Adobe Photoshop、Illustrator、InDesignは、いずれもパワフルなグラフィックデザインツールです。各アプリの最適な使い方を確認し、デザインワークフローを効率化しましょう。
photoshop-illustrator-indesign-overview_1800x1200

各デザインアプリの目的別使い分け

Photoshop CC、Illustrator CC、InDesign CCはいずれもアドビのデザインアプリですが、それぞれ得意とする機能があり、タスクやプロジェクトの種類によって最適なアプリが異なります。また、これらのアプリを連携させることで、様々な要素をあわせ持つデザインを作成でき、デジタルメディアやプリントメディア用に使用できます。

次のプロジェクトにどのアプリを使用するか迷う場合は、以下の各アプリが得意とするタスクの説明を参考にしてください。

 

Illustrator:正確で編集可能なベクターグラフィックを作成できます。サイズを大きくしても劣化はなく、画質は等しく維持されます。。柔軟なシェイプと描画ツールを使用して、ロゴ、アイコン、その他のイラストを作成でき、名刺、チラシ、看板など、どのようなサイズでも美しく表示できます。様々な方法でテキストを編集し、カスタマイズすれば、印象的なタイポグラフィを自作することもできます。

Illustratorで作成したアートワークは様々なメディアで使用できます。カスタムタイポグラフィ、インフォグラフィックなど様々な種類のアートワークを作成できるほか、フォームやチラシなど単一ページのデザインレイアウトも作成できます。詳しくは、Illustratorの活用法をご覧ください。

 

Photoshop:印刷、web、モバイルアプリ用に設計された、ピクセルベースの画像編集に最適なアプリです。パワフルな編集ツールがあり、露光量とカラーバランスの補正、画像の切り抜きとゆがみ補正、写真の色の変更、人物写真の汚れ除去、複数の画像を結合して新しいシーンを作成するなどの編集が可能です。

Photoshopでは、大きな画像を使用したチラシ、ポスター、webやアプリのデザインに加え、ビデオやアニメーションの作成、3Dコンテンツの編集も可能です。詳しくは、夢をカタチにをご覧ください。

 

InDesign:テキスト、ベクターアートワーク、画像を含む複数ページのドキュメントのデザインと配信に最適です。グリッドとガイドを使用すれば、ページ要素を正確に配置でき、洗練されたレイアウトを作成できます。プロフェッショナルな組版機能により、ページ、章、文書全体でテキストの書式設定を統一できます。オンラインでドキュメントを配信し、それをワンクリックで共有することも可能です。

InDesignを使えば、ステーショナリー、履歴書、パンフレット、年次報告書、カタログ、インタラクティブな電子出版物、EPUB、書籍、雑誌など様々なデジタルおよび印刷用素材を作成できます。詳しくは、InDesignの活用法をご覧ください。

シームレスで効率的なワークフローを開発

アドビのアプリは連携操作が可能なようにデザインされています。3つのアプリを使用して高品質なカタログを作成するための、効率的なワークフローを紹介します。

まずIllustratorでシンプルなベクターシェイプと洗練されたタイポグラフィで、印象的なロゴを作成します。完成したロゴをPhotoshopに送り、新しい背景画像に配置します。色を変更し、簡単な補正を加えてリアルな合成画像にします。その合成画像をInDesignで段組みレイアウトに配置し、様々なサイズのスタイリッシュなテキストを加えます。完成したカタログは、印刷だけでなく、電子メール送信、オンラインで共有もできます。

お持ちのアプリをご活用ください。

アドビのアプリは組み合わせで使用することで、すばらしい相乗効果が得られます。しかし、単体でもプロフェッショナルなデザインは可能です。例として紹介した上記のチラシは、いずれも単体アプリを最大限に活用して作成しています。

03/14/2018
このページは役に立ちましたか。