:

検索を実行した後、インスタンス別に学習者をフィルタリングすることはできません。「インスタンスを選択」ドロップダウンリストでインスタンスを選択するオプションは無効になっています。

また、検索結果を使用して学習者やユーザーグループを選択し、以下の操作を実行できます。

  • 登録解除
  • 完了のマーク
  • モジュールをリセット
注意:

検索の実行中、コースまたは学習プログラムに対して、「アクション」ドロップダウンリストの登録解除/一括オプションを使用することはできません。

登録処理と完了処理を行うための QR コードを学習者と共有する

Adobe Captivate Prime の管理者は、QR コードを学習者と共有することにより、コースの登録を素早く行うことができます。3 つの異なる QR コードを使用して、「登録」、「完了」、「登録と完了」というマークがコースに付加されます。

学習者は、Adobe Captivate Prime デバイスアプリケーションを使用して各 QR コードをスキャンするのみで済みます。

QR コードをダウンロードするには、以下の手順を実行します

  1. 左側のナビゲーションパネルの「学習」セクションで「コース」をクリックします。

  2. 目的のコースを選択して「コースを表示」をクリックします。

  3. インスタンス/その他/QR コード」の順にクリックします。

    その他のオプション
    その他のオプション

  4. QR コードを有効にして、「登録」、「完了」、「登録と完了」ダウンロードアイコンをクリックし、それぞれの処理を実行するための QR コードが含まれている PDF をダウンロードします。管理者は、この QR コードを学習者と共有することができます。

    「登録」処理、「完了」処理、「登録と完了」処理を実行するための QR コード
    「登録」処理、「完了」処理、「登録と完了」処理を実行するための QR コード

コースのライフサイクル

一般的なコースのライフサイクルは次のように変化します。

草案:作成者がコースの作成と保存を完了した段階です。この段階では、学習者はまだコースを利用できません。この段階では、コースを削除することができます。

公開済み:作成者がコースを公開した段階です。この段階では、学習者はコースに登録することができます。

撤回済み:管理者は、公開されているコースを「撤回済み」の状態に移行することができます。この状態のコースは、学習者用のコースカタログには表示されません。「撤回済み」状態のコースは、再パブリッシュすることも削除することもできます。

削除済み:Adobe Captivate Prime アプリケーションからコースを完全に削除すると、そのコースは「削除済み」の状態になります。作成者がコースを削除できるのは、コースが草案段階にある場合に限られます。管理者は、「撤回済み」状態のコースも削除することができます。 

通知設定

管理者は、通知設定の調整を行うことができます。詳細については、「通知」を参照してください。

よくある質問

1. 管理者としてモジュールをリセットするにはどうすればよいですか?

コースの「学習者」ページで、学習者やグループを選択し、アクション/モジュールをリセットをクリックします。

モジュールをリセットするオプション
モジュールをリセットするオプション

このオプションをクリックすると、選択した学習者すべてのモジュールのステータスがリセットされます。 完了したモジュールはリセットされません。

2. 学習者がコースに直接リダイレクトされるように、コースの URL を追加するにはどうすればよいですか?

コースカードの上にマウスを置き、URL をコピーをクリックします。 URL をコピーすると、学習者は URL を使用してコースに直接アクセスできます。

3. インスタンスを再び開くにはどうすればよいですか?

廃止されたインスタンスを再び開くには、インスタンスのドロップダウンメニューをクリックし、インスタンスを再度開くをクリックします。

アドビのロゴ

アカウントにログイン