ユーザーを消去

Captivate Prime でのユーザーデータの消去について

概要

ユーザー個人を特定できる情報や学習記録を Captivate Prime から削除する場合、ユーザーの消去機能を使用します。 「ユーザーを削除」と「ユーザーを消去」は別個の機能です。 削除したユーザーは復元できますが、ユーザーを消去した場合、そのユーザーに関連付けられたすべてのユーザーデータと学習記録が消去されるため、復元できません。

注意:

ユーザーの消去を実行した場合:

  • ユーザーを消去した場合、インポートログ内のリンクはdoes無効になり、古い CSV をダウンロードしてユーザーデータをシステムに再び取り込むことはできなくなります。
  • 作成者を消去すると、作成者の名前は、そのユーザーを消去した管理者の名前に置き換えられます。
  • インストラクタを消去すると、セッションに表示されなくなります。 そのようなセッションには、管理者がインストラクタを交替するか、インストラクタを追加する必要があります。
  • Prime でユーザーを消去しても、外部アプリケーション(サードパーティ製のシステムや自分で作成した他のアプリケーション)ではユーザーを削除できません。 そのようなアプリケーションからユーザーを削除してもらうには、外部アプリケーションのオーナーに連絡してください。
  • 消去されたユーザーをコネクタの構成設定で参照すると、そのコネクタは無効になります。 そのコネクタを再度使用する場合、管理者はコネクタを再構成する必要があります。

ユーザーを消去する場合の手順:

  1. 管理者として、左側のペインから「ユーザー」を選択します。 社内ユーザーページが開きます。

  2. 消去したいユーザーを削除します。 チェックボックスを使用して、削除するユーザーを選択します。一度に複数のユーザーを選択することも可能です。 アクションドロップダウンを開き、「ユーザーを削除」を選択します。

  3. 左側のペインで、「ユーザークリーンアップ」を選択します。 ユーザークリーンアップページが表示され、削除されたユーザーのリストが表示されます。 ラジオボタンを使用して、消去するユーザーを選択します。 一度に消去できるユーザーは 1 人だけです。

    消去するユーザーを選択
    消去するユーザーを選択

  4. アクションドロップダウンメニューを開き、「ユーザーを消去」を選択します。 

    アクションドロップダウンから、「ユーザーを消去」を選択します。
    アクションドロップダウンから、「ユーザーを消去」を選択します。

  5. 確認のためのダイアログボックスが表示されます。 一度消去すると、選択したユーザーに関連付けられたすべてのユーザーデータと学習レコードは永久的に削除され、 操作を元に戻すことはできません。 確認して、「消去」をクリックします。

    データの消去を確認
    データの消去を確認

  6. 確認して「消去」をクリックすると、消去リクエストが承認されます。 操作が完了すると、通知が届きます。 また、消去リクエスト ID が送られます。 この ID を CSM に提供すると、リクエストを追跡できます。

ユーザーの一括消去

最初の 50 人のユーザーを選択し、そのユーザーをまとめて消去できます。 これにより管理者は一度に 50 人のユーザーを選択して、まとめて消去できるようになります。 この機能は、管理者がユーザーを一括消去する場合に役立ちます。 消去対象として選択されているユーザーを必ず確認することをお勧めします。 対象のユーザーのみが消去されるようにするには、この確認が重要です。 

ユーザーの一括消去
ユーザーの一括消去

CaptivatePrime UI- Enterprise を使用した消去  
リクエスト中のエンタープライズ版アカウントから選択したユーザーを削除する。
選択したユーザー電子メールと adobe_id 電子メールが一致するすべての体験版アカウントから、ユーザーを全員削除する。
選択したユーザー電子メールと adobe_id 電子メールが一致するすべての体験版アカウントから、ユーザーを全員削除する。体験版アカウントの作成者も削除する。 不可
リクエスト中のエンタープライズ版アカウントとすべての体験版アカウントの他のすべてのフィールドから、ユーザーの電子メールを削除する。
削除確認のイニシエータに通知する。
CaptivatePrime UI- Non-Enterprise を使用した消去  
リクエスト中の体験版アカウントから選択したユーザーを削除する。
選択したユーザー電子メールと adobe_id 電子メールが一致するすべての体験版アカウントから、ユーザーを全員削除する。
選択したユーザー電子メールと adobe_id 電子メールが一致するすべての体験版アカウントから、ユーザーを全員削除する。体験版アカウントの作成者も削除する。 不可
すべての体験版アカウントの他のすべてのフィールドからユーザーの電子メールを削除する。
削除確認のイニシエータに通知する。
他のユーザーを消去する — Enterprise(社内ユーザーまたは外部の Prime ユーザーでない場合)  
リクエスト中のエンタープライズ版アカウントとすべての体験版アカウントの他のすべてのフィールドから、選択したユーザーを削除する。
アカウントからのユーザーの削除。 不可
削除確認のイニシエータに通知する。 
その他のユーザーの消去  — Non-Enterprise(社内ユーザーまたは外部の Prime ユーザーでない場合)  
すべての体験版アカウントの他のすべてのフィールドから選択したユーザーを削除する。
アカウントからのユーザーの削除。 不可
削除確認のイニシエータに通知する。
Adobe IMS- Enterprise を使用した消去  
リクエストについてエンタープライズ版の管理者に通知する。
通知を送信する場合に、電子メールフィールドを確認する。 不可
Adobe IMS- Non-Enterprise を使用した消去  
提供された AdobeID/電子メールを持つユーザー全員を、すべての体験版アカウントから削除する。
提供された電子メール/Adobe ID がアカウントの作成者である場合に、体験版アカウントのユーザーを全員削除する。
すべての体験版アカウントの他のすべてのフィールドから選択した電子メールIDを削除する。

Prime は現在、GDPR に準拠しています。 GDPR の準拠に関する詳細については、Captivate Prime の GDPR 準拠を参照してください。

よくある質問

1. 消去リクエストが完了するまでに何日かかりますか?

ユーザーの消去リクエストが完了するまでには、最大30日かかります。

2. Captivate Prime で一括消去を実行できますか?

一括消去は実行できません。 消去操作は復元不可能であるため、Captivate Prime ではユーザーの一括消去をサポートしていません。

アドビのロゴ

アカウントにログイン