Creative Cloud アプリケーションのライブラリパネルで「サーバーに接続できません」というエラーが発生した場合は、ここで説明する手順に従ってください。

「サーバーに接続できません」エラー

Creative Cloud ライブラリにアクセスすると、次のようなエラーメッセージが表示されることがあります。

  • 「申し訳ございません。サーバーに接続できませんでした。」
  • 「サーバーに接続できません」
申し訳ございません。サーバーに接続できませんでした。
サーバーに接続できません

このエラーは、信頼済みルートに証明書が見つからない場合に発生します。ブラウザーで証明書を信頼する必要があります。

見つからない証明書を特定してインストールする

この問題を修正するには、見つからない証明書を特定してインストールする必要があります。

  1. 任意の Web ブラウザーで次のリンクを開きます。

    https://cc-api-storage.adobe.io/assets/adobe-libraries?order=asc&orderby=name

    「お使いの接続は、プライベートではありません」、「サイトが保護されていません」のような一般的な警告が表示される場合があります。この場合は、次の手順に進みます。

    Chrome のエラーメッセージ
  2. アドレスバーの鍵のアイコンをクリックするか、「詳細表示」オプションをクリックして、見つからない証明書を確認します。

    必要な証明書のリストが表示されます。

    鍵のアイコンをクリックします。
  3. すべてのルート証明書が信頼済みのルート証明機関として存在することを確認します。

    Windows

    1. スタート/ファイル名を指定して実行を選択して、certmgr.msc を入力します。
    2. 信頼するルート証明機関/証明書の順に移動し、必要な証明書がすべて表示されていることを確認します。
    3. 中間証明機関/証明書の順に移動し、必要な証明書がすべて表示されていることを確認します。

    macOS

    1. キーチェーンアクセス証明書の順に移動します。

    2. 証明書をダブルクリックします。

    3. 信頼の三角ボタンをクリックして、証明書の信頼ポリシーを表示します。

    4. 信頼ポリシーを上書きするには、ポップアップメニューから新しい信頼設定を選択します。

    注意:

    見つからない証明書をインストールして信頼済み CA ルートストアに追加する前に、これらの証明書のエクスポートが必要になる場合があります。

  4. ブラウザーを再起動して同じリンクを開き、セキュリティで保護された接続が確立できるかどうかを確認します。

  5. コンピューターを再起動し、Creative Cloud アプリケーションを起動します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー