Creative Cloud Assetsを使用したコンテンツの保存および共有

Creative Cloud Assetsには、Creative Cloudのコンテンツを保管、共同作業、管理できる場所が用意されています。

Creative Cloud アセットは自宅、オフィス、外出先を問わずどこからでもクリエイティブワークフローと統合して、デスクトップで同期されたファイル、モバイル作品、Creative Cloud ライブラリ、Creative Cloud マーケットの無償アセットにアクセスして再利用することができます(図1を参照)。また、ブラウザーから、カラー、グラデーション、フォント、テキストに関するCSS情報やPhotoshopファイルのその他の情報を抽出したり、再利用したりすることもできます。

Creative Cloudアセット
図1. Creative Cloud Assetsを使用したCreative Cloudコンテンツの参照および管理

Creative Cloud アセットを開始する

Creative Cloud Assetsサイトを起動するには、ブラウザーにhttps://assets.adobe.comを指定します。または、デスクトップツールまたはWeb上のAdobeプロファイルに用意されたリンクからアクセスすることもできます。

Creative Cloudフォルダーからのアクセス

デスクトップのCreative Cloud Filesフォルダー内のファイルまたはフォルダーを右クリックし、Creative Cloud/Webサイトで表示を選択します(図2を参照)。

Creative Cloud Filesフォルダーから「Web サイトで表示」を選択してWeb上のファイルとフォルダーを表示
図2. Creative Cloud Filesフォルダーから「Web サイトで表示」を選択してWeb上のファイルとフォルダーを表示

Creative Cloudデスクトップからのアクセス

Creative Cloudデスクトップアプリケーションのアセット/「ファイル」セクションから「Web サイトで表示」を選択します(図3を参照)。

Web上でファイルとフォルダーを表示
図3. Creative Cloudデスクトップアプリケーションから「Web サイトで表示」を選択して、Web上でファイルとフォルダーを表示

PhotoshopおよびIllustratorからのアクセス

PhotoshopまたはIllustratorのライブラリパネルからフライアウトメニューを選択して、Web上のライブラリアセットを表示します(図4を参照)。

PhotoshopおよびIllustratorからのアクセス
図4. PhotoshopまたはIllustratorからオンラインでライブラリアセットを選択して表示

Webからのアクセス

Adobe IDでadobe.comにログインし、左側のプロファイルセクションまたは他のページのプロファイルメニューから、「アセット」セクションの下にある「ファイル」を選択します(図5を参照)。

Webからのアクセス
図5. adobe.comホームページからCreative Cloud Assetsへのオンラインアクセス

Creative Cloud Assetsの利用環境

Web上のCreative Cloudにアクセスしたら、画面左側の「マイアセット」セクションに含まれたカテゴリーフィルターにより、デスクトップ、モバイル、ライブラリおよび最新のアセットを参照できます。

カテゴリーフィルターを使用すると、Creative Cloudアカウントに同期したコンテンツを簡単に整理および検索することができます(図6を参照)。カテゴリーフィルターをクリックして、アカウントに同期された特定のアセットタイプを表示します。

Creative Cloud アセットの利用環境
図6. コンテンツ検索のためのカテゴリーフィルター

ファイル

Creative Cloud アセットの「マイアセット」セクションのファイルフィルターには、デフォルトで、Creative Cloudデスクトップアプリケーションを使用してコンピューターから同期したすべてのファイルの一覧が表示されます。

「ファイル」カテゴリーに含まれたフィルターを使用して、アカウントに同期したファイルの表示を拡張または狭めることができます(すべてのファイル、共有フォルダー、アーカイブされたファイルなど)(図7を参照)。

Creative Cloud アセットのインターフェイス
図7. デフォルトのCreative Cloud アセットのインターフェイス - 同期されたすべてのファイルとフォルダーを表示

ファイルとフォルダーの同期と共有

WebインターフェイスまたはデスクトップのCreative Cloud ファイルフォルダーからフォルダーを作成して、ファイルを整理できます。作品を同期したら、他のレビューアやチームの他のメンバーと様々な方法で共同作業できるようになります。

これらの機能の使用方法について詳しくは、「ファイルを同期し、共同作業者と共有する」ためのビデオチュートリアル(ビデオ1を参照)の詳しいデモンストレーションをご覧ください。ビデオで表示されるCreative Cloud アセットのユーザーインターフェイスは変更されましたが、共有および共同作業オプションを使用するためのワークフローに変更はありません。

ビデオ1:ファイルとそのレイヤーのプレビュー(00:25)、公開ファイルの共有およびレビューオプション(1:03)、非公開フォルダーの共有およびバージョン管理オプション(3:36)

プレビュー

Creative Cloud アセットでは、PhotoshopおよびIllustratorファイルのレイヤーのプレビュー、マルチページファイルのスクロール(ビデオ1を参照)に加え、ブラウザー内で直接ビデオ再生をプレビューすることができます(図8を参照)。

ブラウザーでビデオを直接プレビュー
図8. ブラウザーでビデオを直接プレビュー

Extract

また、Creative Cloud アセットでは、カラー、グラデーション、フォント、テキストに関するCSS情報やPhotoshopファイルからのその他の情報を、Photoshopを立ち上げずにブラウザーで直接抽出/再利用できます(ビデオ2を参照)。

ビデオ2:Creative Cloud アセット、Photoshop、DreamweaverのExtract機能の紹介

モバイル作品

モバイルアプリ(Adobe Illustrator Draw、Adobe Photoshop Mix、Adobe Photoshop Sketchなど)で制作した作品をCreative Cloudアカウントに同期して、作品をCreative Cloud アセットのインターフェイスに表示することができます。これらのアプリケーションの使用方法について詳しくは、モバイルアプリチュートリアルをご覧ください。

モバイル作品を表示および管理するには、次の手順を実行します。

1. 画面左側のモバイル作品フィルターをクリックし、Creative Cloudアカウントに同期したすべてのモバイルデザインを表示します(図9を参照)。フィルターをクリックして、モバイルアプリ別の作品を表示することもできます。

Creative Cloudアカウントに同期したモバイル作品のプレビュー
図9. Creative Cloudアカウントに同期したモバイル作品のプレビュー

2. 画像のサムネールをクリックすると、プレビューが詳細(制作日、修正日、制作に使用したアプリ名など)とともに拡大表示されます(図10を参照)。

モバイルアプリ作品のファイルレベルの詳細表示
図10. モバイルアプリ作品のファイルレベルの詳細表示

  1. アクションドロップダウンメニューからオプションを選択し、アセットを名前変更、削除または書き出します。アセットを名前変更または削除すると、変更が、適切なモバイルアプリに反映されます(図11を参照)。
アクションメニューからオプションを選択
図11. アクションメニューからアセットの名前変更、削除、書き出しオプションを選択

ライブラリ

Creative Cloud ライブラリでは、PhotoshopやIllustrator、Creative Cloudモバイルアプリ(Adobe Capture CCなど)からクリエイティブアセット(カラー、カラーテーマ、ブラシ、テキストスタイル、画像、ベクトルイメージなど)を管理、アクセス、再利用できます。デスクトップ版だけでなくモバイルアプリからも簡単にアクセスできるため、シームレスなクリエイティブワークフローが実現します(図12を参照)。

Creative Cloud ライブラリの参照
図12. Creative Cloud ライブラリの参照

ライブラリのサムネールをクリックして、そのコンテンツを参照します。詳細ページにそのライブラリと同期されたすべてのアセットのサムネールプレビューが表示されます(図13を参照)。

ライブラリアセットのサムネールプレビューを表示する
図13. ライブラリアセットのサムネールプレビューを表示する

左側の「設定内容」セクションには、ライブラリに含まれたライブラリアセットの合計数や、特定の種類のアセットの小計が表示されます。特定のコンテンツタイプを表示するには、いずれかのフィルターをクリックします。プレビューのサムネールにファイル名、制作に使用したプログラム、サイズなどの一般的な情報が表示されます(図14を参照)。

選択したライブラリのグラフィックアセットを表示する
図14. 選択したライブラリのグラフィックアセットを表示する

日付または名前を基準に昇順または降順でライブラリアセットを並べ替えるには、右上の表示ドロップダウンメニューを選択します。アクションドロップダウンメニューから「削除」を選択し、ライブラリを削除することもできます(図15を参照)。

ライブラリアセットをソートまたはコレクションからライブラリを削除する
図15. ライブラリアセットをソートまたはコレクションからライブラリを削除する

Creative Cloud ライブラリを使用すれば、デスクトップアプリケーション(Photoshop、Illustratorなど)、アドビモバイルアプリのクリエイティブアセットを収集、整理、再利用できるため、ファイルの処理を気にすることなく創作活動に集中できます(ビデオ3を参照)。

ビデオ3:Creative Cloud Librariesの利用

アクティビティ

Creative Cloud アセットオンラインインターフェイスの上部ヘッダー内の「アクティビティ」タブに、一部のCreative Cloud製品およびサービスの利用開始に役立つ関連リソースが用意されています(図16を参照)。

リソースにアクセスして、その他のCreative Cloud製品およびサービスを開始
図16. リソースにアクセスして、その他のCreative Cloud製品およびサービスを開始

左側の設定フィルターでは、Creative Cloudアカウントで使用可能なストレージ容量を表示し、ラーニング、ヘルプ、サポートなどの関連リソースにアクセスできます(図17を参照)。

ストレージ設定を表示し、ヘルプ、ラーニング、サポートリソースにアクセスする
図17. ストレージ設定を表示し、ヘルプ、ラーニング、サポートリソースにアクセスする

次のステップ

Creative Cloud Assetsで表示および管理できるアセットを作成する製品の使用方法について詳しくは、無償で利用できる数百種類のCreative Cloudチュートリアルをぜひご覧ください。

 

これですべての作業が終わりました。チュートリアルをさらに役立つものにするために、アンケートにご協力ください。

 

11/29/2016

Contributor: Maile Valentine

このページは役に立ちましたか。
はい
いいえ