この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe Creative Cloud の一部として Adobe Acrobat DC をインストールしたことによって、自動的に削除された Acrobat XI 以前のバージョンを復元する方法について説明しています。

異なるバージョンの Acrobat が同一コンピューター内に混在することによって、さまざまな問題やエラーが発生する可能性があります。そのため、Acrobat DC をインストールすると自動的に旧バージョンの Acrobat がアンインストールされます。

旧バージョンの Acrobat を継続して使用する場合、はじめに Acrobat DC をアンインストールし、その後旧バージョンの Acrobat を再インストールする必要があります。

Acrobat DC のアンインストールと Acrobat XI の再インストール

  1. すべての Adobe アプリケーションを終了します。

  2. Creative Cloud デスクトップアプリケーションを起動し、「Apps」タブを選択します。

  3. Adobe Acrobat DC の右にある歯車アイコンをクリックし、「アンインストール」を選択します。

  4. アンインストールが完了したら、Windows/Mac OS を再起動します。

  5. 以下の Acrobat ダウンロードページにアクセスし、Acrobat XI Pro インストーラー(AcrobatPro_11_Web_WWMUI.exe)をダウンロードして解凍します。

    https://helpx.adobe.com/acrobat/kb/acrobat-downloads.html

  6. 画面上の指示に従って、Acrobat XI Pro をインストールします。インストールウィザードでは「体験版またはサブスクリプションを使用」を選択してください。Acrobat 起動時、サインインを求められたら、ご契約の Adobe ID でサインインしてください。

追加情報 (Additional Information)

Acrobat DC では、新機能に加え、シンプルなインターフェースに刷新されました。サブスクリプション版には、モバイルアプリと Web サービスが付属しています。Acrobat Pro DC へのアップグレードには、以下のような利点があります。

モバイルアプリを使用した PDF の作成、書き出し、署名、レビュー
デスクトップ、モバイル、Web ブラウザーから PDF にアクセス
文書内に含まれる写真を自動的に切り抜き角度を補正
スペルチェック機能
他のユーザーからの署名の取得し、状況のトラッキング、署名済み文書のアーカイブ化

詳細については、Acrobat DC の新機能を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー