この記事では、Captivate Prime でコースを表示および使用する方法について学習します。ディスカッションに参加して、フィードバックを提出します。

コースは作成者によって作成されます。学習者はコースを受講することができます。管理者は、コースの受講状況に基づいて学習者の成績を追跡できます。

概要

Adobe Captivate Prime では、学習者がコース、学習プログラム、資格認定にアクセスできます。利用可能なすべてのコースをカタログから参照したり、希望のコースに登録したりできます。登録済みコースや割り当て済みコースはすべて「学習」タブから確認できます。


Apple Store から Captivate Prime iPad アプリをインストールするか、Google Play から Captivate Prime Android アプリをインストールすることで、モバイルデバイスからもコースにアクセスできます。学習者の役割で使用できる機能はすべてアプリでも使用できます。コースはオフラインでも受講できます。オンラインに戻った後はコースにシームレスにアクセスできます。詳細については、「iPad および Android タブレットのユーザー」を参照してください。 

コースの表示

学習者が利用できるコースは、すべて一覧表示することができます。ホームページで「学習状況」をクリックするか、左ペインで登録済みのすべてのコースを表示します。

学習者アプリからのコースの表示
学習者アプリからのコースの表示

コースをまだ開始していない場合は、コースの横にある「開始」ボタンをクリックします。既にコースの受講を開始している場合は、「続行」ボタンをクリックします。

完了済みのコースを表示するには、コースの横にある「再訪」ボタンをクリックします。

コースには複数のインスタンスが存在する場合もあります。コース名をクリックすると詳細が表示されます。右ペインには、コースの各インスタンスの期日が表示されます。

コースの詳細の表示
コースの詳細の表示

コースの有効性

コースの有効性スコアは、学習者が学習ニーズに最も効果的なコースを選択するのに役立ちます。コースの有効性とは、学習者の観点からコースの有用性を理解するための指標です。コースの有効性は、対象コースを受講した多数のユーザーからのフィードバックを基に算出されます。フィードバックを提出する学習者の割合が多いほど、コースの有効性のレーティングも高くなります。

有効性の算出では、コース内容に関する学習者からのフィードバック、学習者のコースのクイズ結果、および(コースでの学習成果に基づいて学習者を評価する)マネージャーからのフィードバックが組み合わされています。

「コース」ページに表示されるコースのサムネイルでは、有効性レーティングを確認できます(下の画面を参照)。ここでは、コースレーティングが 14 となっています。

コースのサムネール
コースのサムネール

コースの有効性のレーティングについて詳細を表示するには、コースの有効性の値をクリックします。下の図のようにポップアップが表示されます。

コースの有効性
コースの有効性

ポップアップの右下隅にある下矢印をクリックすることで、コースの有効性の計算方法を確認できます。

コースの有効性の算出
コースの有効性の算出

コースと学習プログラムの検索

Adobe Captivate Prime では希望のコースをすばやく簡単に見つけることができます。コースは次の方法で検索できます。

  1. 右上隅に表示されている検索アイコンをクリックします。検索フィールドが表示されます。コースや学習プログラムの名前、またはコースに関連するキーワードを入力します。メタデータ、メモ、スキル、バッジ、タグでコースを検索することができます。タグは検索フィールド内で検索できます。つまり、文字を入力するにつれてタグが検索フィールドに表示されます。
  2. 学習者は、タイプ、スキル、タグおよびステータスを使用して、カタログページで検索結果を絞り込むことができます。

「並び替え条件」をクリックし、ドロップダウンメニューから選択して、関連性、名前または公開された日付でコースを並べ替えできます。 

コースへの登録

学習者がコースに登録される方法は以下の 3 つです。

  1. 組織のニーズに基づき、管理者/マネージャーが学習者を必須コースに登録する。
  2. マネージャーがチームメンバーを特定のコースにノミネートする。この場合、コースや学習プログラムを承諾するか拒否するかのオプションが通知されます。学習者がノミネーションを承諾すると、コースや学習プログラムに登録されます。
  3. 学習者がコースや学習プログラムに直接登録する。
    1. コースや学習プログラムが自己登録された場合、学習者はすぐに登録されます。
    2. マネージャーによる承認が必要なコースや学習プログラムの場合、学習者は「承認待ち」状態に移行します。マネージャーが承認すると、学習者がコースに登録されます。
    3. 既にキャンセル待ち状態にあるコース(教室タイプの場合)に登録した場合は、誰かがコースの受講を取り消すか、または管理者によってコースが承認されるまで待つ必要があります。

学習者は登録の際、各自の希望に応じて幅広いコースの中から選ぶことができます。「コース」タブには登録済み / 割り当て済みコースがすべて表示されます。

ただし、カタログの下に表示されているいずれかのコースにマウスポインターを合わせて「検索」をクリックすることにより、任意のコースを表示できます。「登録」ページが表示されます。ページの右上隅にある「登録」をクリックして、コースリストにコースを追加します。

コースや学習プログラムには、複数のインスタンスやセッションが存在することもあります。カタログでコースや学習プログラムのタイル名をクリックすると、詳細が表示されます。コースや学習プログラムの各インスタンスの期日に基づいて、コースや学習プログラムのインスタンスに登録することができます。

コースへの興味を登録する

セッションが計画されていない教室コースでは、興味があることを登録して伝えることができます。コースセッションに参加可能になると通知が届きます。

コースの受講

コースに登録した後、コース上で「開始」をクリックすると、コースの受講を開始することができます。または、「学習」タブの「コース」をクリックします。受講を開始するコースを選択します。

コースをまだ開始していない場合は、コースのタイトルの横にある「開始」ボタンをクリックします。

ブラウザーウィンドウには、コースのすべてのモジュールが表示されます。

プレーヤーの機能

TOC:コースを受講している間、プレーヤーの左ペインにはそのコースの TOC が表示されます。各トピックをクリックすることで直接移動できます。

ブックマーク:TOC が設けられているコースモジュールでは、TOC 内のトピックをブックマークして後で参照することができます。ブックマークすると、TOC の横にリボンアイコンが表示されます。ブックマークを削除するには、リボンをもう一度クリックします。

メモ:コースを受講している間、メモを取ることができます。取ったメモは PDF として保存してダウンロードすることも、任意の登録済み学習者の電子メール ID に送信することもできます。「保存」をクリックすると、PDF ファイルの保存先を選択するオプションが表示されます。

notes

クローズドキャプション:Adob​​e Captivate で作成されたコースの場合、コースの作成時にクローズドキャプションを有効にしていると、学習者がクローズドキャプションを表示できます。プレーヤーの下部にある「CC」をクリックします。クローズドキャプションオプションは、Captivate 8.0.2 の HTML コンテンツでのみ使用できます。他の種類のモジュールでは、CC オプションが再生バーに表示されません。

コースの再訪:コースを再訪する際は、次の 2 つのシナリオと手順に分かれます。

  • コースを完了している場合は、「再訪」をクリックします。
  • コースを完了していない場合は、「続行」をクリックします。

全画面表示:プレーヤーの右下隅にある全画面表示アイコンをクリックすると、コースが全画面で表示されます。

ナビゲーションボタン:pdf、docx、および pptx コンテンツのスライド間を移動するには、上向き矢印または下向き矢印をクリックします。スライド上の矢印を使用すれば、コンテンツの種類に関わらず次のトピックに移動できます。

コースの終了:コースを終了するには、プレーヤーの右上隅にある閉じる(x)アイコンをクリックします。

コースを終了した後も、コースの説明ページから「再訪」ボタンをクリックすれば、コースを再訪できます。

コースインスタンスの選択

セッションの有効期限が切れたコースのインスタンスに登録している学習者は、別のセッションに切り替えて進行状況を作成することができるようになりました。 これは、LPD が柔軟な場合のみ行うことができます。

コースのインスタンスを変更するには、次の手順に従います。

  1. カタログ/学習プログラムを開きます。

    学習プログラム
    学習プログラム
  2. すべてのコースまたは選択されていないインスタンスを含むコースのどちらを表示するかを選択するには、ラジオボタンを使用します。学習者がインスタンスを完了したら、別のインスタンスに切り替えることはできません。

    コースを選択して表示するためのラジオボタン
    コースを選択して表示するためのラジオボタン
  3. コースのインスタンスのドロップダウンメニューには、利用可能なインスタンスが表示されます。 ドロップダウンリストからインスタンスを選択します。

    インスタンスのドロップダウンリスト
    インスタンスのドロップダウンリスト
  4. 選択したインスタンスを適用するには、「登録を更新」をクリックします。 更新を登録オプションはページの右上にあります。

    新しく選択したインスタンスが登録されます。学習者が別の LO の一部であるコースのインスタンスに登録し、柔軟な学習プログラムの一部であるコースインスタンスを更新すると、警告が表示された後、他の学習オブジェクトから自動的に登録解除されます。

コースの完了

学習者はコースに必要なモジュール数を完了することでコースを完了できます。コースの完了条件は、作成者が必須条件として設定したモジュール数によって決まります。コースに最小限の完了条件を登録すると、「コース」ページの右ペインに完了条件が表示されます。

コース完了まで Y 個中 X 個のモジュールを完了
コース完了まで Y 個中 X 個のモジュールを完了

例えば、あるコースで 2 個のうち 1 個のモジュールを完了することが完了条件になっている場合は、1 個のモジュールのみを完了すればコースが完了となります。この場合、1 個目のモジュールを完了すると、進行状況バーに完了ステータスが 100% と表示されます。

作成者によりモジュールに順序が付けられている場合は、必要数のモジュールを 1 番目から順に完了する必要があります。モジュールに順序が付けられていない場合は、指定された数のモジュールを任意の順に完了できます。

必要数のモジュールを完了してコースを完了した後に、オプションのモジュールを完了したい場合は、コースを再訪することができます。

ディスカッションの表示と参加

学習者は「ディスカッション」タブを使用して、他の学習者やインストラクタとやり取りできます。現在表示しているか登録している任意のコースの投稿を表示できます。管理者がコースのディスカッションを有効にしている場合、そのコースの「メモ」タブの横に「ディスカッション」タブが表示されます。

「ディスカッション」タブをクリックすると、そのコースの既存の投稿とコメントが表示されます。既にコースを登録している場合は、投稿やコメントを入力して他のユーザーに表示することもできます。メッセージを入力した後、「投稿」をクリックします。投稿するには 10 文字以上入力する必要があります。

投稿はすぐに「ディスカッション」タブに表示されます。投稿を新しい順または古い順に並べ替えることも、自分が作成した投稿を削除することもできます。コースの登録を解除した後に、すべての投稿を表示したり、自分が作成した投稿を削除したりすることもできます。

「ディスカッション」タブを使用したコメントの投稿
「ディスカッション」タブを使用したコメントの投稿

注意:

「ディスカッション」タブは社外ユーザーに対して無効になります。

学習プログラム
学習プログラム

コースのライフサイクル

一般的なコースのライフサイクルは次のように変化します。

草案:作成者がコースの作成と保存を完了した段階です。この段階では、学習者はまだコースを利用できません。

公開済み:作成者がコースを公開した段階です。この段階では、学習者はコースに登録することができます。

撤回済み:作成者がコースを公開した後、撤回済みに移行することで、学習者のコースカタログにコースが表示されなくなります。

削除済み:Adobe Captivate Prime アプリケーションからコースが完全に削除された段階です。作成者がコースを削除できるのは、コースが草案または撤回済みの段階にある場合に限られます。

 

コースのライフサイクル
コースのライフサイクル

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー