Captivate Prime を使用して学習者のトランスクリプトをダウンロードし、レポートを管理します。

組織の管理者は、Adobe Captivate Prime を使用して、学習者に関連するトランスクリプトを生成することができます。 

学習者のトランスクリプトの生成

1. 学習者のトランスクリプトを生成するには、管理者のログイン画面の左ペインで「レポート」をクリックします。

2. ページ上にある「マイレポート」タブをクリックします。  

3. 「学習者のトランスクリプト」リンクをクリックします。 

学習者のトランスクリプトレポートリンクのスナップショット

 4.学習者のトランスクリプトダイアログが表示されます。生成するトランスクリプトの日付範囲を選択します。

注意:デフォルトで「開始日」は学習者の登録日になり、「終了日」は常に現在の日付になります。データが必要な場合は、「開始日」のみを変更できます。

5. 「学習者の選択」フィールドから学習者の名前を選択し、「生成」をクリックします。

6.単一の学習者を選択することも、学習者のグループを選択することもできます。複数の学習者を追加するには、「他の学習者を追加」をクリックします。

7. チェックボックスを選択して特定のカタログを選択できます。 指定したカタログのトランスクリプトのみがダウンロードされます。「カタログを選択」ドロップダウンリストからカタログを選択することにより、特定のカタログを選択できます。

8.  アカウントから削除された学習者のトランスクリプトをダウンロードすることもできます。削除されたユーザーの学習者のトランスクリプトをダウンロードするには、「削除された学習者のデータを含む」チェックボックスを選択します。

9. 「詳細オプション」の「モジュールレベル情報を有効にする」チェックボックスを選択することにより、「学習者のトランスクリプト」でモジュールレベル情報をダウンロードできます。このオプションを有効にすると、モジュール名と各モジュールで費やされた時間がトランスクリプトの一部として取得されます。

10. 「詳細オプション」の「スキルデータとサマリーシートを含む」チェックボックスを選択することにより、スキルデータとサマリーシートをダウンロードできます。

スキルデータが含まれていない場合は、トランスクリプトが生成されて、.csv ファイルとしてコンピューターにダウンロードされます。「スキルデータとサマリシートを含む」チェックボックスが選択されている場合は、トランスクリプトが生成されて、.xls ファイルとしてダウンロードされます。

学習者のトランスクリプトファイルのコンテンツ

学習者のトランスクリプトファイルは通常、6 つの Excel シートで構成されている単一ファイルです。学習者のトランスクリプトシートには、コースごとの学習者数、学習者のスキル、コースまたは学習者に基づいた達成度のパーセンテージ、準拠ダッシュボードなど、概要データが表示されます。次に学習者のトランスクリプトで使用可能なダッシュボードを示します。

学習者のトランスクリプト

学習者のトランスクリプトの Excel シートには、学習者のプロファイルの詳細に加えて、学習目標の使用状況の詳細(登録日、開始日、獲得したグレード、獲得したクイズスコアなど)が表示されます。学習プログラムにコースが含まれている場合は、各コースの使用状況の詳細とは別にコースの一覧が表示されます。 

1- 学習活動ダッシュボード

この LO 固有のダッシュボードでは、個々のコース、学習プログラム、または資格認定の学習者数を表示できます。特定の学習目標に対する学習者の進行状況シートを表示できます。このシートにはコースまたは学習プログラムを完了した学習者数、進行中の学習者、学習者の期日といったデータが表示されます。

特定のコースに関するユーザーの進行状況は、入力フィールドに指定する期日と進行状況 % のしきい値に基づいて計算されます。例えば、入力フィールドに 7 日、70% とそれぞれ指定した場合、7 日以内に期日を迎えるコースのうち、進行状況が 70% を超えているコースの進行状況が表示されます。このシートの期間は変更することもできます。変更されたデータはこのダッシュボードに自動的に表示されます。

2 - 学習活動ダッシュボード

この学習ダッシュボードは特定のユーザーのデータを表示します。このダッシュボードでは、特定のユーザーが登録しているコース、学習プログラム、または資格認定を表示できます。テーブルにはユーザーが完了した学習目標に関するデータ、進行中の学習目標、ユーザーに予定されている期日も表示されます。

各コースに関するユーザーの進行状況は指定する出力に基づいて計算されます。つまり、期日と進行状況 % 値を指定します。 例えば、入力フィールドに 7 日、70% とそれぞれ指定した場合、7 日以内に期日を迎える各種コースのうち、進行状況が 70% を超えているコースの進行状況が表示されます。

スキル

スキルシートには、スキル名、スキルレベル、必要な単位、獲得した単位、達成度(パーセンテージ)、その他のプロファイルの詳細が表示されます。スキル Excel シートのサンプルスナップショットを次に示します。 

skills-learner-transcript

1- スキルダッシュボード

このダッシュボードでは、組織が各種スキルに対応しているかどうかを確認できます。特定のスキルに関して、組織内でそのスキルを取得する必要のあるユーザーの数と、そのスキルを実際に取得しているユーザーの数を確認できます。このダッシュボードはスキルを更新する必要のあるユーザーも指定します。この値は入力フィールドに指定する値に基づいて計算されます。例えば、50 日と入力した場合、ダッシュボードには 50 日後にスキルを更新する必要のあるユーザーのデータが表示されます。

2- スキルダッシュボード

このスキルダッシュボードはユーザー固有の情報を表示します。特定のユーザーまたは複数のユーザーへの絞り込みを行って、ユーザーのスキルレベルをダッシュボードに表示できます。このシートを使用すると、マネージャーや管理者は各学習者のスキルを追跡し、各学習者のスキルの期待値と比較できます。スキルダッシュボードはスキルを更新する必要のある学習者を特定する際にも役立ちます。学習者の更新に関するリストは、入力フィールドに指定する日数に基づいて計算されます。

準拠ダッシュボード

準拠ダッシュボードは、ユーザーごとの準拠レポート、トレーニングごとの準拠レポートの 2 つから構成されます。ユーザーベースのレポートでは、準拠ダッシュボードを使用して、準拠する必要のある重要な取り組みの期日が予定されているユーザーを追跡できます。トレーニングベースのレポートでは、学習プログラムまたは資格認定を使用して絞り込みを行うことができます。

適切な日付を表示するには、どちらの準拠レポートにおいても期日を使用して絞り込みを行ってください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー