Adobe ColdFusion Builder は、ColdFusion アプリケーションの作成を手助けし、作業効率を上げることができる、カスタマイズ性に優れた Eclipse ベースの統合開発ソフトウェアです。ColdFusion Builder を使用すれば、簡単な操作で、コンセプトからデプロイに至るまで、ColdFusion による開発サイクル全体を管理することにより、時間を節約できます。

[ 主な特長 ]

コードアシスト

コードアシストを使用すれば、少ないコードで、より効率良く開発作業を行えます。ColdFusion コンポーネント (CFC)、ファイルシステム (UDF)、さらにはビルトインの CFML タグ、HTML、JavaScript、CSS をイントロスペクトできます。

ColdFusion プロジェクトのサポート

アプリケーションに必要なすべての ColdFusion コンポーネントとタグに、1 つの場所から簡単にアクセスできるので、開発作業がスピードアップします。ColdFusion プロジェクトウィザードを使用すれば、CFM ファイルおよび CFC ファイルの新規作成、アプリケーションのデバッグと実行、さらには、開発サーバーおよびプロダクションサーバーへのアプリケーションのバインドを行えます。

↑ top

カスタムコードジェネレーター

好みの方法で基本アプリケーションをコーディングできるよう、コードジェネレーターをカスタマイズし、作業を効率化できます。カスタムコードジェネレーターを使用して CFML の記述を行えば、ColdFusion Builder の機能を拡張することができます。

↑ top

ビュー

ビューを使用して、CFML アプリケーションおよびデータに関する情報すべてに 1 つの場所からアクセスすることにより、時間と手間を削減。問題ビューではエラーを特定し、アウトラインビューではアプリケーションファイルの構造を調べ、RDS データビューではデータソースを探すことができます。

↑ top

内蔵デバッガー

内蔵のデバッグ機能により、スピーディにテストを行い、バグを早期に解決。IDE 内から直接アプリケーションを起動し、実行できます。

↑ top

CFML ファイルのプレビュー

デプロイの前に CFML ページをプレビューすることにより、エラーを防ぎ、保守作業の手間を軽減できます。プレビューには、埋め込まれた Microsoft Internet Explorer および Mozilla Firefox ブラウザーを使用します。

↑ top

カスタマイズ可能な開発環境

カスタマイズ可能な構文強調表示やキーボードショートカット、再利用可能なコードスニペットなどで、開発環境を自分用にアレンジし、開発ワークフローを効率化できます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー