Adobe Captivate Prime の新機能と機能強化の詳細

2017 年 12 月に Adobe Captivate Prime の最新バージョンがリリースされました。このリリースの Captivate Prime で使用可能な新機能と機能強化をご確認ください。

2017 年 7 月にリリースされた Captivate Prime の新機能

2017 年 7 月にリリースされた Captivate Prime では、次の新機能が導入されました。

監査追跡

「学習目標監査追跡」レポートを使用すると、システムでコースを実施する期間中にコースに行われたすべての変更と編集に関するレポートを生成できます。生成されるレポートには、オブジェクト ID、オブジェクト名、オブジェクトタイプ、修正タイプ、説明などの情報が含まれます。

このレポート生成の詳細については、「レポート」を参照してください。

電子メールテンプレートとドメインのカスタマイズ

学習者宛ての電子メールに使用する名前と電子メール ID をカスタマイズできるようになりました。また、「電子メールバナー」オプションで電子メールバナーをカスタマイズすることもできます。バナーにカスタム画像を追加することもできます。

電子メールドメインおよび電子メール ID のカスタマイズについては、Captivate Prime ヘルプデスクにお問い合わせください。

このレポート生成の詳細については、「電子メールテンプレート」を参照してください。

カスタム画像バナー
カスタム画像バナー

マネージャーの役割の機能強化

このリリースの Captivate Prime には、マネージャーの役割に関する多くの機能強化が導入されています。マネージャーとして、学習目的に報告者を登録し、報告者のクイズスコアおよびフィードバックデータを表示できるようになりました。また、マネージャーは報告者に作業計画書を割り当てたり、登録解除することができます。

このレポート生成の詳細については、「学習オブジェクト」を参照してください。

Captivate Prime についてご確認ください

Captivate Prime についてご確認ください

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー