この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。

内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe Contribute CS3/CS4/CS5 のツールバーを無効にする方法について説明します。Contribute をインストールすると、初期設定で Microsoft Office アプリケーション、Internet Explorer および Mozilla Firefox に Contribute ツールバーが追加され、各アプリケーションの起動時にツールバープラグインが読み込まれます。このツールバーによってブログの投稿機能などがアプリケーションに付加されますが、不要な場合は無効にすることも可能です。

また、Internet Explorer や Microsoft Office アプリケーション起動時に以下のエラーメッセージが表示される場合には、他アドオンとコンフリクトを起こしている可能性があります。この場合には、Contribute ツールバーを無効にすることで現象を回避することが可能です。

  • 「Unable to load iepluginres.dll. Contribute may not be installed properly」

注意 注意 : 以下の操作を行うには、コンピュータに管理者権限のあるユーザアカウントでログインする必要があります。

A. Office アプリケーションで Contribute ツールバーを無効にする方法

B. Internet Explorer で Contribute ツールバーを無効にする方法

C. Firefox で Contribute ツールバーを無効にする方法

A. Office アプリケーションで Contribute ツールバーを無効にする方法

  1. Contribute およびすべての Office アプリケーションを終了します。
  2. 以下のフォルダを開きます。

    ※ 以下のフォルダパスは円記号「¥」 がバックスラッシュ「 \ 」で表示されます。

    Contribute CS3/CS4

    C:\Program Files\Adobe\Adobe Contribute <バージョン>

    Contribute CS5

    C:\Program Files\Adobe\Adobe Contribute CS5\Plugins

     
  3. 以下のいずれかの操作を行います。

    Contribute CS3/CS4

    「OfficePlugin.dll」ファイルのファイル名を「OfficePlugin.old」に変更します。

    Contribute CS5

    「OfficePlugin」フォルダのフォルダ名を「OfficePlugin_old」に変更します。

     
  4. Windows 7/Vista で警告メッセージおよび [ユーザーアカウント制御] ダイアログボックスが表示された場合は、[はい] または [続行] をクリックします。
  5. Office アプリケーションを再起動し、Contribute ツールバーまたは Contribute グループが無効化されたことを確認します。

Contribute プラグインを再度有効にする方法

Office アプリケーションで Contribute プラグインを再度有効にするには、「OfficePlugin.dll」ファイルまたは「OfficePlugin」フォルダの名前を元に戻します。Contribute CS3/CS4 の場合は、ファイル名を戻した後に以下の操作を行います。

  1. 以下のいずれかの操作を行いコマンドプロンプトを起動します。

    Windows 7/Vista の場合 :

    a. [スタート] メニューの [プログラムとファイルの検索](Windows 7)/[検索の開始](Windows Vista)テキストボックスに「cmd」と入力します。



    cmd と入力します



    b. メニュー上部に表示される「cmd.exe」を右クリックし、[管理者として実行] を選択します。



    管理者として実行を選択します



    c. [ユーザーアカウント制御] ダイアログボックスが表示されたら [はい] または [続行] をクリックします。



    Windows XP の場合 :

    a. [スタート] メニューから [ファイル名を指定して実行] をクリックします。

    b. [名前] テキストボックスに「cmd」と入力し [OK] をクリックします。





     
  2. 以下のいずれかのコマンドを入力し、Enter キーを押します。

    ※ コマンド入力後にエラーメッセージが表示される場合は、入力したコマンドを確認して再入力してください。



    Contribute CS3 の場合 :

    regsvr32 "C:\Program Files\Adobe\Adobe Contribute CS3\OfficePlugin.dll"

    Contribute CS4 の場合 :

    regsvr32 "C:\Program Files\Adobe\Adobe Contribute CS4\OfficePlugin.dll"

     
  3. メッセージが表示されたら [OK] をクリックします。
  4. 以下のコマンドを入力し、Enter キーを押します。



    exit

B. Internet Explorer で Contribute ツールバーを無効にする方法

Internet Explorer 6/7 の場合 :

  1. Internet Explorer を起動します。
  2. [ツール] メニューから [アドオンの管理](Internet Explorer 6)/[アドオンの管理] - [アドオンを有効または無効にする](Internet Explorer 7)を選択します。
  3. [Contribute Toolbar] を選択し、[設定] セクションで [無効] を選択します。







    注意 注意 : Windows XP で「このアドオンを無効にすることを選択しました。」メッセージが表示される場合は [OK] をクリックします。

     
  4. [ContributeBHO Class] を選択し、[無効] を選択します。
  5. [OK] をクリックし [アドオンの管理] ダイアログボックスを閉じます。
  6. Internet Explorer を再起動し、Contribute ツールバーが無効化されたことを確認します。

Internet Explorer 8 の場合 :

  1. Internet Explorer を起動します。
  2. [ツール] メニューから [アドオンの管理] を選択します。
  3. [Contribute Toolbar] を選択し、ダイアログボックス下部の [無効にする] ボタンをクリックします。



    Contribute Toolbar を無効にします

     
  4. [アドオンの無効] ダイアログボックスが表示されたら、[ContributeBHO Class] にチェックが入っていることを確認して [無効にする] をクリックします。





     
  5. [閉じる] をクリックします。
  6. Internet Explorer を再起動し、Contribute ツールバーが無効化されたことを確認します。

C. Firefox の Contribute ツールバーを無効にする方法

  1. Firefox を起動し、[ツール] メニューから [アドオン] を選択します。
  2. [Adobe Contribute Toolbar <1.0 または 4.0、6.0>] を選択し、[無効](Firefox 2.x)/[無効化](Firefox 3.x)ボタンをクリックします。



    Contribute Toolbar を無効化します

     
  3. [アドオン] ダイアログボックスを閉じます。
  4. Firefox を再起動し、Contribute ツールバーが無効化されたことを確認します。

追加情報 (Additional Information)

旧バージョンの Contribute がインストールされている環境に Contribute CS4 または CS5 をインストールした場合、既存の Contribute ツールバーはショートカットが置き換えられるため、クリックすると新しいバージョンの Contribute が起動します。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー