現在の環境に無いフォントをTypekitまたはTypekit.comで見つける方法を説明します。
resolve-missing-fonts-typekit_1408x792

デスクトップアプリでファイルを開いたときに「環境に無いフォント」のエラーメッセージが表示された場合は、利用できないフォントがそのファイルで使用されていることを意味します。これを解決せずに先に進むと、デフォルトのフォントが代替フォントとして使用されます。しかし、代替フォントではドキュメントの外観が大きく変わってしまうため、必ず環境に無いフォントを探すことをお勧めします。

Typekitを使用して環境に無いフォントを解決する

Typekitと連携しているデスクトップアプリ(InDesign、Photoshop、Illustratorなど)で作業している場合は、環境に無いフォントウィンドウが開き、Typekitから同期可能なフォントが表示されます。

これを使用するには、インターネットに接続してCreative Cloudデスクトップアプリにログインする必要があります。また、Creative CloudデスクトップアプリでTypekitをオンに設定してください(設定/環境設定/Creative Cloud/フォント)

step-1

フォントの同期に何らかの問題がある場合は、環境に無いフォントウィンドウとCreative Cloudデスクトップアプリにエラーメッセージが表示されます。

フォントの同期について別のエラーが表示されるなど他の問題がある場合は、トラブルシューティングガイドをご覧ください。

Typekitと連携していないアプリで環境に無いフォントを置換する

Typekitと連携していないアプリでは、環境に無いフォントがドキュメントに存在することを示すメッセージが様々な表現で表示されます。そのような場合は、直接Typekit webサイトから新しいフォントを同期します。同期後はCreative Cloudデスクトップアプリにより、マシン上のどのアプリからもそのフォントが利用できるようになります。アプリによっては再起動した後、同期した新しいフォントがフォントメニューに表示されます。

注意:アプリによっては、環境に無いフォントがあってもエラーメッセージが表示されず、自動的にデフォルトの代替フォントが使用される場合があります。

Typekit.comにも無いフォントを検索する

Typekit.comを参照しても、目的のフォントが見つからない場合は、Fontspringなどのフォントサービスで永続ライセンスを検索するか、システムデフォルトから代替フォントを選択します。

または、マシン上に(Typekit以外の)代替フォントが存在し、有効化されていない場合があります。その場合は、OS付属ツール(Mac:アプリ/Font Book、Win:コントロール パネル/デスクトップのカスタマイズ/フォント)を使用するか、または独自のフォント管理ツールを使用して目的のフォントを検索し、アクティブ化します。

トラブルシューティング

フォントの同期に関するほとんどの問題は、トラブルシューティングガイド:同期フォントを確認することで解決できます。

Typekitから同期したフォントがなぜフォントメニューに表示されないのですか?

アプリを再起動しても表示されない場合は、「Typekitフォントがフォントメニューに追加されない」ガイドの指示に従って操作してください。

同期したフォントがなぜフォントマネージャーに表示されないのですか?

Typekitから同期したフォントはTypekitアカウントとCreative Cloudデスクトップアプリにより管理されます。同期したフォントは、ローカルフォントと同じようにコンピューターにインストールされるのではなく、フォント管理ソフトウェアにもシステムフォントフォルダーにも表示されません。

利用したいフォントがTypekitライブラリにありますが、これを利用するにはアップグレードが必要というメッセージが表示されます

まず、ご自分のCreative Cloudプランでアクセス可能なフォントかどうかを確認してください。無料のCreative Cloudプランでログインしている場合、利用可能なTypekitフォントは一部のみに制限されます。

Typekitから環境に無いフォントを同期するには(Illustrator、InDesign):

  1. 見つからないフォントウィンドウで、Typekitから同期できるフォントをすべて確認します。
  2. フォントを同期」をクリックします。

Typekitから同期したフォントは、ドキュメント内のテキストに自動的に適用されます。

フォントの横にチェックボックスがない場合は、一致するフォントがTypekitにないことを意味します。その場合は、代替フォントを見つける必要があります。詳しくは、環境に無いフォントの検索(Typekitのワークフロー)を参照してください。

step-2

Typekitから環境に無いフォントを同期するには(Photoshop):

  1. 見つからないフォントウィンドウで、各フォントの横にあるメニューをクリックして、次のいずれかを選択します。
  2.  初期選択のままにして、Typekitからフォントを同期する

     「解決しない」を選択して、ドキュメントを元のままにする

    フォントをTypekitの別のフォントで代替する

  3. フォントを解決する」をクリックします。
Typekitから同期したフォントは、ドキュメント内のテキストに自動的に適用されます。 
 
step-3

Typekitライブラリで環境に無いフォントを参照するには:

  1. Typekit.comにアクセスします。
  2. Adobe IDを使用してログインします。
  3. フォントライブラリ」をクリックします。
  4. 使用するフォントを検索して、選択します。
  5. 同期」をクリックします。
step-4
09/16/2019
このページは役に立ちましたか。