Captivate Prime ではゲーミフィケーションの仕組みを使用してユーザーの関与を深めることができます。

ゲーミフィケーションとは、ゲームとは無関係の学習にゲームの思考と仕組みを採り入れ、学習によるポイントの獲得を促す方法です。

概要

ゲームの仕組みを採り入れ、学習者の関与を深めて目標の達成を促すには、Captivate Prime のゲーミフィケーション機能を使用します。 学習者は、さまざまな学習活動で同僚と競い合ってポイントを獲得することで、プラチナ、金、銀、銅の各レベルを達成できます。

また、獲得したポイントに基づいて達成レべルを確認することもできます。レベルには学習ペースが速い学習者、自己学習などがあります。この機能には社内学習者と社外学習者の両方がアクセスできます。

リーダーボード

リーダーボードはゲーミフィケーション機能の一部で、競合相手のランキングを示すスコアボードとして機能します。学習者はリーダーボードを使用してゲーミフィケーションポイントを確認できます。

学習者のホームページの左ペインにある「ゲーミフィケーション」をクリックします。 リーダーボードを表示するには、リーダーボードのリンクをクリックします。 この機能を使用することで、特定のチームメンバーとの対戦状況を把握することができます。 また、チーム内のメンバー間のランキングを把握することもできます。

学習者向けリーダーボードの主要機能:

  • 学習プログラムのインスタンスに登録された学習者は、そのインスタンスに対してゲーミフィケーションが有効になっていれば、互いのポイントを見ることができます。
  • ランキングを比較するチームメンバーを追加するには、「同僚を追加」をクリックします。チームメンバーのプロフィール画像が、リーダーボードページの上部にあるタイムラインスケールに追加されます。タイムラインの尺度は開始時点のポイントを表します。チームメンバーよりも多くのポイントを獲得するにつれて位置が右に移動します。ランキングを比較できる対象ユーザーは、同じグループ内の他のメンバーのみになります。
  • ユーザーグループ:次の条件でランクを表示する」オプションを使用すると、ランキングを知りたいチームメンバーのプロフィールをいつでも選択できます。「ユーザーグループを選択します」フィールドで、グループを入力して選択します。すべてのチームメンバーとチームメンバーの最新のポイント数が以下のように示されます。社内ユーザーと社外ユーザーの両方がリストを表示できますが、他の社内学習者を検索できるのは社内ユーザーのみになります。
  • また、現在のランクに近い学習者ダイアログボックスには、自分と同程度のレベルにあるチームメンバーの名前が表示されます。
  • 社外ユーザーが社内ユーザーに変換されると、タイムラインが自動的に更新されます。

タスク

学習者には 5 つのゲーミフィケーションタスクがあります。ゲーミフィケーションポイントは、学習者のホームページ内でウィンドウの右上隅にある円内に表示されます。各タスクの割り当てを表示するには、「ゲーミフィケーション」をクリックします。 

すべての学習者のタスクとポイントが表示される「ゲーミフィケーション」ページを以下に示します。

特定のタスクでは、ゲーミフィケーションポイントが累積されません。ただし、別のタスクで獲得したポイントは学習者のアカウントに追加されます。 

管理者はポイントをコースに割り当てる際に、学習者がポイントを累積できるように設定する必要があります。

学習ペースが速い学習者の場合

このタスクは一部のコースを 1 か月、四半期または 1 年以内に完了した学習者に適用されます。このタスクは学習ペースを速めることを目的としています。

以下に例を示すます。

  1. 1 か月、四半期または 1 年以内に 2 コースを完了すると 20 ポイントが付与されます。
  2. 1 が月、四半期または 1 年以内に 4 コースを完了すると 100 ポイントが付与されます。
  3. 8 コースを完了すると 300 ポイントが付与されます。
  4. 10 コースを完了すると、500 ポイントが付与されます。

管理者はポイントを獲得するために必要な期間とコース数を変更できます。
単一タスク内で付与されるポイントは累積されません。例えば、学習者が 1 コースを完了して 20 ポイントを獲得したとします。学習者が 2 コースを完了すると 100 ポイントを獲得しますが、先に獲得した 20 ポイントは累積されません。

