スキルとレベルの作成、割り当て、変更

スキルマップとは、組織内の従業員のスキルセット、知識および特性をグループ化したものです。これらのスキルマップは、企業や組織が従業員のパフォーマンスの期待値を設定したり引き上げたりする際に役立ちます。従業員はスキルを身に付けることにより、自分の能力を組織の期待に合わせることができます。

Adobe Captivate Prime ではスキルマップを使用することで、スキルセットに基づいて学習者のパフォーマンスをマッピングすることができます。学習者は一部のコースを完了した時点でスキルマップを確認し、各スキルの達成度を把握することができます。

スキルとレベルを作成する

管理者は、学習者用のスキルの作成、学習者へのスキルの割り当て、既存のスキルの管理を行うことができます。学習者用のスキルとレベルを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. 管理者としてシステムにログインし、左側のペインでスキルをクリックします。
  2. 既存のスキルが存在する場合は、スキルの詳細なリストが表示されます。ページの右上隅に表示されている「追加」をクリックします。

    対応するレベルが設定された、汎用カテゴリに属するサンプルスキルが用意されています。このサンプルスキルにより、スキルとレベルの仕組みを理解することができます。
  3. 以下の画面のように、スキルのカテゴリ名、説明、各レベルに対応する単位を入力します。
スキルを追加
スキルを追加
  1. レベルの「追加」をクリックして各スキルに新しいレベルを追加し、「保存」をクリックします。

    各スキルで追加できるレベルの最大数は 3 です。

スキルを学習者に割り当てる

管理者は、スキルを学習者に割り当てることができます。スキルを作成して保存すると、そのスキルがスキルページに表示されます。スキルを学習者に割り当てるには、以下の手順を実行します。

  1. 管理者としてシステムにログインし、左側のペインで「スキル」をクリックします。

  2. スキルに登録されている学習者の数をクリックします(ハイパーリンクになっています)。

    スキルに登録されている学習者の数
    スキルに登録されている学習者の数
  3. 学習者ポップアップダイアログが表示されたら、「学習者を追加」をクリックします。

    学習者を追加
    学習者を追加
  4. 検索フィールドで、ユーザーまたはユーザーグループを検索します。

    ユーザーグループを検索
    ユーザーグループを検索
  5. 保存」をクリックして変更内容を保存します。

スキルの小数サポート

スキルを追加する際、単位に小数を割り当てることができます。単位は小数点第 2 位まで表示されます。

単位に表示される小数
単位に表示される小数

注意:

小数は英語版でのみサポートされます。

スキルの修正と削除

既存のスキルの変更または削除を行うには、以下の手順を実行します(削除できるのは、学習者、コース、作業計画書が割り当てられていないスキルのみです)。

  1. 目的のスキルのチェックボックスをクリックして、1 つ以上のスキルを選択します。
  2. 修正するスキルの名前をクリックします。スキルを編集するためのポップアップダイアログが表示されます。このダイアログで値を編集して「保存」をクリックします。

注意:

削除できるのは、学習者、コース、作業計画書が割り当てられていないスキルのみです。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー