Creative Cloud Packagerを使用すると、組織ごとに利用できるアプリケーションや、ユーザーからの任意のアップデートを許可するかどうかをコントロールできます。
create-deployment-package-cc-teams_900x505

1. グループ版Admin Consoleにログインする

Adobe IDを使用して、グループ版Admin Consoleにログインし、「開始」をクリックします。 

注意: スタートアップスクリーンが表示されない場合は、手順2に進んでください。

create-deployment-package-cc-teams_1_1491943128653

2. Creative Cloud Packagerをダウンロードする

管理ツール/デプロイメントツールを選択します。次に、ご利用のオペレーティングシステムのパッケージャーをダウンロードします(WindowsまたはMac OS)。このチュートリアルのスクリーンショットは、Mac OSを使用して作成しました。この手順について詳しくは、パッケージの作成をご覧ください。

create-deployment-package-cc-teams_2_1491943159586

3. Creative Cloud Packagerをインストールする

コンピューター上のインストールファイル(Mac OSの場合はCCPLauncher.dmg、Windowsの場合はCCPLauncher.exe)をダブルクリックし、画面の指示に従ってライセンス条件に同意して、インストールします。この手順は数分かかる場合があります。

create-deployment-package-cc-teams_3_1491943157688

4. Creative Cloudグループ版を選択する

Creative Cloud Packagerアプリケーションを開き、利用する製品を選択します。このチュートリアルでは、Creative Cloudグループ版のパッケージを作成します。Adobe IDを使用してCreative Cloud Packagerにログインします。

create-deployment-package-cc-teams_4_1491943156166

5. パッケージを作成する

「パッケージの作成」を選択し、Creative Cloudアプリケーションとアップデート、またはカスタマイズしたサブセットを含んで作成されたパッケージは、複数のコンピュータにデプロイできます。このファイル(パッケージ)は、サードパーティツールを使用すれば複数のコンピューターにデプロイでき、システムのインストーラーを使用すれば1台のコンピューターにインストールできます。

create-deployment-package-cc-teams_5_1491943157006

6. パッケージの詳細を追加する

ここでは、作成するパッケージの名称やライセンスの種類、各種のカスタム設定をおこないます。パッケージに名前を付け、「保存先」フィールドにコンピューター上のパッケージファイルの保存先を指定します。「ライセンスの種類」で「ユーザー指定ライセンス」を選択します。デフォルトでCreative Cloud デスクトップアプリケーションオプションが選択されているため、エンドユーザーはこれを使用してCreative Cloudのアプリケーションやサービスにアクセスできます。「管理者特権」を選択すると、管理者権限のないユーザーアカウントでもアプリケーションをインストールすることを許可できます。

create-deployment-package-cc-teams_6_1491943160875

7. 言語を指定する

パッケージの言語を選択します。

create-deployment-package-cc-teams_7_1491943158385

8. パッケージに組み込むアプリケーションを選択する

パッケージに組み込むすべてのアプリケーションを選択します。以前のバージョンのアプリケーションを含めるには、「以前のバージョンを表示」を選択します。エンドユーザーのコンピューターに適切なOSバージョンでパッケージをデプロイするには、「OS 言語と一致させる」を選択します。「オフラインメディアを追加」をクリックすると、DVDなどのローカルソースからアプリケーションをパッケージできます。「ビルド」をクリックしてパッケージファイルを作成します。この手順は数分かかる場合があります。

create-deployment-package-cc-teams_8_1491943159176

9. パッケージをデプロイする

パッケージを作成したら、完了画面で正しいアプリケーションが含まれていることを確認します。その後、デプロイする前にパッケージのインストールテストをします。WindowsではMicrosoft System Center Configuration Manager、Mac OSではApple Remote Desktopなど、プラットフォーム固有の標準ツールを使用してデプロイすることをお勧めします。デプロイメントプロセスについて詳しくは、パッケージのデプロイ をご覧ください。

注意:サードパーティツールがなくても、パッケージをインストールできます。インストールするには、ファイルをUSBドライブに置き、ユーザーのコンピューターで実行します。または、パッケージファイルを共有ドライブに置き、ユーザーがそこにアクセスしてコンピューター上で実行します。WindowsやMac OSのインストーラーにより、パッケージがインストールされます。 インストーラーを使う場合は、コンピューターごとにファイルを実行してインストールする必要があります。

create-deployment-package-cc-teams_9_1491943160201
09/16/2019
このページは役に立ちましたか。