自己学習タイプの学習者の場合(a)

このタスクは、規定数のコースに登録し、1 か月、四半期または 1 年以内に完了した学習者に適用されます。この場合、管理者はこのタスクを使用してポイントを割り当てることで、登録を促すことができます。

考えられるシナリオ:    

  1. 1 か月、四半期または 1 年以内に 1 コースに登録すると 50 ポイントが付与されます。
  2. 1 か月、四半期または 1 年以内に 2 コースに登録すると 150 ポイントが付与されます。


管理者は期間とコース数を変更できます。

自己学習タイプの学習者の場合(b)

このタスクは、1 か月、四半期または 1 年以内に完了させる必要があるコース数よりも多くのコースに登録し、完了した学習者に適用されます。この場合、管理者はこのタスクを使用してポイントを割り当てることで、登録を促すことができます。

例えば、必要数よりも多くのコースに登録した学習者に対して以下を適用することができます。

  1. 1 か月、四半期または 1 年以内に 1 コースに登録すると 20 ポイントが付与されます。
  2. 1 か月、四半期または 1 年以内に 2 コースに登録すると 100 ポイントが付与されます。
  3. 1 か月、四半期または 1 年以内に 3 コースに登録すると追加の 300 ポイントが付与されます。
  4. 1 か月、四半期または 1 年以内に 4 コースに登録すると追加の 500 ポイントが付与されます。


管理者は期間とコース数を変更できます。例えば、3 番目のシナリオではコース数を 3 から 5 に変更し、付与されるポイント数を 80 に変更することもできます。

上位レベルを達成した場合(a)

このタスクは、多くのコンピテンシーを完了した学習者に適用されます。管理者はこのタスクを使用することで、できるだけ多くのコンピテンシーを達成するよう学習者に促すことができます。

例えば、達成したコンピテンシー数に応じて以下を適用することができます。

  1. 学習者が 1 つのコンピテンシーを達成すると 100 ポイントが付与されます。
  2. 学習者が 2 つのコンピテンシーを達成すると 300 ポイントが付与されます。
  3. 学習者が 3 つのコンピテンシーを達成すると 600 ポイントが付与されます。
  4. 学習者が 4 つのコンピテンシーを達成すると 900 ポイントが付与されます。


このタスクには期間が適用されません。管理者はシナリオごとにコース数を変更できます。

上位レベルを達成した場合(b)

このタスクは、学習者がコンピテンシー内で上位レベルを達成するたびに適用されます。

例えば、コンピテンシー内で達成した上位レベルの数に応じて以下を適用することができます。

  1. 学習者が 1 つのレベルを達成すると、100 ポイントを取得します。
  2. 学習者が 2 つのレベルを達成すると、200 ポイントを取得します。
  3. 学習者が 3 つのレベルを達成すると、500 ポイントを取得します。


このタスクには期間が適用されません。管理者は各シナリオのレベル数を変更できます。学習者が高いレベルのコンピテンシーを達成してから低いレベルのコンピテンシーを達成した場合は、高いレベルのポイントだけが付与されます。

早期完了ポイント

このタスクは、コースを最初に完了した N 人以内の学習者に適用されます。

考えられるシナリオ:
コースを最初に完了した 10 人には 100 ポイントが付与されます。

期日内完了ポイント

このタスクは、コース期日の規定日数以内にコースを完了した学習者に適用されます。

考えられるシナリオ:
コースの開始時点から 10 日以内にコースを完了すると 100 ポイントが付与されます。

達成レベル

学習者の達成レベルは、「マイコース」ページの右上隅にある円に表示されます。達成レベルは、学習者が学習期間中に獲得したポイント数に応じて次のように変化します。

  1. 銅:学習者が 1500 ポイントを達成した場合。
  2. 銀:学習者が 2500 ポイントを達成した場合。
  3. 金:学習者が 3000 ポイントを達成した場合。
  4. プラチナ:学習者が 5000 ポイントを達成した場合。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー