この文書では、Windows の標準で付属しているイベントビューアー機能を使用する方法について説明しています。アプリケーションなど、オペレーティングシステム上の様々な要因によって発生する問題は、自動的にログが生成されて記録されます。インストール処理中に発生するエラーの多くは、イベントビューアーに記録されます。

A. イベントビューアーの起動方法

イベントビューアーはコントロールパネルから起動することができます。またはコマンドを実行して直接起動することも可能です。

A-1. コントロールパネルから起動する

  1. 以下のいずれかの操作を行います。

    • Windows 8.x の場合
      Windows キーを押しながら X キーを押し、「コントロールパネル」を選択します。
    • Windows 7 の場合
      スタート/コントロールパネルを選択します。
  2. 「システムとセキュリティ」をクリックします。

  3. 「管理ツール」セクションの「イベントログの表示」をクリックします。

  4. イベントビューアーが起動します。

A-2. コマンドから直接実行する

  1. Windows キーを押しながら R キーを押します。

  2. 「ファイル名を指定して実行」ダイアログボックスが表示されたら、「名前」テキストボックスに eventvwr と入力し、「OK」をクリックします。

  3. イベントビューアーが起動します。

B. アプリケーションログを保存する

アプリケーションログをファイルに書き出すことができます。以下の操作を行います。

  1. 画面左のコンソールツリーで「Windows ログ」を展開します。

  2. 「Application」(Windows 8.x)/「アプリケーション」(Windows 7)を右クリックし、「すべてのイベントを名前を付けて保存」を選択します。

  3. 「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されたら、任意のファイル名を入力し、デスクトップなどの分かりやすい場所に保存します。

  4. 表示情報ダイアログボックスが表示されたら、「表示情報なし」が選択されていることを確認し、「OK」をクリックします。

C. イベントログを開く

保存した .evtx ファイルをダブルクリックすると、イベントビューアーに該当のログが表示されます。画面左のコンソールツリーに「保存されたログ」というフォルダーが生成され、その中に該当のログが表示されます。

D. イベントログの内容と見方

イベントログには、エラーに関する以下のような詳細情報が含まれている場合があります。これらの情報をもとに、弊社サポートデータベースやインターネット上の情報を検索し、問題を解決できる場合があります。

  • エラー番号
  • 適切なアクセス権が設定されていないレジストリキー
  • 適切なアクセス権が設定されていないフォルダ
  • 読み込み、または書き込みが拒否されたファイル

D-1. イベントビューアで目的のイベントを特定

イベントログには膨大数の様々なイベントが記録されています。イベントのレベルは「情報」「警告」「エラー」の 3 つに分類されています。この列を並び替え、「警告」と「エラー」の情報を参照することで、目的のイベントが探しやすくなります。

イベントのソース列では、プログラム名やシステムコンポーネントを確認することができます。ソースが「MsInstaller」の項目は、インストール関連のイベントです。

D-2. イベントの内容を個別に確認

レベル、日付と時刻、ソースの情報を参考にして問題のイベントを特定したら、対象の項目をクリックして画面下部にある「全般」タブの内容を確認します。エラーが発生したアプリケーション、エラー番号、その他詳細を確認することができます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー