Creative Cloud

Creative Cloud ライブラリとは?

様々な素材を利用、整理したり、アドビのデスクトップアプリケーションおよびモバイルアプリで使用、共有したりする方法を説明します。

Creative Cloudライブラリを使うと、デザインアセットの利用、整理、共有が簡単にできます。制作チームで共有されたライブラリは、コンピューター上のCreative Cloud制作ツールからだけでなく、スマートフォンなどのCCモバイルアプリからでも、場所を問わず利用できます。個人用ライブラリまたは共有ライブラリを作成して、ブランドアイデンティティアセット、Web レイアウトによく使用するアイコン、ビデオクリップ、人気のブラシ、イラスト用のカラーテーマなどを管理できます。ライブラリ項目は自動的にCreative Cloudアカウントと同期されるので、どこからでもオフラインであっても作業できます。

Adobe Illustrator CC、Photoshop CC、InDesign CC、Premiere Pro CC、After Effects CC、Dreamweaver CC、Muse CC、Fuse CC(プレビュー版)、Animate CCで作成したアセットを追加できます。また、Adobeモバイルアプリで作成したアセットや、Adobe StockまたはCreative Cloudマーケットからダウンロードしたアセットを追加することもできます。

CCライブラリでできること

CCライブラリ

CCライブラリにアセットを追加する

デスクトップアプリケーションでCreative Cloudライブラリにアセットを追加するには、ウィンドウ/ライブラリまたはウィンドウ/CCライブラリに移動し、ライブラリパネルを開きます。

ライブラリメニューでは、新しいライブラリを作成して名前を付けるか、「マイライブラリ」という既定のライブラリにアセットを追加します。

CCライブラリにアセットを追加する

ライブラリパネルでプラス(+)ボタンをクリックし、ドキュメントからグラフィック、テキストスタイル、カラー、効果を追加します。シェイプや写真などのグラフィックアセットをプロジェクトからライブラリパネルに直接ドラッグして追加することもできます。

アセットのサムネイルがカテゴリー別にまとめられているので、すぐに必要なアセットが見つかります。アセットのタイトルをダブルクリックして名前を変更します。

これでアセットがライブラリに保存されました。このアセットをドラッグ&ドロップすれば、簡単に他のプロジェクトに追加できます。

アドビデスクトップアプリからアセットを追加する方法

対応するボタンをクリックする

Adobe Stockおよびモバイルアプリからアセットを追加する

Creative Cloudデスクトップアプリケーションから直接Adobe Stockにアクセスできます。

ライブラリパネルで検索フィールドに検索キーワードを入力し、アセットの種類でフィルタリングします。気に入ったものが見つからない場合は、「Web でさらに検索する」をクリックしてAdobe StockのWebサイトへ移動します。最適なアセットが見つかったら、検索結果のフィールドからアセットをドキュメントに直接ドラッグします。これでプレビュー版のアセットのコピーを現在のライブラリに保存できます。また、プレビュー版のアセットをライブラリに直接ダウンロードし、アドビデスクトップアプリケーションで使用することもできます。

プレビュー版を取り除くためには、ライブラリ内のアセットのサムネイルにマウスカーソルを置き、「ライセンスを取得して保存」ボタンをクリックします。

Adobe StockとCCライブラリを連携させる方法をご覧ください。

デスクトップアプリケーションからだけでなく、多彩なモバイルアプリやサービスからでもアセットをライブラリに簡単に追加することができます。アセットはデスクトップアプリケーションやモバイルアプリケーションで使用できるよう適切な形式に自動変換されます。

どのアプリであればアセットをCCライブラリに直接保存できるかをご確認ください。

Adobe Stockおよびモバイルアプリからアセットを追加する

CCライブラリのアセットを再利用する

CCライブラリに保存したアセットはデザインで再利用できます。同じファイルだけでなく、別のプロジェクトでも、別のアプリケーションでも可能です。自動更新されるので、アセットのバージョンを気にする必要はありません。

グラフィックアセットをプロジェクトに追加するには、アセットをライブラリから直接Illustratorのアートボード、Photoshopのカンバス、InDesignのレイアウト、Premiere ProやAnimateのタイムライン、DreamweaverやMuse のWebページレイアウトにドラッグします。

レイヤースタイル、カラー、テキストスタイルを適用するには、プロジェクトのオブジェクトを選択し、目的のライブラリアセットのサムネイルをクリックします。

CCライブラリに保存したアセットを再利用する方法の詳細をご覧ください。

CCライブラリのアセットを再利用する

リンクされたアセットを使用して、常に最新バージョンへアップデート

変更する可能性のあるライブラリアセットを使用する場合、リンクされたアセットを使用すると安心です。元のアセットが変更された場合、リンクされたアセットを使用するすべてのプロジェクトファイルが最新バージョンに合わせて更新されます。ライブラリパネルからドラッグしたアセットは、既定でリンクアセットになります。

リンクされていないアセットをライブラリから追加するには、Alt(Windows)またはOption(Mac OS)キーを押しながら、アセットをライブラリパネルからドラッグします。次に、ライブラリの元のアセットとは別にアセットを編集します。

リンクされたアセットの操作方法をご覧ください。

リンクされたアセットを使用して、グラフィックを最新の状態にする

チーム内で、CCライブラリ上での共同作業と共有をおこなう

ライブラリパネルのオプションメニューを開き、「共同利用」を選択します。ブラウザーウィンドウに、コンマ区切りで共有者の電子メールアドレスを入力し、「招待」をクリックします。共有者に、プライベートライブラリへの招待メールが送られます。

共有者を追加した後、アクセス許可を指定できます。
「編集可能」を選択すると、共有者はライブラリのアセットの表示、編集、追加、削除ができるようになり、また、他の共有者を招待することもできるようになります。
「表示のみ」を選択すると、共有者は、読み取り専用ライブラリのアセットの表示と使用ができるようになります。

ライブラリに加えられた更新は、すべての共有者が表示できます。

 

チームでCCライブラリを共有する

または、オプションメニューから「リンクを共有」を選択して公開リンクを作成し、そのリンクから誰でもライブラリのコピーをダウンロードできるようにします。コピーをダウンロードしたチームのメンバーは、オリジナルとは独立してコピーのコンテンツを編集できます。

公開リンクでだれでもライブラリをフォローできるようにするには、追加オプションから「フォローを許可」を選択します。フォロワーはアセットを使用できますがライブラリの更新はできません。ライブラリを更新すると、更新情報が自動的にフォロワーの元に届きます。「保存を許可」を選択すると、公開リンクでアクセスしたユーザーが、自身のアカウントにライブラリのコピーを保存できるようになります。

注意:共有者にはAdobe IDが必要です。アカウントをお持ちでない場合は、無償版Adobe IDを取得してください。メールアドレスとお名前、年齢の入力でAdobe IDを取得できます。
 
Creative Cloudライブラリとフォルダーで共同作業する方法を説明します。

Creative Cloudライブラリをぜひお試しください。どこでプロジェクトをデザインする場合でも、Creative Cloudデスクトップとモバイルアプリで、いつでもお気に入りのアセットを使用できます。

CCライブラリ
03/27/2017

コントリビューター:Stephanie Gonot

このページは役に立ちましたか。
はい
いいえ