この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

問題点 (Issue)

Creative Cloud アプリケーションのリソース消費量が高くなる

Mac OS 10.11 において、以前のバージョンの Adobe Creative Cloud デスクトップアプリケーションを使用していると CPU またはエネルギー消費が過剰に高くなる場合があります。Creative Cloud アプリケーションがアイドル状態の場合でこの現象が発生する場合は、アプリを再インストールします。

解決方法 (Solution)

アンインストール後、最新の Creative Cloud アプリケーションを再インストールする

最新バージョンの Creative Cloud アプリケーションをインストールする前に、アプリケーションを完全にアンインストールすることが重要です。アプリケーションを完全にアンインストールし、再インストールするには、次の手順を行います。

  1. 起動しているすべての Adobe アプリケーションを終了します。

  2. Creative Cloud デスクトップアプリケーションでアカウントアイコンをクリックし、「ログアウト」を選択します。

  3. ログアウトの確認メッセージが表示されたら、「ログアウト」ボタンをクリックします。

  4. アプリケーション/ユーティリティ からアクティビティモニタを開き、以下のすべての Adobe プロセスが終了していることを確認します。

    • Creative Cloud process
    • Adobe CEF Helper
    • Adobe Desktop Service
    • AdobeIPCBroker
    • Adobe Installer
    • AdobeUpdateService
    • AdobeServiceInstaller
    • CreativeCloud(URIHandler)
    • AAM Updates Notifier
    • CCLibrary
    • node
    • CoreSync
  5. Creative Cloud アンインストーラーを使用してアプリケーションを削除します。詳しくは、Creative Cloud デスクトップアプリケーションのアンインストール を参照してください。

  6. コンピューターを再起動します。

  7. Creative Cloud ダウンロードページを開き、Adobe ID とパスワードを使用してログインします。

  8. 「ダウンロード」をクリックします。

  9. 画面の内容に従い、インストーラーをダウンロードします。

  10. ダウンロードしたファイルを開き、Creative Cloud デスクトップアプリケーションをインストールします。

    注意:

    最適にご使用いただくために、常に最新バージョンの Creative Cloud デスクトップアプリケーションをご使用ください。

追加情報 (Additional Information)

常に最新バージョンの Creative Cloud デスクトップアプリケーションをご利用ください。アップデートがリリースされると、Creative Cloud デスクトップアプリケーションの起動時に通知が表示されます。常に最新バージョンを利用することにより、安定した環境でご利用いただけます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー