概要

管理者は、学習者に合わせた、コンテンツ重視の現代的なホームページになるよう、学習者ホームページをカスタマイズすることができます。

パーソナライズされたアプローチとして、学習者ホームページの構築をウィジェットの使用により行えるようになっています。組織の管理者は、WYSIWYG 環境で管理者のユーザーインターフェイスを使用して、学習者ホームページを設定できます。

AI を活用したアルゴリズムから得られるパーソナライズされたトレーニング推奨事項に基づき、エクスペリエンスが推進されています。業界のスキルに関してサードパーティーコンテンツを分析し、明示的データおよび暗黙的データを使用して、ピアアクティビティと学習者の関心のある分野を組み込みます。

学習者ホームページの設定

管理者は、ブランディング/学習者ホームページページで学習者のホームページエクスペリエンスをカスタマイズして、学習者が学習者アプリにサインインしたときに、全面的に刷新されたユーザーインターフェイスが表示されるようにすることができます。

管理者は、管理者アプリから UI(ルックアンドフィール)を設定できます(ブランディング/「学習者ホームページ」タブ)。

管理者は、没入型 UI ウィジェットビューに切り替えることで、目的に応じてウィジェットや機能をカスタマイズしたり、没入型 UI を有効にしたりすることができます。 

学習者ホームページ画面は、次のセクションで構成されます。

没入型レイアウトのオプション

没入型ページのレイアウトを表示するには「没入型」オプションを有効にします。 このオプションはブランディング/一般で切り替えることができます。

以前のバージョンでは、「学習者ホームページ」オプションは「設定」にありました。

設定できるオプションは次のとおりです。

ホームページエクスペリエンス:「クラシック」または「没入型」を有効にします。「没入型」を選択した場合、次のオプションが表示されます。

  • トレーニングタイプ:「業界に適合」または「カスタム」を選択します。カスタムトレーニングは社内で作成します。 業界に合わせたトレーニングでは、サードパーティのプロバイダーが提供する既製のコンテンツが用意されています。
ホームページエクスペリエンスの選択
ホームページエクスペリエンスの選択

学習者が目標範囲を探索できるようにする」オプションは、クラシックと没入型の両方のエクスペリエンスで使用できます。

「カスタム」を選択した場合 「業界に適合」を選択した場合
「内部」および「外部」アクティブフィールドを 1 つのみ選択できます。 1~5 個のフィールドを選択できます。 デフォルトでは「プロファイル」オプションが選択されています。

学習者が 1000 人未満の場合、アカウント全体が 1 つの範囲とみなされます。 これは、特にカスタムトレーニングタイプ向けです。 アカウントのユーザー数が1000人未満の場合は、完全なアカウントをその範囲と見なします。

注意:「スキルを検索」チェックボックスは、設定/一般に移動しました。

没入型エクスペリエンスが選択されている場合は、この機能が有効になり、グレーアウトされます。 このチェックボックスは、クラシックエクスペリエンスでのみ有効になります。

没入型レイアウトの表示を切り替えるオプション
没入型レイアウトの表示を切り替えるオプション

没入型レイアウトは、すべての新しいアカウントのデフォルト設定です。 レイアウトはウィジェットによって管理され、管理者が有効や無効にできます。 ウィジェットの設定に基づいて、学習者ホームページが表示されます。

有効 / 無効を設定できるウィジェットは次のとおりです。

これを使用すると、学習者 UI を決定する前に学習者 UI をプレビューできます。

注意:

既存のアカウントの場合「没入型」オプションはオフになります。 これは、ソーシャルおよびゲーミフィケーションがオンに設定された新しいアカウントで有効になります。

没入型レイアウトのウィジェット
没入型レイアウトのウィジェット
ウィジェット 説明
マストヘッド 学習者向けウェルカムバナーです。 バナーには画像やビデオを設定できます。 マストヘッドを特定のユーザーグループにターゲティングして、学習者がホームページを開くとマストヘッドがすぐに表示されるようにできます。 ユーザーグループには、管理者が設定したターゲット計画に従って、複数のヒーロー画像やビデオを表示できます。 
学習状況 学習者が最近アクセスした学習目標を表示します。 
カレンダー 学習者向けに予定されているさまざまな教室やバーチャルクラスルームトレーニングを月ごとに表示します。 学習者が登録できるトレーニングや既に登録済みのトレーニングが表示されます。これにはマネージャーが承認したトレーニングも含まれます。 
ゲーミフィケーション 学習アクティビティに基づいてリーダーボードを表示します。
ソーシャル学習機能 学習者と同じユーザー範囲に属するユーザーによるアクティビティと投稿が表示されます。 
組織による推奨

このウィジェットを有効にすると、特定のユーザーグループこのウィジェットを有効にすると、特定のユーザーグループにトレーニングが推奨されます。 に対するトレーニングを推奨します。 各ユーザーグループを、1 つまたは複数のトレーニングのターゲットとして設定できます。ターゲット計画は時間枠に基づいて決定されます。

  • 最初に、管理者が「推奨として」タイプのアナウンスを作成し、次に必要なトレーニングを選択して、グループを使用します。 ユーザーグループに属する学習者は、推奨トレーニングを確認できます。

  • 管理者は、推奨がすぐ開始されるか、指定した日付に開始されるかを決定することもできます。

関心のある分野に基づいて推奨 学習者が選択した関心のある分野に基づいて学習目標を表示します。 推奨事項は機械学習アルゴリズムによって決定されます。
カタログ別に閲覧
カタログをタイルとしてホームページに表示します。 
ピアアクティビティに基づいて推奨
学習者のピアが受講している内容に基づいてトレーニングを表示します。 これも、機械学習アルゴリズムによって決定されます。

変更を保存すると、学習者ホームページにすべての変更が反映されます。 

学習者がブラウザーを介して学習者アプリにサインインすると、次の没入型レイアウトが表示されます。

ホームページ

ホームページ
ホームページ

マイ学習リスト

マイ学習リスト
マイ学習リスト

カタログを表示

カタログを表示
カタログを表示

クラシックレイアウトオプション

これまでのユーザーインターフェイスのレイアウトは、「クラシックレイアウト」と呼ばれるようになりました。 このオプションを選択すると、学習者ホームページビューが「クラシックレイアウト」に戻ります。

クラシックレイアウト
クラシックレイアウト

推奨設定の構成

ブランディング/一般では、社内/社外学習者への推奨範囲を設定して、学習者ホームページからの学習者によるスキルの選択を可能にできます。

「一般」ページには、次のオプションがあります。

組織名 学習者が属する組織の名前。
サブドメイン 組織のサブドメイン。
ロゴのスタイル Captivate Prime における会社のロゴと会社名の表示方法。
テーマ Captivate Prime に適用されるテーマ。
カスタマイズ Adobe Captivate Prime でアカウントをカスタマイズして、ユーザーエクスペリエンスを拡張できます。
学習者ホームページ 「クラシック」または「没入型」のいずれかを選択します。 「没入型」を選択すると、他のオプションが表示されます。
トレーニングの種類
「カスタム」または「業界に適合」のいずれかを選択します。 学習者が 1000 人未満の場合、アカウント全体が 1 つの範囲とみなされます。 この推奨事項は、すべての学習者に基づいています。
推奨の範囲設定
1 つ以上のアクティブフィールドを選択します。 「カスタム」の場合は、1 つのアクティブフィールドしか選択できません。 「業界に適合」の場合は、最大 5 つのアクティブフィールドを選択できます。
関心のある分野を学習者が検索できるようにする クラシック環境のみ。 「はい」または「いいえ」を選択します。
関心のある分野(スキル)を選択するようにユーザーを促す
没入型環境のみ。 「はい」または「いいえ」を選択します。