概要

Captivate Prime は、学習コンテンツ管理システムが組み込まれた学習管理システムです。 ユーザーは、学習コンテンツを Prime にアップロードして管理します。これにより Prime で、バージョン管理、コースへの割り当て、学習者への表示の定義、使用状況の追跡、管理者への報告を行うことができます。

一方、ユーザーはアセット管理システムにコンテンツを保存して管理することもできます。 この方法でも、コンテンツを他のさまざまな機能で再利用できます。

学習者アプリにあるさまざまなストリップは、AEM サイトに埋め込むことができます。 AEM サイトにサインインする学習者は、これらのストリップ内で自身の特定のトレーニングデータを参照できます。

コンテンツパッケージのダウンロード

インストーラーは AEM コンテンツパッケージに付属しています。 パッケージをダウンロードします。

コンテンツパッケージ Captivate_Prime_AEM_Components-1.0.zip は、AEM 6.4 および AEM 6.5 と互換性があります。

Captivate Prime コンポーネントのインストール

AEM Package Manager を使用して、Captivate Prime コンテンツパッケージをインストールします。

注意:パッケージのインストールについては「How to Work With Packages」(パッケージの操作方法)を参照してください。

  1. AEM 作成者として、AEM Package Manager を開きます。

  2. 「パッケージのアップロード」ボタンをクリックします。

  3. 「参照」をクリックし、コンテンツパッケージをアップロードします。

  4. 「アップロード」をクリックします。

  5. パッケージのアップロード後に、コンテンツパッケージを選択し、「インストール」をクリックして、コンテンツパッケージをインストールします。

更新トークンの生成

AEM 管理者は、Prime アカウントからの更新トークンを必要とします。 更新トークンは、Prime の統合管理者が生成します。

  1. AEM サイトのおすすめアプリを承認します。

  2. アプリケーション/おすすめアプリをクリックし、AEM サイトのアプリケーションを開きます。

  3. 開発者向けリソース/アクセストークンをクリックします。

  4. 次の情報を入力します。

    • アプリケーション ID であるクライアント ID。
    • 説明に記されているクライアントシークレット。
  5. 「送信」をクリックし、更新トークンを取得します。

AEM でのウィジェットの設定

ウィジェットの設定で AEM 作成者が必要とするのは、Prime の統合管理者から提供される更新トークンのみです。

複数のページに複数のアカウント構成を設定することもできます。

AEM 作成者

AEM 作成者は、まずコンポーネントを AEM テンプレートに追加する必要があります。

AEM 作成者は、Adobe Captivate Prime コンポーネントをドラッグ&ドロップすることで設定を進めることができます。

学習者

学習者は、ページ内からコースを受講できます。

コースの進行状況も保存されます。

次のウィジェットが用意されています。

  1. ゲーミフィケーション
  2. 学習カレンダー
  3. ソーシャルウィジェット
  4. 学習状況
  5. ピアの学習に基づいて推奨
  6. 管理者による推奨
  7. 学習者の関心に基づいて推奨

推奨がない場合は、ウィジェットは空白で表示されます。